忙しい日常だからといって、外食が続くと栄養が偏ってしまうもの。とはいえ、毎日、一汁三菜を自炊するのはちょっと厳しい。私たちが求めているのは、パパッと作れて、野菜がたっぷり摂れて、ちゃんとおいしいごはん。

ここでご紹介するのは、そんな要望に応えてくれるパワーサラダのレシピです。ウィークデイはこのパワーサラダで、おいしさも健康も手に入れて。
 

▼そもそも、
“3栄養素を満たすパワーサラダ”って?

 

教えてくれたのは……

植松良枝さん
雑誌や書籍などで活躍している料理研究家。旬を大切にした料理に定評がある。四季を通じて行う菜園での野菜づくりのほか、ヨーロッパや東南アジア、インドに旅し、その土地ならではの食文化にふれることをライフワークとしている。
 

牛肉とアボカドのクスクスサラダ

画像: 牛肉とアボカドのクスクスサラダ

【3 FACTOR SALADE】
(炭水化物):クスクス

(タンパク質):牛肉

(野菜、果物):アボカド、キウイ、香菜(シャンツァイ)

牛肉は室温に戻してから両面で3~4分焼くと、写真の焼き加減に。焼いてすぐに切ると肉汁が出てしまうので要注意。ステーキ肉は食べ応えがあり、少量でも満足感がある。

 
◆材料(1人分)

牛ステーキ肉………………120g
クスクス……………………1/3カップ
アボカド……………………小1個
キウイ………………………1個
香菜(パクチー)…………20~30g
レモン汁……………………大さじ1
にんにく(すりおろす)…少々

(A)
・しょうゆ…………小さじ1と1/2
・オリーブオイル…適量

オリーブオイル……適量
塩・こしょう………各適量
タバスコ……………適宜

 
◆作り方

1. 牛肉は室温に戻しておき、焼く直前に塩・こしょう各少々を振る。

2. クスクスは耐熱容器に入れて同量の熱湯をまわし入れてなじませ、ふたをして10~15分蒸らす。オリーブオイル小さじ1と塩少々を加え、パラパラになるまでほぐす。

3. アボカドを小さめのひと口大に切ってボウルに入れ、レモン汁を加えて、よくなじませる。ひと口大に切ったキウイとにんにく、塩少々を加えて和える。

4. 熱したフライパンにオリーブオイル小さじ2をひき、牛肉を入れて強めの中火で加熱する。香ばしい焼き色がしっかりついたら裏返し、好みの焼き加減に焼く。5分ほど休ませてから、食べやすい大きさに切る。

5. 2~4を器に盛り、香菜のざく切りとを添える。好みでタバスコをかけていただく。
 

▼こちらの記事もチェック!


Cooking:Yoshie Uematsu Photo:Wakana Baba Styling:Mariko Nakazato Text:Shiori Fujii

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.