久々に会った同級生の奇妙な親切心。受け止めたらとんでもない事態に……

「贈り物」というウキウキするタイトルとは裏腹に、じわりと不気味な運命が忍び寄ってくる本作。引っ越してきたばかりの家に、続けざまに贈り物=ギフトが届けられ、主人公夫婦の日常が徐々に崩壊していく物語です。

画像1: (C)2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.

(C)2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.

高校時代の同級生との25年ぶりの再会に始まり、その同級生の親切心や、謎めいた私生活が描かれていきます。久しぶりに会った同級生が妙にやさしく接してきたら、単に喜ぶ場合があるいっぽうで、何かに勧誘されて高額商品を買わされるかも、などと疑心暗鬼に陥るケースもありますよね? 本作は、そのあたりの「感覚」を巧みに見せるので、知らず知らずに作品に引き込まれてしまうのです。そして中盤からのひとひねりの展開が、戦慄を与えることに。

画像2: (C)2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.

(C)2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.

監督や脚本を務めたのは、同級生役も演じている俳優のジョエル・エドガートン。代表作は『ブラック・スキャンダル』などで、日本ではまだそれほど有名なスターではありません。しかし本作の的確な演出力で今後、名監督への道が切り開かれそうです。ドキドキ感が高まるサスペンスですが、ちょっぴり切ない後味も残り、しばらく頭から離れない一作になることでしょう。

10月28日(金)、TOHOシネマズ 新宿 ほか全国公開
『ザ・ギフト』

画像3: (C)2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.

(C)2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.

画像4: (C)2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.

(C)2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.