今なお活動を続けている世界遺産・キラウエア火山、世界有数の天体観測の地としても有名なマウナケアなど、大地から湧き上がってくるようなエネルギーに満ちたハワイ島。そんなハワイ島北西部にある、荒々しい漆黒の溶岩大地の中に佇むオアシスのようなリゾート地が「マウナ ラニ リゾート」です。

かつてハワイ王族たちが保養地として、精神を癒やし、生命力を回復していたと言われている場所に、東京ドーム280個分もの規模で広がるこのリゾートには、ホテルやゴルフ場、スパ、ショップ……とあらゆる楽しみが詰まっています。そんなマウナ ラニ リゾートに滞在し、かつてのハワイ王族たちも驚くほどの極上の癒やしを体感してきました!

What's マウナ ラニ リゾート?

画像: What's マウナ ラニ リゾート?

「マウナ ラニ」とは、ハワイ語で “天国に手が届く丘” という意味。「マウナ ラニ リゾート」は、ハワイ島北西部のコハラコースト沿いにある一大リゾートです。

マウナケア、マウナロア、フアラライ、コハラ山脈、ハレアカラ(マウイ島)という、ハワイを代表する5つの山の “ピコー(ハワイ語で、おへそ・中心)” に位置することから、古くからマナ(ハワイ語で、生命力)が宿る地として崇められ、今も大切にされている地にあります。

古代ハワイアンの遺跡などが今なお残っていて、アメリカのセドナ、フランスのルルドと並ぶ、世界3大パワースポットの1つとしても知られているんです!

全室プライベートラナイ完備!
アメニティも充実のホテル

ハワイスタイルのお出迎えに感動!

画像: ハワイスタイルのお出迎えに感動!

マウナ ラニ ベイ ホテル&バンガローズに到着すると、まずはウェルカムレイやホテル特製のトロピカルフルーツジュース、冷たいおしぼりで出迎えてくれます。モンゴシェルという小さな貝殻とククイの実で作られたレイは、とてもかわいい♡

滞在中、ずっと首にかけている人もたくさんいました! 貝殻の色は数種類あるので、何色のレイを首にかけてもらえるかもワクワクしますね。


客室は大人のラグジュアリー空間

画像: 客室は大人のラグジュアリー空間

全341室ある客室のうち、約90%がオーシャンビューで、すべての客室にプライベートラナイ(バルコニー)が備えられています。テーブルとイス、デッキチェアが用意されたラナイで、刻一刻と移ろう景色を眺めて! 

今回、宿泊した「デラックスオーシャンビュー」は、約48㎡のゆとりある広さ。ハワイアン航空の新ユニフォームも手がけたハワイ島在住のデザイナー、シグ・ゼーンさんのデザインを取り入れたインテリアも、落ち着きのある上質な空間を演出しています。

天井のファンもリゾートらしい雰囲気! 洗面台が2つあることや、一部客室にウォシュレットを完備していることも、女性にはうれしいポイントです。


日本人ゲストも満足のアメニティ

画像1: 日本人ゲストも満足のアメニティ

アメニティは、固形石鹸、シャンプー、コンディショナー、バスジェル、ローションなど。シャンプーなどは、ココナッツの甘い香りがハワイらしく、量もたっぷり入っていました。スリッパと歯ブラシがあるのも、とってもうれしい!

画像2: 日本人ゲストも満足のアメニティ

お部屋にはコーヒーメーカーも用意され、コナ・コーヒーなどを飲めるほかに、紅茶と日本茶も。ペットボトルのお水は、1日に2本ずつ用意されます。のんびりとラナイでティータイムを楽しみたいですね!


邸宅型スイート「バンガロー」も!

画像1: 邸宅型スイート「バンガロー」も!

離れのバンガローも5棟あります。約250㎡の居住空間には、バスルーム付きの2ベッドルームに、開放的なリビングスペースなどが。キッチンもあるので、別荘感覚でのステイを楽しめます。

さらに、ラナイにはプライベートプールやジャグジー、バーベキューグリルもある、本当に贅沢な造り! 最大大人6人で利用できる豪華な完全プライベート空間で、特別な時間を堪能したいですね♪

画像2: 邸宅型スイート「バンガロー」も!

 

遊び尽くせないほどの多彩な施設で
思う存分、リゾートステイを満喫!

プールやビーチで沈む夕日を眺めよう

画像1: プールやビーチで沈む夕日を眺めよう

メインプールや子どもが遊べる噴水、ジャグジーを備えたプールエリア。今回の滞在中は、午前中から利用する人が目立っていましたが、水平線に沈む夕日を眺める絶好のスポットでもあるんです。

画像2: プールやビーチで沈む夕日を眺めよう

夜にライトアップされたジャグジーで、1日の疲れをとるなんて使い方もオススメですよ♪

画像3: プールやビーチで沈む夕日を眺めよう

早起きして誰もいないビーチで波音を聞きながら、薄っすらと色づく空を眺めるのも最高のひとときです!


ハワイ随一の海越えゴルフコース

画像1: ハワイ随一の海越えゴルフコース

ハワイ旅行の目的がリゾートゴルフという人も多いはず。マウナ ラニ リゾートのゴルフコース「フランシス エイチ イイ ブラウン ゴルフコース」は、著名なゴルフ誌からも表彰されるなど、世界的に高い評価を得ているコースです。

海に面して広々としたコースが多いサウスコースや、溶岩台地の黒と緑のコントラストが美しいノースコースの全36ホールで、絶景とプレーを楽しんで!
 

画像2: ハワイ随一の海越えゴルフコース

クラブハウスのレストラン「ジャパニーズレストラン しおの」では、お蕎麦やお寿司などのおいしい日本食もいただけます。


小鳥の声をBGMに癒やしの時間を過ごす

画像: 小鳥の声をBGMに癒やしの時間を過ごす

伝統的なハワイアンセラピーを取り入れた「マウナ ラニ スパ」で、心身ともにリフレッシュ! 特に、屋外にある萱葺き風のハレ(ハワイ語で、家)でそよ風を感じながら受けるトリートメントは、まさに至福の時間♡


敷地内のパワースポットを巡る!

画像1: 敷地内のパワースポットを巡る!

世界3大パワースポットの1つと言われる、マウナ ラニ リゾート。その中でも特にパワーが強い!と言われているのが、かつて王族によって管理されていた養魚池「フィッシュポンド」です。朝の爽やかな空気の中、周辺を散歩して、パワーをチャージしてみては?

画像2: 敷地内のパワースポットを巡る!

「ペトログリフ(岩盤彫刻画)」も必見! フィッシュポンドと併せてまわれるホテル主催の「ハワイアンヒストリカルツアー」などもあります。宿泊者は無料で参加できるのでオススメです!

画像3: 敷地内のパワースポットを巡る!

「洞窟住居(シェルター・ケーヴ)」は、流れた溶岩の外側が固まり、中に空洞ができたことで形成された溶岩洞窟。

古代ハワイアンが、住居や仕事場、貯蔵の場として利用していた場所で、この洞窟の奥には “モー(ハワイ語で、霊魂)” が棲んでいると信じられていたそう。実はこの洞窟、写るんです!!!! ……と言っても、心霊現象ではなく、オーラが。

画像4: 敷地内のパワースポットを巡る!

洞窟の奥の天井に、1ヵ所だけ穴が開いている部分があり、そこから自然光が差し込んでいます。そこに立ってシャッターをきると……

画像5: 敷地内のパワースポットを巡る!

こんなに神秘的な写真が撮れるんです。オーラの色や形は、映る人によって異なります。どんなオーラが映るか、試してみてください!


お土産が一気に揃うショップ群

画像1: お土産が一気に揃うショップ群

「ザ・ショップス・アット・マウナラニ」には、ジュエリーやファッションアイテムが揃うショップや、飲食店が充実。ローカルスーパーマーケットの「フードランド・ファームズ(Foodland FARMS)」もあるので、食品やお菓子、日用品など、なんでも購入できちゃいます!

デリを買ってラナイで朝ゴハンなんていうのもオススメです。お散歩がてら徒歩で行くもよし、無料のレンタサイクルでハワイの風を感じながら行くもよし。無料シャトルもあるので、ちょっと買いすぎても安心ですよ!

画像2: お土産が一気に揃うショップ群

 

旅の楽しみとしてハズせない
眺望とともに堪能するグルメ

海辺のメインダイニングでディナー

画像1: 海辺のメインダイニングでディナー

ギターの生演奏と波の音を聞きながら、地元の新鮮な食材をふんだんに使って作られる、アラン・ナグン料理長のオリジナリティあふれるハワイ リージョナル キュイジーヌを堪能できる「カヌーハウス」。ハワイ島の中でもおいしい店として評判で、宿泊客以外にも訪れる人が多いそう。

画像2: 海辺のメインダイニングでディナー

ランプの灯りが幻想的に揺らめく中で、トロピカルカクテルや絶品料理をいただきましょう!

画像3: 海辺のメインダイニングでディナー

レストランの前に広がる海辺では、ホヌ(ハワイ語で、海亀)にも出会えました♡ ハワイでホヌは、幸せを運んでくれる海の守り神と言われ、とても大切にされているそう。見かけたら、少し離れたところから、そっと見守って!


朝食は「ベイテラス」のビュッフェを

画像1: 朝食は「ベイテラス」のビュッフェを

オープンエアのテラス席でいただく、ハワイアンスタイルの朝食ビュッフェ。フレッシュなコナコーヒーやトロピカルフルーツジュースとともに、好きなメニューを好きなだけ味わって。

画像2: 朝食は「ベイテラス」のビュッフェを
画像3: 朝食は「ベイテラス」のビュッフェを
画像4: 朝食は「ベイテラス」のビュッフェを
画像5: 朝食は「ベイテラス」のビュッフェを

ハワイらしいパンケーキやエッグベネディクト、フルーツなどなど、どれもおいしい♡ 好きなトッピングを選んで、目の前で仕上げてもらえるオムレツもぜひ! 和食コーナーもあったので、日本食が恋しくなっても安心です。

テラス席はとっても気持ちがいいですが、小鳥たちもおいしい朝食を狙っているので、離席する際はお気をつけください!
 

画像6: 朝食は「ベイテラス」のビュッフェを

遊んで、感じて、食べて、買って……。1泊だけじゃ絶対に満喫しきれないほどのリゾート「マウナ ラニ リゾート」で、最高の滞在を!

マウナ ラニ ベイ ホテル & バンガローズ
68-1400 Mauna Lani Drive, Kohala Coast, HI 96743
☎808-885-6622
☎03-5428-5767(ジャパンオフィス)
1泊1室(2名までの利用)419ドル~
※別途リゾート・アクティビティー・パッケージ:1泊1室あたり30ドル

協力:ハワイ州観光局
ハワイ州観光局総合ポータルサイトallhawaii
https://www.allhawaii.jp/

 
ハワイ島に行くなら、コチラもチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.