お弁当ってなんだかうれしい。外で食べると、よりいっそうおいしくなる。お花見シーズン真っ只中の今、料理のプロにお弁当のレシピやアイデアを教えていただいた。
 

仲間とシェアしながら食べる楽しさ
8ablishのベジランチBOX

画像: 仲間とシェアしながら食べる楽しさ 8ablishのベジランチBOX

「無意識のうちに健康で幸せになれる場所」がコンセプトの8ablish(エイタブリッシュ)は、本格的な味わいのヴィーガン(純菜食主義)料理とワインをカジュアルに楽しめるレストラン。健康や美容にもいいとあって、パーティ会場などのケータリングでも人気を集めている。

今回、提案していただいたランチボックスも、彩り美しく、手軽に作れるうえ、動物性の食材を使わなくても大満足の食べごたえ。仲間たちからも歓声が上がるはず!
 

01.
冷めてもおいしい
野菜のグリル

画像: 01. 冷めてもおいしい 野菜のグリル

マッシュルーム、一口大に切ったパプリカとズッキーニ、ゆでたとうもろこしを、オリーブオイルと塩、こしょう、みじん切りのにんにくで20分ほどマリネしておき、220度のオーブンで火が通るまで焼く。ハーブを添えると香りがよい。
 


02.
疲れを癒やしてくれる
フレッシュ&ドライフルーツ

画像: 02. 疲れを癒やしてくれる フレッシュ&ドライフルーツ

糖分補給も大切なポイント。水分のあるフレッシュフルーツは、喉が渇いたときにうれしいご褒美。濃縮した甘みのドライフルーツや、栄養価の高いナッツも加えて。
 


03.
揚げもので満腹に
テンペのフライ

画像: 03. 揚げもので満腹に テンペのフライ

ひと口大に切ったテンペに、水で溶いた小麦粉_パン粉の順で衣をつけ、油で揚げる。テンペ2枚の間に、トマトソースとケチャップ、ウスターソースを混ぜたものを挟み、プチトマトと合わせて串に刺す。
 


04.
ポイントは「水分をコントロールさせる」こと!
クスクスのサラダ

画像: 04. ポイントは「水分をコントロールさせる」こと! クスクスのサラダ

トマトときゅうりは細かく切り、赤玉ねぎとパセリはみじん切りにし、とうもろこしは粒をはずす。クスクス、塩、こしょう、ターメリックを少し入れて混ぜたオリーブオイルを加えて混ぜ、器に入れ、ふたをして。持ち歩く間に野菜から出た水分でクスクスが戻る。食べる際にレモンを搾って。

<POINT!>
野菜の水分はクスクスに吸わせたり、焼いて飛ばしたりと工夫して水分のコントロールを。

8ablish
http://eightablish.com/


Photo:Takafumi Matsumura Styling:Mariko Nakazato Composition:Shiori Fujii

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.