いつもよりゆっくりと過ごせる土曜日は、食材選びや盛り付けにこだわったランチを楽しみたい。家で食べるごはんだからこそのおいしさを、人気料理家の冷水希三子さんに提案していただきました。

画像: 土曜日にやりたい!3ステップで作る「こだわりランチレシピ」

 
寝ぼけていてもできるくらい簡単!
だけど、押さえるべきポイントが3つ

鶏肉は、だしをとるためではなく、肉自体を味わいたいから、焼いてからスープと合わせること。キャベツはじっくり焼いて甘みを引き出すこと。果物は薄皮をむくことで、ドレッシングのように野菜になじませること。
 

春野菜と鶏肉をさっと煮る
「チキンとグリーンピースのブレゼ」

画像: 春野菜と鶏肉をさっと煮る 「チキンとグリーンピースのブレゼ」

◆材料(1~2人分)

鶏もも肉骨付き…1本

(A:混ぜる)
グレープフルーツ果汁…50ml
塩…………………………小さじ1/2
EXVオリーブオイル……大さじ1と1/2
タイム……………………5本

グリーンピース(正味)…100g
新玉ねぎ……………………1/2個 

(B)
タイム……5本
白ワイン…50ml
水…………200ml
バター……20g
塩…………適量


◆作り方

1. マリネした鶏肉を焼く
鶏もも肉は関節部分で切り分け、と混ぜてひと晩おく。室温に戻し、190度のオーブンで13分焼く(またはフライパンで表面を焼く)。

2. スープを煮る
鍋にグリーンピース、2㎝幅のくし切りにした新玉ねぎ、を入れ、中火にかける。

3. 鶏肉とスープを合わせる
沸騰したらの鶏肉を加え、バターをちぎって散らし、ふたをして弱火で15分煮る。塩で味を調える。
 

焼き色も味つけのうち
「春キャベツのグリルレモンクミンソース」

画像: 焼き色も味つけのうち 「春キャベツのグリルレモンクミンソース」

◆材料(1~2人分)

春キャベツ……………1/4個
クミンシード…………小さじ1/2
レモン…………………適量
EXVオリーブオイル…適量
塩………………………適量


◆作り方

1. キャベツを切る
春キャベツは芯をつけたまま縦半分に切る。

2. フライパンで焼く
フライパンに入れて中火にかけ、焼き色がつくまでじっくり加熱する。EXVオリーブオイル少々を振り、裏返し、もう片面にも焼き色をつける。器に盛る。

3. 味つけする
フライパンをきれいに拭き、クミンシードを入れて弱火にかけ、乾煎りする。に振りかけ、レモンをしぼり、EXVオリーブオイル、塩をかけて味をつける。
 

柑橘がドレッシングになる
「うどと甘夏のサラダ」

画像: 柑橘がドレッシングになる 「うどと甘夏のサラダ」

◆材料(1~2人分)

うど……………………1本
甘夏……………………4房 
塩………………………ひとつまみ 
EXVオリーブオイル…大さじ1

 
◆作り方

1. うどを切る
うどは皮をむき、2㎝大の乱切りにし、レモン汁(分量外)を少し入れた水にさらす。

2. 甘夏をカットする
甘夏(好みの柑橘でもOK)は薄皮をむき、1㎝大に切る。

3. 合わせて味つけ
ボウルに水けを拭いたを入れ、塩とEXVオリーブオイルで和える。
 

PLUS ONE POINT!

デザートを食べるなら……

さっとできるデザートを覚えておくと、甘い〆が欲しいというときに役立つ。例えば、リコッタチーズにさくらんぼなどの果物をのせて、はちみつをかけるだけでもOK。または、アイスクリームをクッキーでサンドして、側面に砕いたナッツをまぶして固めるのもいい。
 

教えてくれたのは……

冷水希三子さん
料理家。季節ごとの味を大切にした、美しい料理に定評がある。書籍や雑誌、広告などで、料理にまつわるコーディネート、スタイリング、レシピ制作を手がけるほか、ブランドやメーカーの商品・メニュー開発のディレクションも。近著に『スープとパン』(グラフィック社)『ハーブのサラダ』(アノニマ・スタジオ)などがある。http://kimiko-hiyamizu.com


Cooking&Styling:Kimiko Hiyamizu Photo:Yumiko Miyahama Text:Shiori Fujii

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.