# FRaUマイベスト
私が好きなこの瞬間~浅田真央選手~

フィギュアスケートには、「この選手のこの大会のこの瞬間!」という忘れられないシーンが数あるもの。一つに絞るのは難しいけれど、あえて選んでもらったマイベストをTwitterで募集しました。フィギュアスケートファンから多くの声が寄せられた「#FRaUマイベスト」の中から、4/10に自身のブログで現役引退を表明した浅田真央選手のベストシーンを紹介します!

画像: 『FRaU』2016年3月号、2017年3月号

『FRaU』2016年3月号、2017年3月号

2014年ソチオリンピックFS
「ピアノ協奏曲第2番」の
3Loを降りた後からフィニッシュまで

まさかの16位となり、「何も分からない」と呆然と答えたSPから一夜。見事に立ち直った浅田選手は、FSで3Aを含むすべてのジャンプを決め至高の演技を見せる。最後のジャンプを降りると「よしっ!」と呟き、その全スケート人生を乗せるかのように疾走した姿に、世界中が嗚咽した。

「1つに絞るのは難しいけど、死ぬ前にもう一度だけと言われたらやっぱりコレかな。ソチ五輪FS、3Loを決めた後に腕を突き出したところ~怒濤のステップ~加速するコレオスパイラル~涙のフィニッシュ。見るたびに涙が溢れてしまう魂の演技だと思う」
@hiroooooomi62

「最後の3ループジャンプを降りた瞬間、差し伸べられた腕の力強さに彼女の万感の思いが込められているようで、演技の中で一番胸が詰まった」
@langua_de_gato

「最後の3Loが決まり『よしっ!』と唇が動いたのが見えたとき。この瞬間に涙がこぼれ出ました」
@yunnanal68


▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.