お休みの前日や連休中、乾杯する機会も増えますよね。ついつい飲み過ぎてしまい、翌日、楽しみにしていた予定をキャンセルせざるを得ない状態になるなんてことは絶対に避けたいところ。翌日がお仕事の場合はなおさら二日酔いになっている場合じゃありません! お酒が抜けず、二日酔いの状態が続いたまま飲み会を続けていると症状を悪化させることも……。

今回は二日酔いの原因とともに、飲む前・飲んでいる間・寝る前にできる簡単な対策法をご紹介します。その日の酔いは、その日のうちに解消しましょう!

 

飲みすぎは、
カラダを脱水させ低血糖に!?

画像: 飲みすぎは、 カラダを脱水させ低血糖に!?

二日酔いは、肝臓でアルコールを分解するときに発生する“アセトアルデヒド”という有害物質が、代謝しきれず身体内に残ってしまうことが原因。また、アルコールを分解する力があっても、代謝するときに、体内の水分と糖を消費するため、体は脱水状態や低血糖状態に近くなり、疲労感や不快感、頭痛など、つらい症状が発生します。肝臓の代謝をよくして、脱水と低血糖を防ぐことが二日酔い対策には重要です。

こんな飲み方は二日酔いに!
☑ すきっ腹で飲む
☑ つまみを食べずに飲む
☑ まずは、ビールから、と飲み始める
☑ 赤くなっても飲む
☑ 夜遅くまで飲む
☑ ストレス解消のために飲む


NEXT≫「お酒を飲むとき意識したいポイントとは?」

This article is a sponsored article by
''.