2011年からはじまった銀座の本格的なイルミネーション『GINZA ILLUMINATION(ギンザ・イルミネーション)』

今年は、2016年12月3日(土)~2017年1月9日(月・祝)までの38日間、銀座・中央通りの1丁目から8丁目および晴海通りの数寄屋橋から銀座4丁目交差点付近にて開催します♪

今年のイルミネーション
テーマは “光の庭園”

6回目となる今年は、 “光のアーティスト” として国際的に活躍しているフランスのクリエーションスタジオ・PITAYA(ピタヤ)を起用。「光の庭園」をテーマに、アートなイルミネーションが展開されます。

画像: 銀座・中央通りのイルミネーションイメージ

銀座・中央通りのイルミネーションイメージ

銀座・中央通りでは、“光と樹” をモチーフにしたイルミネーション・オブジェが沿道と街路灯を輝かせ、花壇のイチイの木に装飾するスペシャル・シャンパン・ゴールドのLEDも織り交ざり、幻想的でエレガントな世界観が広がります。

 
2つの表情が楽しめる!
“昼のギンザ” と “夜のギンザ”

画像: 2つの表情が楽しめる! “昼のギンザ” と “夜のギンザ”

中央通りの沿道を輝かせる16個のオブジェのうち、4個が高さ3.3m、12個が2.5mのものとなっており、どちらも太陽光で様々な色に反射するホログラフィック素材を使用しているため、昼間の青空の下でもきらびやかな光彩を楽しむことができます。

もちろん夜には月明かりの下で光り輝くイルミネーションが見れるので、どの時間に駆けつけてもロマンティックなムードを味わえること間違いなしです。

 
今回が初の試み!
「街路灯の装飾」も要チェック☆

画像: 今回が初の試み! 「街路灯の装飾」も要チェック☆

直径約1m のバスケット型のイルミネーションが32本の街路灯に装飾され、⻘⽩い街路灯とは対照的な暖かな光で頭上から沿道を照らします。

よく見かけるものとは一味違う、斬新な形のイルミネーションとなっているので、よりアートな雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。

 
晴海通りには
“光のガードレール″ が登場!

画像: 晴海通りのイルミネーションイメージ

晴海通りのイルミネーションイメージ

晴海通りには、13万個ものスペシャル・シャンパン・ゴールドLEDがガードレールと街路灯を覆い尽くし、まるで “光の道” のような美しい光景が! いつもと違う雰囲気に包まれた銀座の景色に、思わず感嘆してしまうかも。

東北復興の願いを込めた
「ヒカリミチ・チャリティ募⾦箱」

東北復興の願いを込め、応援していくことを趣旨として2011年からスタートしたこの『GINZA ILLUMINATION』。

今年もイルミネーション期間中、GILC 各ブランドの店舗や趣旨にご賛同いただいた店舗内に、東北復興⽀援の「ヒカリミチ・チャリティ募⾦箱」を設置。そこで集まった募⾦は、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟の「東日本大震災⼦ども⽀援募⾦」へ寄付されます。

 
「ギンザ インターナショナル ラグジュアリー コミッティ(GILC)」とは

2002年、銀座地域の更なる認知向上と活性化を図るため、銀座通り・晴海通りにショップを構える国際的なラグジュアリーブランド7社が協⼒し、設⽴。
Ginza International Luxury Committee(略記:GILC)は、銀座という日本を代表する街の一員として、「国際的で文化性の高い銀座」を世界に向けて発信してゆくことを目的に、“ギンザ・イルミネーション” を中心とした様々な活動に取り組んでいます。

【GILC 加盟ブランド】
Bulgari / Cartier / Chanel / Christian Dior / Dunhill / Ermenegildo Zegna / Giorgio Armani / Gucci / Harry Winston / Hermès / Longchamp / Louis Vuitton / Montblanc / Omega / Salvatore Ferragamo / Swarovski / TASAKI / Tiffany & Co. / Vacheron Constantin / Van Cleef & Arpels

 
仕事帰りや休日に、光り輝く銀座の街並みを歩きながら楽しんでみてはいかがでしょうか。今しか味わえないロマンティックな光景に、きっと疲れも吹き飛んでしまうはず!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.