モルディブにはリゾートだけではなく、経済の中心地である首都もちゃんとあります。空港からボートに乗って約10分で行くことができるので、目的地へ向かう途中や帰国前に立ち寄るのもおすすめ。
 

画像1: 色鮮やかなカラフルな街!モルディブの首都「マレ」を散策!【暮らすように旅する】

空港を出てすぐそばにある海がもうこんなにきれい。熱帯魚も見られます。
 

画像2: 色鮮やかなカラフルな街!モルディブの首都「マレ」を散策!【暮らすように旅する】

ボートはたくさんあります。マレ、と言えば案内してくれますよ! USドルで1ドルです。
 

画像3: 色鮮やかなカラフルな街!モルディブの首都「マレ」を散策!【暮らすように旅する】

私は、1日だけ滞在しました。街のカラーがとってもかわいいんです。こういう鮮やかな壁って日本だとなかなか見られませんよね。
 

画像4: 色鮮やかなカラフルな街!モルディブの首都「マレ」を散策!【暮らすように旅する】
画像5: 色鮮やかなカラフルな街!モルディブの首都「マレ」を散策!【暮らすように旅する】
画像6: 色鮮やかなカラフルな街!モルディブの首都「マレ」を散策!【暮らすように旅する】

マレだけに言えることではないのですが、ムスリムだからかとにかく男の人の割合が圧倒的に多いんです。もうレストランなんて、男性しかいないので、女一人旅の私には辛いものがありました(笑)。とはいえ、モルディブ人は穏やかで優しいので怖がることはありませんよ!
 

画像7: 色鮮やかなカラフルな街!モルディブの首都「マレ」を散策!【暮らすように旅する】

この日はチキンカレーを食べてみました。野菜の浅漬けみたいなサラダがめちゃくちゃ美味しかった……! モルディブはカレーがおいしいので、ぜひ食べてみてください。

ちなみにお酒を飲まないからなのか、喫煙者の割合が高いように思いました。レストランの中でも吸うことができます。灰は灰皿じゃなくて、床にそのまま落とすスタイル。これ、ベトナムでも見ました。

その国々の食文化やマナーっておもしろいですよね。ぜひ嫌悪せずに、郷に入っては郷に従え精神でまるごと楽しんでください。

それでは、次回はマレの観光地をご紹介します。

 
Photo&Text:Miho Oashi

This article is a sponsored article by
''.