創業から40年以上に渡って、売上の1%を環境団体に寄付するなどといった環境に対するさまざまな試みを行っているアウトドア・アパレル企業「パタゴニア」。その新たな試みとして始まった「パタゴニア プロビジョンズ」がついに日本に上陸しました! 

“身体にも自然にも優しいオーガニックの食品シリーズ”

画像1: Amy Kumler

Amy Kumler

パタゴニア プロビジョンズは、2011年に食品専門ブランドとして本国アメリカで生まれました。アパレルと同じく、「最高な製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える」という目標を掲げ、さらに「ビジネスを手段として環境危機に警告を鳴らし、解決に向けて実行する」ということを目指しています。オーガニックで環境負荷の少ない、持続可能な食品を提案しているブランドです。

アメリカではアウトドアシーンはもちろん、日常的にも取り入れる人が増えているプロビジョンズが、2016年秋に日本に本格上陸を果たし話題を呼んでいます。今回はラインナップの中から、サーモン、スープ、フルーツ+アーモンドバーを紹介!!

開けたらすぐに食べられる! 骨なしサーモン

画像: 開けたらすぐに食べられる! 骨なしサーモン

創業者が釣り好きということもあり、メニュー開発に特にこだわったのがサーモン。
「ワイルド・ピンク・サーモン」は、ワシントン州のラミ島で古代から伝わっているリーフネットを使い、岩礁と間違えて入ってきたサーモンを選んで捕獲します。「ワイルド・ソッカイ・サーモン」は、アラスカ州のシタック川で小舟に乗って網を引くという昔ながらの漁法で捕獲します。

すべての漁が人の手で行われているため、目的外の魚種はリリースできるので環境にも優しいんです。また、とれたての鮮度とおいしさを維持するため、捕獲後すぐに氷漬けにしているそう。さらにすべての骨が取り除かれていることもポイント! すぐに食べられて調理も簡単ですよね!

心も身体も満たすビーガンスープ

画像2: Amy Kumler

Amy Kumler

有機栽培された材料で作るビーガンスープ。“ビーガン” と聞くと、「味が薄そう」「満腹になるの?」と心配になりますよね。でも、プロビジョンズのスープは栄養バランス、満腹感ともに優れていて、メインディッシュにもなる一品なんです。

おいしいのは当たり前! 身体にもよいエナジーバー

画像3: Amy Kumler

Amy Kumler

シェフや栄養士とタッグを組み、おいしさと栄養価を追求して開発したエナジーバーは、人口甘味料などの不純物が一切入っていないそう。オーガニックの果物、ナッツ、種、果汁だけを材料にしているので、自然の栄養とおいしさを感じられるような一品になっています。
1本がとてもコンパクトなので持ち運びにもとっても便利! お仕事の合間に食べていたスナックをプロビジョンズのエナジーバーに変えて、ヘルシーにエナジーチャージしてみてはいかがですか?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.