豆腐百珍にも、その原型と見られる献立も登場し、今なお愛される豆腐料理の定番。今回はフライパンなどで少ない油でも作れる、ひとくちサイズの揚げだし豆腐に。しっかり目にまとわせた衣に汁を吸わせていただきます。一緒に添えたもみじおろしとみどりおろし、これからの時期のお鍋料理でもご活用いただける手作り薬味です。

画像: [江戸料理レシピ 肆]豆腐料理の定番!「ひとくち揚げだし豆腐」

材料(作りやすい量、約3人分)

木綿豆腐 … 1丁
卵 ………… 1個 ※溶く
片栗粉 …… 適量


・出汁 ……… 1/2カップ
・淡口醤油 … 大さじ1と1/2
・みりん …… 大さじ1と1/2

大根 ……… 150g ※おろす
赤唐辛子 … 1本 ※みじん切り
青ねぎ …… 2~3本 ※小口切り
油 ………… 適量

作り方

1. 木綿豆腐を、濡らして絞った布巾で包み、豆腐の重量の2倍ほどの重しを載せ、約30分ほど置き、ひとくち大の大きさに切る(厚さ3cm前後)。

2. おろした大根の余分な水気を切り、半分をみじん切りにした赤唐辛子と、半分を小口切りにした青ねぎと、切るように混ぜ合わせ、もみじおろしとみどりおろしを用意する。

3. 鍋に油を入れあたため、1. の豆腐の水気をぬぐい、溶き卵にくぐらせ、片栗粉をまぶし、淡いきつね色になるまで揚げる。

4. 鍋に出汁、淡口醤油、みりんを入れ、ひと煮立ちさせる。

5. 器に 3. の豆腐、2. のもみじおろしとみどりおろし、4. の汁を注いだら出来上がり。豆腐の衣に汁を吸わせて頂きます。

 
Direction/奥田ここ(Koko Okuda)http://chisou.typepad.jp/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.