チェンマイでショッピングを楽しみたい方にぜひおすすめしたいのが、毎週日曜日に開催される「サンデーマーケット」。17:00頃になるとチェンマイ市内の中心である旧市街の、ターペー門から西に向かって数百メートルの通りが屋外市場に様変わり。

24:00頃まで、通りは地元の人や観光客でにぎわい、お祭り騒ぎが続きます。バンコクとはまた違ったチェンマイのサンデーマーケットの様子をお届けします。


四方八方に並ぶ屋台の数は壮観!

画像: 四方八方に並ぶ屋台の数は壮観!

旧市街を西から東にかけて突っ切るように伸びるサンデーマーケットの道。毎週日曜日には歩行者天国となり、道の両側には屋台がずらり。1日かけてまわってもすべてを見るのは難しいほどの出店数なので、気合いを入れて見たい方は、スタートの17:00頃から行くことをおすすめします!


バンコクでは見つけられない
レアな商品

画像: バンコクでは見つけられない レアな商品

工芸品や雑貨が有名なチェンマイ。バンコクでは見つけるのが難しい商品や、見つけられたとしても値が張るようなアイテムでさえ、このサンデーマーケットなら激安! お店によっては価格交渉も可能なので、まとめ買いのディスカウントにもトライしてみてくださいね。


屋台飯も充実で
食べ歩きするのが楽しい!

画像: 屋台飯も充実で 食べ歩きするのが楽しい!

雑貨やアロマ、工芸品、洋服などのお店のほか、フード類ももちろん充実。食べ歩きしやすい小さめサイズのものばかりなので、いろいろな料理が試せるチャンスです。北部名物のソーセージや焼き鳥、シュウマイ、つみれ、ヌードル、スムージー、フルーツ……と、とにかくなんでもそろっています。ぜひ夕飯は食べずに来てくださいね〜!


お寺の中までマーケットに!

画像: お寺の中までマーケットに!

旧市街にはたくさんのお寺があり、通常は観光名所になっています。ですが、この日ばかりはお寺も市場へとチェンジ! いかにもタイらしい光景を見ることができます。


少数民族の古い衣装で作ったポーチ

画像: 少数民族の古い衣装で作ったポーチ

今回、サンデーマーケットで手に入れた戦利品は、左上のモン族のお財布や、少数民族の衣装の一部を使って作られた小さめのポーチ。お財布は120バーツ(約¥400)、ポーチは1つ50バーツ(約¥170)のところを、5つで200バーツ(約¥660)に負けてくれました!

サンデーマーケット
Sri Phum, Mueang Chiang Mai, Chiang Mai 50200
営業時間:17:00〜24:00頃
※日曜のみ開催

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.