創業から40年以上に渡って、売上の1%を環境団体に寄付するなどといった環境に対するさまざまな試みを行っているアウトドア・アパレル企業「パタゴニア」。

そんなパタゴニアから発売された携帯食ブランド「パタゴニア プロビジョンズ」のなかでも捕獲方法にまでこだわった「サーモン」は、全部で3種類。すべて骨が取り除かれているので調理しやすく食べやすいんです! 今回は3種類それぞれの特徴とアレンジレシピを紹介します。

 
▼「パタゴニア プロビジョンズ」って?

 

3種の「サーモン」の魅力を
徹底解剖!

画像: (左から)ワイルド・ソッカイ・サーモン(オリジナル)、ワイルド・ソッカイ・サーモン(レモン・ペッパー)、ワイルド・ピンク・サーモン

(左から)ワイルド・ソッカイ・サーモン(オリジナル)、ワイルド・ソッカイ・サーモン(レモン・ペッパー)、ワイルド・ピンク・サーモン

ワイルド・ソッカイ・サーモン(オリジナル)」(写真左)は、ベニザケそのままの味わいを大切にした一品で、さまざまな料理に応用しやすいのでオススメです。

ワイルド・ソッカイ・サーモン(レモン・ペッパー)」(写真中)はベニザケを燻製に。あっさりとした味付けが魅力です。

ワイルド・ピンク・サーモン」(写真右)は、カラフトマスを燻製にし、黒胡椒にレモンを加えた豊かな味わいです。

 

BBQはもちろん
おもてなしにも使える一品

「アボカドのワイルド・ソッカイ・サーモン添えオーガニック・ドレッシング」

画像: 「アボカドのワイルド・ソッカイ・サーモン添えオーガニック・ドレッシング」

◆材料(3人分)
ワイルド・ソッカイ・サーモン(レモン・ペッパー)… 適量
アボカド … 1.5個

ドレッシング
・ツァンパ・スープ ………………… 大さじ1 
・グリーン・レンティル・スープ … 大さじ1 
・オーガニック・オリーブオイル … 50ml 
・塩 ………… 小さじ1/2
・レモン …… 1/2 個

◆作り方(所要時間:約7分)

1. ボールに各スープとオリーブオイルを入れてよく混ぜ、塩を加えてレモンを絞り、オーガニック・ドレッシングを作る。

2. アボカドを半分に切って種を取り、フライパンやオーブンで表面に焼き色がつくまで焼く。

3. 真ん中にサーモンを添えて、オーガニック・ドレッシングをかける。

 

サーモンの旨みが溢れ出す
ソースが決め手!

「ワイルドピンクサーモンのニョッキ」

画像: 「ワイルドピンクサーモンのニョッキ」

◆材料(2人分)

ワイルド・ピンク・サーモン …… 1/2 パック
ニョッキ ………… 180g
バジル …………… 少々
タマネギ ………… 1/4 個
ニンニク ………… 1かけ
ブロッコリー …… 1/4 個
オリーブオイル … 適量
塩 ………………… 少々
コショウ ………… 少々

 
◆作り方(所要時間:15分)

1. フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れて、香りが出るまで炒める。

2. 細かく刻んだタマネギとブロッコリーを入れて炒める。

3. 火が通ったら湯を注ぎ、ほぐしたサーモンを入れソースを作る。

4. ゆで上がったニョッキをソースに入れて、塩、コショウで味を調え、バジルを入れて混ぜる。

 

どこでも食べられる手軽さと
かわいいフォルムが魅力

「サーモン手毬おにぎり」

画像: 「サーモン手毬おにぎり」

◆材料(2~3人分)

ワイルド・ソッカイ・サーモン(オリジナル)…1/2 パック
白飯 ………1.5合
塩 ………… 少々
ゴマ油 …… 少々

 
◆作り方(所要時間:5分)

1. ほぐしたサーモンと白飯をよく混ぜる。塩分が足りないようなら塩を加える。

2. ラップで適量を丸めてから、さらにゴマ油を手に付けて形を整える。

<point> 
ゴマ油を馴染ませることによって、おにぎりの表面にツヤが生まれて乾燥しにくくなり、風味もアップする。アウトドアで作る場合はレトルト飯を使うと良い。

 

▼こちらの記事もチェック!

 
●情報は、FRaU2016年10月時点のものです。

This article is a sponsored article by
''.