約10年にわたり、多くの読者に熱狂的に支持され愛されてきた『溺れるナイフ』。まずは、この名作が生まれたきっかけをジョージさんにたずねてみた。

わからないものには、理由がある。それが面白い。

画像1: わからないものには、理由がある。それが面白い。

「『溺れるナイフ』を描く前に『少年少女ロマンス』という作品を連載していて。それもアンバランスな二人がお互いの理想と現実をぶつけにぶつけあってコナゴナになった後、どう、何を選抜するのかを描いたつもりなのですが、次作は挫折と再生を長いスパンで描きたいと思いまして」

その思いから派生した今作の輪郭を明確にしたのは「当時、抱いていた疑問の数々だった」そう。「例えば、東京育ちの自分は田舎に憧れるけど、実際、そこに引っ越したら暮らしていけるのか? 幼い女の子達のエグい写真集を出したりしているけれど、彼女たちはどんな気持ちでカメラの前に立ち、この先どうなってしまうのか? 様々な疑問が物語に繫がっていった。そんな疑問の中でも、特に理解できなかったのが、漫画家という仕事の対極にある〝表舞台に出る人達〞の気持ちだったんです」

そして「長く付き合う作品にしたいのなら、そういう〝わからないもの〞と向き合った方がいいんじゃないかと考えた」と言葉を続けたジョージさん。

わからないものには理由がある。その理由を考える作業が新たな物語を生み出すこともある。特殊な女の子を描くのは好きだし得意だけど、特別な女の子を描くのは苦手(笑)。そんな私が完全に後者である夏芽という主人公を描いたのには、そんな期待もあったんですよ」

画像2: わからないものには、理由がある。それが面白い。

コウの人物像に強い影響を与えた、中上健次作品

「私は邦画が好きでよく観ていたんですけど、〝これは凄い‼〞と思う映画の原作が中上健次さんの小説であることが本当に多かったんです。

「名作『熊野三部作』を始め、中上作品の主人公は皆エネルギッシュでギラギラしている。何か秀でた特技があるわけではないけど、絶対的なカリスマ性、全能感を漂わせていて。そんな人物を描きたいという思いから生まれたのがコウなんです。結果、中上作品とはだいぶ違う仕上がりにはなりましたが(笑)

また、〝自分には何でもできる〞と信じている、子供の頃の全能感っていつか消えるものだけれど、特別な人物の〝裏打ちのある全能感〞を、どうでもいいもので、まさかの角度でぶち壊されたらどうなるのかも描いてみたいと思ったんですよね」

画像: コウの人物像に強い影響を与えた、中上健次作品

単純に面白いと思うものを描いているだけなんです

そして、生まれた『溺れるナイフ』。恋愛の二文字には収まりきらないその世界観は連載開始当初から話題に。

「そもそも自分自身は〝異色な作品を描いている〞という感覚が全くないんですよ(笑)」生々しいほどにリアル、エキセントリックでドラマティック、いい意味で少女漫画の文法に寄り添わない、そう評されることの多いジョージ作品だが、それに関しても、本人は意識しているわけでなく「単純に自分が面白いと思うものを描いているだけ」と語る。

画像: 単純に面白いと思うものを描いているだけなんです

「よく、作品に関して〝なんでコレを描こうと思ったんですか?〞という質問をされるんですけど。私からすると〝だって、そっちの方が面白くないですか?〞って。

面白い漫画を描けばいい。そうすれば、読むに値すると読者にもきっと選んでもらえる。そう信じて描き続けているんですけど……。『恋文日和』を描くときは、担当編集に呼び出され、目の前で二つの円を描かれて。〝こっちがジョージの描きたい漫画、こっちが読者の読みたい漫画。この重なっている部分を描いて〞と言われ〝ちっさ‼〞と。まあ、そこからは読者の視線も自分なりにですが意識するようにはなりました(笑)」

『溺れるナイフ』はあの時だから描けた作品

約10年の連載期間中、キャラクターの気持ちに沿うように、自分自身を追い込み、描くのがしんどくなったことも。真正面から向き合い、共に濃厚な時間を過ごした作品でもあるので〝あの時だから描けた作品〞。同じものはもう描けない、そんな思いでいるんです」

画像: 『溺れるナイフ』はあの時だから描けた作品

思春期の爆発しそうなエネルギーに惹かれるのは変わらない。でも「そのうち、また大人の女性の恋愛も描いてみたい」という思いも。

「大人の女性は仕事に忙しく恋愛に癒やしを求める人も多いと思うので、逆に全然、癒やされない男と恋に落ちるとかどうですか? もはや修行。〝死ぬのかな、私〞みたいな、自分は癒やされたいのに、みたいな(笑)。現実にあったら困るけど、読むのは面白い、そう思ってもらえたらうれしいですよね」

 
※フラウ2016年11月号より一部抜粋

◆ 続きは、FRaU2016年11月号をチェックしてね!
2016年 10月12日(月)発売 680円(税込)

画像1: ジョージ朝倉 『溺れるナイフ』が生まれた〝きっかけ〞 画像2: ジョージ朝倉 『溺れるナイフ』が生まれた〝きっかけ〞 画像3: ジョージ朝倉 『溺れるナイフ』が生まれた〝きっかけ〞

 

PROFILE

ジョージ朝倉
5月11日生まれ。東京都出身。女性。1995年、『別冊フレンド』(講談社)にてデビュー。2005年『恋文日和』で第29回講談社漫画賞少女部門を受賞。他の主な作品に、『恋文日和』、『少年少女ロマンス』『ハッピーエンド』『ピース オブ ケイク』など。現在、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて『ダンス・ダンス・ダンスール』を連載中。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.