バスケを語るうえで、スラッと背の高いモデル体型の選手たちも欠かせない! 今回、FRaUが注目したのは「アルバルク東京」の選手たち。みんな本当にかっこよくて全員紹介したいくらいですが、特にイチオシの選手を紹介します! 

本場NBAからの刺客、ディアンテ・ギャレット選手

画像1: 本場NBAからの刺客、ディアンテ・ギャレット選手

ディアンテ・ギャレット
背番号 :2
生年月日:1988年11月03日
身長  :196cm

画像2: 本場NBAからの刺客、ディアンテ・ギャレット選手

バスケットボールの本場・アメリカでのプレー経験を持つ、ディアンテ・ギャレット選手は、とにかく試合で点を取りまくる!! ドリブルでディフェンスをかわし、レイアップシュートを決め、スリーポイントシュートもお手のもの。点に絡むプレーが本当に多い選手なんです。

試合中の迫力あるプレーを見ていて、「怖い人なのかな」という印象を持ったのですが、試合終了後のハイタッチで編集Mは見てしまったのです! タイミングが合わずにハイタッチできなかった子どもと、ハイタッチするためにわざわざ3歩戻ったギャレット選手を!   

これって観戦に行ったからこそ見られた姿ですよね。パワフルなプレー中の姿と、優しい姿のギャップ、素敵です♡  

日本代表の実力と甘いマスクを兼ね備える 田中大貴選手

画像1: 日本代表の実力と甘いマスクを兼ね備える 田中大貴選手

田中大貴(たなか・だいき)
背番号 :24
生年月日:1991年9月3日
身長  :192cm

画像2: 日本代表の実力と甘いマスクを兼ね備える 田中大貴選手

大学在籍時より日本代表を経験している田中選手は、決定率の高いスリーポイントシュートはもちろん、ボールをゴール付近まで運ぶための的確な判断力も魅力です。交代が激しい試合中も多くの時間出場し続けている田中選手はチームの中で欠かせない存在! 俳優の野村周平さんのような甘いマスクで力強いプレーをされたら虜になってしまいますよね!

 
シュート決定率が非常に高いこの2選手にピントを当てて試合観戦なんていうのも楽しいですよ。もちろん、お気に入りのイケメンを見つけて追いかけるのもオススメ。 
ぜひ、選手たちの熱いプレーを生で見てみてください!!

 
▼他の「Bリーグ」関連記事はコチラからチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.