体重は増やさず適度な筋肉をつけたい! 憧れの「レーサーバック」を手に入れたい! さらには運転も上手くなりたい! そんな女性たちのためのイベント「BOOTCAMP」。全国の応募者の中から選ばれた29名の女性が参加し、話題のビューティーメソッドも体験するなど、大好評だったその模様をレポート。

盛りだくさんなイベント内容に参加者は大満足!

9月最後の週末に、東京・お台場のMEGAWEBで開催されたイベント「TOYOTA GAZOO Racing WOMAN BOOTCAMP @MEGA WEB」。時折どしゃ降りの雨となるような天気だったにもかかわらず、29名の参加者が集い、会場は満員。

画像: 盛りだくさんなイベント内容に参加者は大満足!

参加者はまず、国内Bライセンス(サーキットトライアルやラリーに参加できる資格)の取得講習を受講(希望者のみ)。その後トークショー会場へ。トークショーには車好きとして知られるマギーさん、プロレーシングドライバーの大嶋和也選手と松井孝允選手の他、レーサーフィットの開発者である仲田健トレーナー、SUPER GTのチーム監督でプロレーシングドライバーの脇阪寿一さんが登場。ビューティーメソッド「レーサーフィット」を考案した経緯や、サーキットを走る魅力、マギーさんのカート体験話などで盛り上がった。

画像: ゲストのマギーさん

ゲストのマギーさん

画像: ゲストの松井選手(左)と大嶋選手(右)

ゲストの松井選手(左)と大嶋選手(右)

画像: レーサーフィット開発者の仲田トレーナー

レーサーフィット開発者の仲田トレーナー

画像: プロレーシングドライバー・脇阪さんの軽妙なトークに会場は大笑い

プロレーシングドライバー・脇阪さんの軽妙なトークに会場は大笑い

この後、参加者は「レーサーフィット体験」と、ドライビングテクニックを体感できる「ワクドキ体験」「カート試乗」を体験。たっぷり汗をかき、スピード感溢れる感覚を味わってもらっただけでなく、大嶋選手や松井選手と直接話せる機会もあり、大盛り上がり。そして17時半頃、すべてのプログラムが終了。締めの挨拶をもって解散となった。参加者たちからは一様に「めちゃくちゃ楽しかった!」「サーキットで走ってみたくなった!!」といった大好評の感想が聞かれ、大いに楽しんでもらえたよう。

画像: トークショーの最後にはゲストと参加者で記念撮影も

トークショーの最後にはゲストと参加者で記念撮影も

1. レーサーフィット体験

美しくなるだけでなく運転動作も向上するメソッド

画像: レーサーフィットを実演してみせるマギーさん

レーサーフィットを実演してみせるマギーさん

レーシングドライバーは体重が軽いほど有利だが、体幹がしっかり鍛えられていないと、時速300キロを超えるスピードには耐えられない。そんなトップアスリートの体を要するレーシングドライバーのトレーニングをもとに開発されたビューティーメソッドが、「レーサーフィット」だ。

画像: 仲田トレーナーは、リオ五輪陸上400メートルリレー銀メダリストの山縣亮太選手などを指導していることでも知られる。その名トレーナーが当日は参加者一人一人に丁寧に指導してくれた。

仲田トレーナーは、リオ五輪陸上400メートルリレー銀メダリストの山縣亮太選手などを指導していることでも知られる。その名トレーナーが当日は参加者一人一人に丁寧に指導してくれた。

ストレッチポールやバランスボールを使ったトレーニングに、体験した参加者は「普段使ってない筋肉に効く!」と即、効果を実感していた。このトレーニングは、「美しく健康を維持するのに加え、運転動作が向上するので安全運転にもつながっていく」(脇阪さん)とのこと。

画像: 不安定なバランスの中でトレーニングすることで、平衡感覚を整えながら筋肉を鍛える。

不安定なバランスの中でトレーニングすることで、平衡感覚を整えながら筋肉を鍛える。

画像: 体験終了後、「継続することや負荷のかけ方でより効果が表れるので、自宅でも続けてください」とアドバイス。

体験終了後、「継続することや負荷のかけ方でより効果が表れるので、自宅でも続けてください」とアドバイス。

How to do RacerFit?

<腹筋、背筋、ヒップアップに効く!>

1. まずはバランスボールに乗ってバランスキープ

画像1: How to do RacerFit?

バランスボールにお腹を乗せ、頭の後ろで両手を組む。脚はまっすぐ伸ばし、つま先は立てた状態に。このとき体が左右どちらに傾きやすいかで、筋肉の弱い側が分かる。

2. バランスボールの上でゆっくり背筋運動

画像2: How to do RacerFit?

お腹で体を支えながら、ゆっくりと背筋をそらす。バランスボールから落ちないようバランスをとろうとするため、自然と弱い側の筋肉が鍛えられ、筋肉のつき方が左右均等になっていく。

3. これを繰り返せば美しい後ろ姿に

画像3: How to do RacerFit?

ゆっくりと、そらした背中を①の状態に戻す。急いで戻すと転がりやすくなるので注意。これを15回繰り返して。お腹はもちろん、背中とお尻の筋肉も引き締まり、美しい後ろ姿に。

 
 
<腹筋を鍛えるトレーニング>

1. ストレッチポールの上でバランスキープ

画像4: How to do RacerFit?

ストレッチポールの上に座り、ダンベルを胸の前で持ったままひざを曲げて両足を床から浮かせる。つい傾いてしまう側が、腹筋の弱い側。

2. ストレッチポールから落ちないようダンベルを上に

画像5: How to do RacerFit?

両足を浮かせた状態のまま、ダンベルを持った両手を上に上げる。少し上げるだけでバランスが崩れストレッチポールから落ちそうになるので、しっかり腹筋に力を入れて。

3. ダンベルの上げ下げを15回繰り返そう

画像6: How to do RacerFit?

上げた両手を、また胸の前に下ろす。この①~③の動きを15回繰り返して。バランスをとろうと腹筋の中央部が鍛えられ、体幹が作られていく。

 
 
<下腹部、股関節に効くトレーニング>

1. 脚をしっかり90度にキープすることが大切

画像7: How to do RacerFit?

ストレッチポールの上であお向けに寝たら、片脚を上げてひざを90度に曲げ、上げた脚と同じ側の手をまっすぐ頭の上に伸ばす。下ろしているほうの手の平は床につける。

2. 片脚を上げたまま手を交互に上げ下げ

画像8: How to do RacerFit?

上げた脚は90度に固定したまま、上げていた手をゆっくりと下ろし、同時に下ろしていた手を頭の上に伸ばす。気を抜くと、筋力が弱いほうに転がるので注意。

3. 反対の脚を90度に上げて、同様に

画像9: How to do RacerFit?

上げた脚は固定したまま、①~②の動作を15回繰り返す。続いて反対の足を上げて90度に固定し、同様に手の上げ下げを15回行う。

 
【レーサーフィット】
レーシングドライバーのトレーニングをもとにしたビューティーメソッド。ストレッチポールやバランスボールを使い、不安定なバランスの中でトレーニングすることで、平衡感覚を整えながら筋肉を鍛え、効率的にしなやかなボディを実現する。

<監修>
仲田健さん
ストレングス&コンディショニングコーチ。大学時代は円盤投げ選手として活躍。元阪神タイガースの桧山進次郎選手と出会い、トレーナーの道へ。指導した選手はプロゴルファーの石川遼、金田久美子、脇阪寿一など多数。
 
脇阪寿一さん
SUPER GTのチーム監督、プロレーシングドライバー。24歳のとき全日本F3選手権で優勝し、頭角を現す。その後、SUPER GTで何度もシリーズ優勝するなど、長きにわたって活躍を続けている。

2. ワクドキ体験

非日常感のある車の動きが楽しい! もっと運転したい!

画像: 非日常感のある車の動きが楽しい! もっと運転したい!

プロのドライバーが、サーキット走行の基本となる「走る」「曲がる」「止まる」のドライビングテクニックをレクチャーするこのコーナー。フル加速して思いっきりブレーキを踏む「フルブレーキ」、コース上に立てられたパイロンをかわしながらリズミカルに走る「スラローム」と、普段の運転では味わえない車の動きを体感。インストラクターの運転に試乗した後、実際に自分たちで運転して体験してもらったところ、みな大興奮。車好きのマギーさんもトライし、見ていた人たちを驚かせていた。

画像: まずは助手席に座って大嶋選手の「フルブレーキ」を体験したマギーさん。「急ブレーキを踏むことで、よりスピード感が伝わってくる」と大興奮。

まずは助手席に座って大嶋選手の「フルブレーキ」を体験したマギーさん。「急ブレーキを踏むことで、よりスピード感が伝わってくる」と大興奮。

画像: 試乗中、手を振るマギーさん。「楽しい!」と大喜び。

試乗中、手を振るマギーさん。「楽しい!」と大喜び。

画像: 大嶋選手の運転による試乗が終わるや、「自分で運転してみたい!」とすぐさま運転席に乗り込んだ。

大嶋選手の運転による試乗が終わるや、「自分で運転してみたい!」とすぐさま運転席に乗り込んだ。

画像: マギーさんが「一番面白かった」と感想を残した、スラローム体験。かなりスピードを出してスイスイとパイロンをかわし周囲を驚かせたが、本人は「もっとやりたかった!」とのこと。

マギーさんが「一番面白かった」と感想を残した、スラローム体験。かなりスピードを出してスイスイとパイロンをかわし周囲を驚かせたが、本人は「もっとやりたかった!」とのこと。

 
「運転が楽しくなった!」「新鮮!」と大好評だったワクドキ体験

画像: 「ペーパードライバーで、久しぶりに運転した」という参加者の難波さん。試乗前、松井選手に運転のポイントを聞いていた。

「ペーパードライバーで、久しぶりに運転した」という参加者の難波さん。試乗前、松井選手に運転のポイントを聞いていた。

参加者は、サーキット走行経験のある人から、10年ぶりに車を運転した、という人まで様々。それでも非日常の運転体験に、「3周できるので、スラロームはだんだん感覚がつかめて上手くなっていき楽しかった」「フルブレーキは普段やったことがないので新鮮!」など、みな大満足の様子だった。

画像: インストラクターが運転のコツについて丁寧に説明

インストラクターが運転のコツについて丁寧に説明

画像: フルブレーキ体験の様子。目標のストップ位置のだいぶ手前で止まる参加者が多く、大丈夫だと分かっていてもフルアクセルからのフルブレーキは、やはり勇気がいるよう。

フルブレーキ体験の様子。目標のストップ位置のだいぶ手前で止まる参加者が多く、大丈夫だと分かっていてもフルアクセルからのフルブレーキは、やはり勇気がいるよう。

画像: 大嶋選手、松井選手と撮影する参加者。レース時とは違うリラックスした表情の選手と触れあえるのもイベントの醍醐味。試乗したG's ハリアーをバックに、パシャリ。

大嶋選手、松井選手と撮影する参加者。レース時とは違うリラックスした表情の選手と触れあえるのもイベントの醍醐味。試乗したG's ハリアーをバックに、パシャリ。

大嶋選手、松井選手と撮影する参加者。レース時とは違うリラックスした表情の選手と触れあえるのもイベントの醍醐味。試乗したG's ハリアーをバックに、パシャリ。

画像: 「運転が楽しくなった!」「新鮮!」と大好評だったワクドキ体験

3. カート体験

一回乗るとみんなハマる! 是非サーキットに乗りにきて!!

画像: カートを横にニコリ。「次はカート場に行って、カートに乗りたい!」とコメント。

カートを横にニコリ。「次はカート場に行って、カートに乗りたい!」とコメント。

この日はカートに乗ってコースを回るという体験コーナーも。アクセルとブレーキという構造は同じだが、オープンで、地面との距離も近いカート。それだけに、実際のスピードより体感スピードははるかに速いのが魅力。

画像: カートに試乗するマギーさん

カートに試乗するマギーさん

以前カートに乗ったことがあり、「普通の車よりスピードを感じて楽しかった」と言うマギーさんも試乗したがっていたが、あいにくの雨で断念。が、その後雨は上がり、参加者は無事に試乗することができた。ゴール旗が振られ、タイムも計測してもらうなど、みなレース気分を味わっていた。

画像: スタッフは「カートはハンドルの回転が少なくほとんど切れないので、両手でしっかり握って操縦して」とアドバイス

スタッフは「カートはハンドルの回転が少なくほとんど切れないので、両手でしっかり握って操縦して」とアドバイス

画像: 実際にシートに座ると、このような状態

実際にシートに座ると、このような状態

画像: インストラクターによるデモに続いてゆっくり1周した後、1人ずつ走行

インストラクターによるデモに続いてゆっくり1周した後、1人ずつ走行

画像: デモ後、余裕の表情を見せる参加者

デモ後、余裕の表情を見せる参加者

画像: ストップウォッチで1周のタイムを計測するなど本格的。参加者からは「体がむき出しなので風を肌で感じるし、耳に響いてくる音もすごい」「一度運転するとコツがつかめてすぐ上達するのでハマりそう。あと10周ぐらいしたかった!」といった声が聞かれた。

ストップウォッチで1周のタイムを計測するなど本格的。参加者からは「体がむき出しなので風を肌で感じるし、耳に響いてくる音もすごい」「一度運転するとコツがつかめてすぐ上達するのでハマりそう。あと10周ぐらいしたかった!」といった声が聞かれた。

4. 国内Bライセンス講習

今回のイベントでは、モータースポーツの入門である国内Bライセンスを取得できる講習も開催。参加者はモータースポーツの種類、基本的なルール、心得、楽しみ方などについての講習を2時間受け、晴れてライセンスを取得した。Bライセンスがあると、サーキットでタイムを競うサーキットトライアルやラリーなどに参加できるようになるのが魅力。

もちろん、マギーさんも取得し、会場でライセンスを授与された。2時間の講習を受けるだけで簡単に取得できるので、モータースポーツライフを楽しんでみたいと思っている人には、是非オススメしたい!

画像: このイベントの前に講習を受けていたマギーさんに、特製受講証が渡される。スピードを体感することが大好きというマギーさんは、「絶対サーキットに走りに行きます!」と嬉しそうだった。 グレーノースリアシメントリートップス(参考商品)、グレーワイドパンツ¥72000/ ADEAM 東京ミッドタウン店(ADEAM) その他/スタイリスト私物

このイベントの前に講習を受けていたマギーさんに、特製受講証が渡される。スピードを体感することが大好きというマギーさんは、「絶対サーキットに走りに行きます!」と嬉しそうだった。 グレーノースリアシメントリートップス(参考商品)、グレーワイドパンツ¥72000/ ADEAM 東京ミッドタウン店(ADEAM) その他/スタイリスト私物

画像: 講習を受ける参加者。

講習を受ける参加者。

画像: この日のイベントは、Bライセンスを取得しないハーフパッケージのチョイスも可能だったが、何と参加者29人中16人が取得コースを選んだ。

この日のイベントは、Bライセンスを取得しないハーフパッケージのチョイスも可能だったが、何と参加者29人中16人が取得コースを選んだ。

イベント盛りだくさん! 概要を今すぐチェック!

01. ラリー観戦に行ってみよう!
「全日本ラリー選手権 第9戦新城ラリー2016」開催! [ 11/5・6 ]

画像: 女子向けブースもあるよ!

女子向けブースもあるよ!

愛知県新城市で開催される、2016年全日本ラリー選手権の最終戦にあわせて開催。会場には車両展示のほか、子供から大人まで楽しめるコンテンツも盛りだくさん。またTOYOTA GAZOO Racing WOMANは、女性が楽しめるブースも展開。誰でも楽しく参加・体験できるので、ぜひ遊びに行ってみて!

▼「全日本ラリー選手権 第9戦新城ラリー2016」の詳細は以下バナーをクリック!

画像: 01. ラリー観戦に行ってみよう! 「全日本ラリー選手権 第9戦新城ラリー2016」開催! [ 11/5・6 ]

 
 
02. 脇阪監督、大嶋選手、松井選手にも会える!
「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL」開催! [ 11/27 ]

画像1: 02. 脇阪監督、大嶋選手、松井選手にも会える! 「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL」開催! [ 11/27 ]

年に一度、富士スピードウェイで開催されるTOYOTA GAZOO Racing PARKの集大成。迫力のレーシングカーバトルを間近で観戦できるだけでなく、サーキットでのデモ走行やレーシングカー同乗体験など特別企画が満載。またTOYOTA GAZOO Racing WOMANブースも登場するなど、女性も1日中楽しめる!

画像2: 02. 脇阪監督、大嶋選手、松井選手にも会える! 「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL」開催! [ 11/27 ]

▼「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL」の詳細は以下バナーをクリック!

画像3: 02. 脇阪監督、大嶋選手、松井選手にも会える! 「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL」開催! [ 11/27 ]

【全日本ラリー選手権 第9戦新城ラリー2016】
開催場所:愛知県新城市周辺
開催日時:11/5・6
 
【TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL】
開催場所:富士スピードウェイ
開催日時:11/27

お問い合わせ先:TOYOTA GAZOO Racing

 

活躍を続けるイケメンレーシングドライバー
大嶋選手、松井選手のマインドフルネスとは?

サーキットの上でコンマ1秒を争う男たちは、日常に戻ったとき、どのように心と体をゆるめているのだろうか。国内最大のカーレース・SUPER GTなどで活躍を続けるイケメンレーシングドライバー2人に、その休息法を聞いてみた。スイッチの切り方からオフ状態の維持の仕方まで、攻める男が辿り着いた究極のマインドフルネスとは?

 
仕事を完全に断ち切ることでスイッチオフ

画像: シャツ¥19000/DLX(BEDWIN)、デニム¥18000(DELUXE) 時計¥66000/ザ コモン テンポ 原宿(マーチエルエービー) 撮影車両:G's ハリアー

シャツ¥19000/DLX(BEDWIN)、デニム¥18000(DELUXE) 時計¥66000/ザ コモン テンポ 原宿(マーチエルエービー) 撮影車両:G's ハリアー

「休日は理由がなければ車には乗らないですね。運転しているとどうしてもレーサー気質が出て、周囲の人の運転が気になっちゃうんです。加減速の仕方とか停車中の詰め方とかからつい運転手の性格を分析してしまうので、ストレスがたまるんですよね(笑)」

SUPER GTのGT500クラスで活躍する大嶋選手の休息法は、レース時とは全く違う環境に自分を置くこと。そのため休日はあまり出かけず、部屋で2匹の愛猫と過ごすことが多いと言う。

「旅行は計画を立て、外食は予約をしておきたい几帳面な性格なので、放っておくとオンの状態になりやすい。だから人混みにはあまり出たくないんです。それでも切り替わらないとき?男友達を集めてひたすら飲んで歌う!しかも女の人の歌を。ハイトーンだからスッキリするんですよ(笑)」と意外な一面も。

カーレースというのは、チケットによっては選手のいるパドックまで入ることが可能なうえ、レースの10分前まで選手とファンが触れ合うチャンスもあるほど距離が近い。

「実はコンディションがいいときほどファンサービスにも集中できるんです。だからFRaU読者の皆さんも、ぜひサーキットに足を運んでください!」

◆大嶋和也選手 プロフィール
1987年4月30日生まれ。群馬県出身。12歳で全日本ジュニアカート選手権チャンピオンに。2009年よりSUPERGT GT500クラスに参戦し、これまで4勝を挙げている。プライベートの愛車はLEXUS RX。
 
>>>11/12・13 @ツインリンクもてぎ「SUPER GT 第8戦」で会えるよ!

 
 
車が好きなのでオフも車に触れる、それが僕のマインドフルネス

画像: トップス¥4900/ビーミング ライフストア ビームス コクーンシティ店(ビーミング by ビームス) デニム¥25000/トゥー・ステップ(サンディニスタ) メガネ¥15000/アーバンリサーチ 表参道ヒルズ店(カネコ オプチカル×アーバンリサーチ) 撮影車両:G's アクア

トップス¥4900/ビーミング ライフストア ビームス コクーンシティ店(ビーミング by ビームス) デニム¥25000/トゥー・ステップ(サンディニスタ) メガネ¥15000/アーバンリサーチ 表参道ヒルズ店(カネコ オプチカル×アーバンリサーチ) 撮影車両:G's アクア

昨年、SUPER GTのGT300クラスに初参戦するや、いきなり1勝を挙げるなど、今もっとも成長著しい若手として注目を集めている松井選手。素顔は一転、イマドキ男子らしい力の抜けっぷりだ。

「車が好きなので、休日は自分の車を好きなだけイジッたり、ドライブもよくします。江の島とか鎌倉とかみなとみらいとか、思いつくままに。レースのときは一瞬一瞬の判断が命取りになるので、頭がフル回転の状態で走っていますから、そうやって休日に何も考えずに楽しく走るのが気分転換なんです。飛ばしたい欲求とか、全然ないです。僕、高速道路でもずっと左車線をゆっくり走っていたい人なんですよ。レースでピリピリしているのに、何でオフのときまでスピード出してピリピリしなきゃいけないんだ、って」

無理に環境を切り替えようとせず、気の向くままに自分の好きなことをするのが松井選手の休息法。だからレースを離れても、いろんなレースの動画を見るし、休日は仕事関係の人と会わないといったこともしない。

「休みの日もチームメイトと集まってバーベキューをしたりします。普段の性格はいたってのんびり。他の選手もそうですよ。だからSNSで普段の生活を見てもらえると、サーキットでの顔との違いが見えて面白いと思います」

◆松井孝允選手 プロフィール
1987年12月15日生まれ。広島県出身。2006年にFJ1600の岡山シリーズでデビューし、チャンピオンに輝く。FCJシリーズ等を経て、昨年からSUPERGT GT300クラスに参戦、1勝を挙げている。プライベートの愛車はTOYOTA 86。
 
>>>10/22・23 @岡山国際サーキット「スーパー耐久第5戦」で会えるよ!

 
 

画像: 車が好きなのでオフも車に触れる、それが僕のマインドフルネス

今年始まったTOYOTA GAZOO Racing WOMANプロジェクト。男女の枠を超え激しい競い合いを繰り広げるモータースポーツの世界に、関心を寄せる女性が増えている。それは、モータースポーツにおける〝攻め〞の姿勢が現代女性の生き方とシンクロするから。TOYOTA GAZOO Racing WOMANは、モータースポーツを通じ、女性たちの〝攻め〞の姿勢を応援します。

 
 
 
Photo:Toru Daimon Stylist:Mana Kogiso(Maggy) Hair&Make-up:Rie Aoyama(Nude、Maggy) Text:Naoko Yamamoto
Photo:Yumi Hosomi(go relax E more) Hair&Make-up:Yumiko Horiguchi(roraima) Stylist:Yutaka Asakura Text:Naoko Yamamoto

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.