ホンネは小さなバッグひとつで優雅に動き回りたいけれど、現実はそうもいかず荷物はたくさん。そこで、働く素敵な女性たちに荷物が多い日のバッグスタイルを取材してみると “サブバッグ前提でメインは小さめ” ということが判明。今回はサブバッグにもスポットを当てつつ、バッグの中身も大調査!

今回ご紹介する方は……

フリーランスPR/ライター
曽根加南子さん

画像1: フリーランスPR/ライター 曽根加南子さん

「私の中でサブバッグは、“メインにもなり得るバッグ” というのが条件。今日持ったキャンバスバッグはBED&BREAKFASTのもので、シンプルさが気に入ってかれこれ1年以上使っています。メインバッグを持つのが面倒な時は、これだけで出掛けることもあります。

画像2: フリーランスPR/ライター 曽根加南子さん

お弁当を持ち歩く日もあるので、マチがあるところもいいですね。PCもすっぽり入って安定感も抜群なので使い勝手がとてもいいです。これで1泊旅行も行けちゃいますよ」

 

何度も洗って使って洗濯じわが
それもまた味

画像1: 何度も洗って使って洗濯じわが それもまた味

「メインバッグに入れているのは財布、名刺ケース、ハンカチ、Bluetoothのイヤホンくらいで、あとは全てサブバッグに入れています。

画像2: 何度も洗って使って洗濯じわが それもまた味

毎日旦那さんのお弁当を作ることが日課なので、たまに自分の分も一緒に作って仕事に持って行ったりもしています。結構美容ケアグッズも持ち歩いていて、白いケースのものはPLOSIONの炭酸ミスト ハンディセット。乾燥してきたなって時やリフレッシュしたい時にワンプッシュしてマッサージすると血色が良くなるんです。

ハンドクリームは保湿力の高いエリザベス・アーデン、サニタイザーはドクターブロナーのもので食事の前に使っています。香水はジョー・マローン。旅を通してその人が感じたことを覗き見できるのが面白くて、最近、旅行記にはまっています」

 

ほかの人はこんな風に使ってる!
【TOKYO BAG SNAP】

 

PROFILE

フリーランスPR/ライター
曽根加南子さん
フリーランスのPR、ライターとして活動中。料理の腕前はプロ級。インスタグラム@sonekanaに投稿している『#おそね飯』にも注目。


Photo: Kyosuke Azuma Composition: Yumiko Ito

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.