ゆり子さんが、エンタテインメントの世界に足を踏み入れてから、30年の月日が経とうとしている。これまで、映画やドラマや舞台のみならず、声優としても、さまざまな〝女の人生〞を生きてきた。

 
▼前ページはコチラ!

 

こういう人生を私は選んできた

画像: ブラウス¥43000/ジャーナル スタンダード ラックス 銀座店(ソーホー デ ルックス) ピアス¥416000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト)

ブラウス¥43000/ジャーナル スタンダード ラックス 銀座店(ソーホー デ ルックス) ピアス¥416000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト)

2016年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』では、40代半ばで独身の、美しきキャリア女性を演じた。新垣結衣さん演じるみくりが、家事代行サービスに行った男性・星野源さん演じる津崎と秘密の契約結婚するのをきっかけにして、2人と、それを取り巻く人々の〝結婚観〞〝恋愛観〞〝仕事観〞が浮き彫りになっていくストーリーだ。

 
「役名が〝百合ちゃん〞っていうんですが、彼女はみくりの伯母なんです。一生懸命に仕事をしていたら、いわゆる〝適齢期〞を逃してしまった女性で……あ、〝逃した〞って言い方はあまり好きじゃないので、〝結婚・出産という選択をしないまま人生を歩んできた女性〞と言っておきますね(笑)。私自身、40代半ばで独身なので、〝百合ちゃん〞とは名前以外にもいろいろ似ているところはあるし、疑問点も特にないし、私が独身だったから、この役のオファーもいただけたんだと思います。

結婚については私自身、ここまで独身できたことを後悔しているわけではなくて、ただ45を過ぎてから、〝こういう人生を私は選んできた〞ということに対する覚悟とか責任みたいなものは、強く感じるようになりました」

 
ゆり子さん演じる〝百合ちゃん〞も、ドラマの中で迷いながら、もがきながら、自分らしい人生を模索していく。原作の漫画を読むだけでも、〝女の人生に正解はない〞ことを痛感させられる。

「今って、女の人の生き方もすごく多様化していますよね。『結婚して子供を産むのが女の務めだ』って決めてかかる社会の風潮に対して、反発したい女性だって、実は大勢いると思う。40歳を過ぎても結婚していないと、『何であいつは結婚できないんだ?』とか『何か欠陥があるんじゃないか』とか詮索されますし、私も『石田ゆり子はなぜ結婚できないのか?』みたいな記事を何度か目にしたこともあります。そのたびに、『結婚できないわけじゃないの、しないだけなの!』って、ドラマのタイトルみたいなことを叫びたくなったりして……(苦笑)。

私からすれば、結婚という選択をしてもよかったタイミングは何度かあって、でもそこで結婚を決断しなかったってことは、〝その人ではなかった〞ってことなんだろうな、と自分では思ってるんです。事情もよく知らないのに、なぜ『できない』と決めつけるのか。結婚って、しなくてはならないものではないと私は思うし、たとえばパートナーがいても、結婚という形をとらない人たちもいる。人生の選択は人それぞれなのに、メインストリームから外れた生き方を選んでいる人のことを否定したり、悪く言ったりするのって、同じ大人として情けないですよね。他者に対する思いやりや想像力が欠落している気がして、悲しくなります」

 

NEXT≫「〝結婚だって、この先するかもしれないよ〞って言ってみたり(笑)」

This article is a sponsored article by
''.