大人になるにつれて、失われていく血色感。「でもあからさまなのはイヤだし、チークを入れないほうが洋服がこなれて見える気がする……」。そんな〝チーク迷子〞のあなたに捧げる、MICHIRU流テクニックの永久保存版。

教えてくれたのは……
MAKE-UP ARTIST
MICHIRUさん
パリやニューヨークで経験を重ね、雑誌や広告をはじめとする幅広いフィールドで活躍する。ナチュラルでヘルシーなものへの知識も深い。

仕込みのチークに重ねる
仕上げのチークを覚えましょう。

▼【STEP1】
 “仕込みのチーク”テクニックは
 コチラからチェック!

 
STEP1である程度必要な血色は手に入ったので、上からのせるチークは〝メイクの最終調整役〞と考えるのがオススメです。

先にアイメイクとリップを仕上げてから、どれくらい頰に色が必要なのかを見極めて。ファッションに合わせて色を選ぶことも意識してくださいね。
 

“なじませ系”にしたい場合は……

画像: シャツブラウス¥4490/ザラ・ジャパン カスタマーサービス(ZARA) キャミドレス¥19000/シティショップ(CITYSHOP) イヤリング¥10000/シック(ザ ダラス) スカーフ/スタイリスト私物

シャツブラウス¥4490/ザラ・ジャパン カスタマーサービス(ZARA) キャミドレス¥19000/シティショップ(CITYSHOP) イヤリング¥10000/シック(ザ ダラス) スカーフ/スタイリスト私物

2色の合わせ技で生まれる、表情に寄り添う優しいニュアンス
『チークを塗ってます』という印象を与えずに、ごく自然に明るく色づいた頰にするなら、コーラルとブラウンの2色使いを。ふんわり自然な明るさを加えつつ、肌とチークのつなぎ役に影色を足すことでグッと自然に。このひと手間が、大人に似合うチークにしてくれます。
 

主役&つなぎの2色使いがカギ

コーラル&ブラウンのパウダーチーク

画像: コーラル&ブラウンのパウダーチーク

A.ADDICTION

「赤みとのバランスが丁度よいノンパールのコーラル。フレッシュに見せつつ絶妙になじむんです」。
ブラッシュ グッドガール ¥2800/アディクション ビューティ

 
B.laura mercier

肌の色+α程度の淡い発色のため、ほのかにトーンアップを叶えて肌の白さを格上げしてくれる。
セカンドスキンチークカラー ローズペタル ¥2800/ローラ メルシエ

 
C.GIVENCHY

計算された4色のブラウンカラーは、混ぜる具合でさまざまな影色を作り出せる。繊細なパール入り。
ル・プリズム・ブラッシュ 26 ¥6300/パルファム ジバンシイ

 
D.THREE

スキントーンの延長で引き締めてくれるから、どこまでもナチュラル。浮かない優秀な影色で使いやすい。
シェードカラーチーキーシークブラッシュ 12 ¥3000/ THREE
 

[ How to Make-up ]
頰の血色を顔側面の影と
つなげて溶け込ませる

01.
頰骨にコーラルチークを斜めにのせる

画像: 01. 頰骨にコーラルチークを斜めにのせる

Aをブラシに含ませ、耳上に向かって頰骨にタマゴ型に広げていく。サッサッと払うのではなく円を描くように往復させると自然なグラデーションに。

 

02.
こめかみと頰下に影色をプラスする

画像: 02. こめかみと頰下に影色をプラスする

①でのせたチークとつなげるように、Dのブラウンをこめかみと頰下部分にふわっとレイヤードする。そうすることでチークが骨格の一部に溶け込む。
 

MICHIRUさんから

周りの人から「チークを入れてるね」って言われたら、ダメだと心得て!

 
Make-up:MICHIRU(3rd) Photo:TISCH(UN/model),SHINTARO(still) Hair:Koichi Nishimura(angle) Styling:Chisato Takagi Model:Cecil Kishimoto Illustration:Akane Ogura Text:Kazuko Moriyama

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.