ヒップなカルチャーが世界中から集まり、その最先端を知るにはもってこいの街、NY。感度の高い人に確実に響く「アートスポット」を紹介します。

Whitney Museumof American Art
ホイットニー美術館

世界最大数を誇る
現代アートは見逃せない!

画像: 最上階から見えるのは、マンハッタン南部とハドソン川の絶景。

最上階から見えるのは、マンハッタン南部とハドソン川の絶景。

昨春、ミートパッキング地区のハイライン南端に移転し、同エリア最大のランドマークとなったホイットニー美術館。現代アート中心とはいえ、非常にわかりやすい展示構成で、一日いても飽きない。カフェやショップ、レストランを併設しており、観光客のみならず市民の憩いの場としても機能している。

画像: ショップにはここでしか手に入らないお宝グッズも。

ショップにはここでしか手に入らないお宝グッズも。

画像: 現代アート初心者でも楽しめるよう工夫された巡回コース。

現代アート初心者でも楽しめるよう工夫された巡回コース。

画像: エントランス横にあるレストランは、ここ目当てのお客さんも数多く訪れる。

エントランス横にあるレストランは、ここ目当てのお客さんも数多く訪れる。

ホイットニー美術館
99 Gansevoort St., New York, NY
☎ 212-570-3600
営業時間:10:30~18:00(金土のみ~22:00)
定休日:無休
クレジットカード:可

HAUSER & WIRTH
ハウザー&ワース ニューヨーク

この場所はあと少しの限定。
即チェックを!

画像: 館内はゆったりとした間取り。エキシビションのオープニングはだいたい木曜が多く、その際はパーティ空間にも。

館内はゆったりとした間取り。エキシビションのオープニングはだいたい木曜が多く、その際はパーティ空間にも。

ここハイラインのほか、アップタウンやロンドン、LAでも展開するコンテンポラリーアートギャラリー。エントランスの長いアプローチからしてテンションが上がるかっこよさに、NYらしさを感じる。残念ながらビルの建て替えのため、2017年2月にチェルシーに移転予定。お早めに。

画像: 一番奥がエントランス。そこに至るアプローチは、このとき現代アートに彩られ、空間自体が作品の一部になっていた。

一番奥がエントランス。そこに至るアプローチは、このとき現代アートに彩られ、空間自体が作品の一部になっていた。

ハウザー&ワース ニューヨーク
18th Street511 West 18th St., New York NY
☎ 212-790-3900
営業時間:10:00~18:00
定休日:日月
クレジットカード:可

The Met Breur
ザ・メット・ブロイヤー

じつは元ホイットニー美術館です

画像: 広々した館内に余裕をもった展示。ほぼ教科書に載るレベルの巨匠の作品がズラリ。

広々した館内に余裕をもった展示。ほぼ教科書に載るレベルの巨匠の作品がズラリ。

NYで最も新しくホットな美術館。ここはMoMA分館で、旧ホイットニー美術館の建物を8年間限定で賃借している。ダヴィンチ、ミケランジェロ、ピカソといった巨匠の作品をそろえ、アート初心者でも息を呑む迫力が持ち味。MoMAとハシゴしてはいかが?

画像: 最上階にはブルーボトルコーヒーが出店。購入可能な若手アーティストの作品に囲まれながらコーヒーブレイクを楽しめるという贅沢空間。

最上階にはブルーボトルコーヒーが出店。購入可能な若手アーティストの作品に囲まれながらコーヒーブレイクを楽しめるという贅沢空間。

ザ・メット・ブロイヤー
945 Madison Ave., New York, NY
☎ 212-731-1675
営業時間:火~木・日10:00~17:30(金土~21:00)
定休日:月
クレジットカード:可

CHAMBER
チャンバー

ありとあらゆるデザインを
1テーマに集約

画像: 奥行きがすごく深いギャラリー内。キュレーションによって営業時間も変更されることがある。

奥行きがすごく深いギャラリー内。キュレーションによって営業時間も変更されることがある。

ハイラインの高架下にひっそりとたたずむアートギャラリー。アートの種別にこだわらず、写真、彫刻、インダストリアル、プロダクトデザインなど、幅広いジャンルを、キュレーターの目利きで展示・販売する。手の届くアートもあるかも!?

チャンバー
515 W. 23rd St., New York NY
☎ 212-206-0236
営業時間:10:00~18:00
定休日:日月
クレジットカード:可

 
Photo:Keisuke Fukamizu Text:Masamichi Yoshihiro Coordinate:Yumi Komatsu

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.