最新美白コスメを使うことと併走して、クリニックケアエクササイズを行い、相乗効果を狙う「ペアリング美白」なら、早い段階で肌変化が。夏が来る前に白さと透明感を実感して!

今回は、「敏感肌くすみ」というFRaU世代が抱えがちな悩みを、実感をもって解消できるようにするアプローチをご紹介。
 

最新コスメで
「バリア機能アップ」するべし!

3月は美白を始めるべきタイミングであるとともに、アレルギー症状によるゆらぎの季節でもある。ヒリつきやかゆみから無意識に肌に触れることが増え、その摩擦による黒ぐすみが発生。そんな負のスパイラルから抜け出すためには、バリア機能の立て直し&ガード機能の強化を徹底して。

画像: 最新コスメで 「バリア機能アップ」するべし!

01.環境ダメージ全般から守ってケア
紫外線、赤外線、大気汚染といった環境ダメージから保護。アトモスフィア エアリー ライト UV エマルジョン SPF30・PA+++ ¥7500(編集部調べ)/SK-Ⅱ

02.寝ている間に肌のバリア機能アップ
細胞の活力低下が引き起こす色素沈着をブロック。上質な眠りへ誘う、ひんやりとしたなめらかなテクスチャー。ル ブラン マスク 50ℊ¥9000/シャネル(限定)

03.悪影響を及ぼす外的要因をブロック
エイジングケアと同時に紫外線による肌ダメージからも守る。クレ・ド・ポー ボーテ クレームUV SPF50+・PA++++ 50ℊ¥9000/資生堂インターナショナル

04.塗って寝るだけでダメージ肌回復
抗酸化、抗炎症、抗糖化作用に優れた植物エキスが、慢性的なシミ炎症を抑制。ホワイト-プラス ブライト ナイト ジェル(医薬部外品)50ℊ¥9000/クラランス

05.ぴりぴり肌を優しくガード
バリア機能を強化する新ラインの日焼け止め。カルテ クリニティ マイルド プロテクター UV SPF50+・PA+++ 50㎖¥1800(編集部調べ)/コーセー

06.紫外線&大気汚染から肌を守る
有害な浮遊微粒子が肌に付着するのをガード。天然由来成分94%ながら頼もしい防御力。バランシング UV プロテクターSPF40・PA+++ 30㎖¥4200/THREE
 

「体質改善」するべし!

最新コスメと併走して進めたい「体質改善法」を3つピックアップ。
 

01. ビタミンC&L-システインで
   ガード力を強化

待望の飲むホワイトショット
オリジナルの原料を複合的に配合し、透明感アップをカラダの内側からサポート。ビタミンCも豊富。

画像: ホワイトショット インナーロック リキッド I X 3 0 ㎖ × 10 本¥5 800/ポーラ(5月1日発売)

ホワイトショット インナーロック リキッド I X 3 0 ㎖ × 10 本¥5 800/ポーラ(5月1日発売)


かんぱん以外のシミ&そばかすに
肌代謝を正常化する働きもあるL-システイン配合。かんぱん以外のシミ・そばかすに。

画像: トランシーノホワイトC(第3類医薬品)180錠¥2600(編集部調べ)/第一三共ヘルスケア

トランシーノホワイトC(第3類医薬品)180錠¥2600(編集部調べ)/第一三共ヘルスケア

 

02. タブレット乳酸菌で免疫力UP

生きた乳酸菌を腸までデリバリー
乾燥、熱、圧力、酸に強い有胞子乳酸菌を採用。乳酸菌が生きたまま、しっかりとお腹まで届く。

画像: プロバイオティクス 有胞子乳酸菌 60カプセル¥4000/ウォブクリニック中目黒

プロバイオティクス 有胞子乳酸菌 60カプセル¥4000/ウォブクリニック中目黒


カラダの中から強くなりたい人に
乳酸菌飲料「カルピス」の研究を起源にもつ、選び出されたオリジナルの「L-92乳酸菌」を配合。

画像: アレルケア 60粒¥3360(税込)/カルピス健康通販

アレルケア 60粒¥3360(税込)/カルピス健康通販


 
03. 漢方で体質を根本改善

画像: 03. 漢方で体質を根本改善

中医学講師の相談を予約
漢方の老舗イスクラ薬局には、予約制で中医学講師による相談が可能。漢方薬はもちろんのこと、食生活や生活習慣における改善点を見い出し、アドバイスをくれる。補気、補腎、補精のパワーを持つ生薬配合「星火亀鹿仙」(¥17500)などの販売も。

画像: 星火亀鹿仙 ¥17500

星火亀鹿仙 ¥17500

イスクラ薬局六本木店
東京都港区六本木7-3-4栗山ビル2F
☎03-3478-4382
初診料¥5000(相談のみ)

 
 
 
▼ほかの「ペアリング美白」はコチラ!

 

アドバイスをいただいたのは……

ウォブクリニック中目黒
髙瀬聡子先生
皮膚科、美容皮膚科医。〝ナチュラルアンチエイジング〞を掲げ、クリニックとともにドクターズコスメの開発に携わる。美容業界内での信頼も厚く、髙瀬先生のもとに足しげく通う者も多数。


Photo:Shu Ashizawa(S-14) Styling:Chie Ninomiya Cooperation:HAJIYOSHIDA(ceramic) Composition:Sachico Maeno

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.