やりたいことってどうやって
見つけたらいいんですか?
(34歳・未婚・金融関係)

銀行に正社員として勤めているけど、この仕事が嫌で嫌でたまりません。月曜日はどんよりした気分で出勤し、金曜日に向けて少しずつ元気が出てくる、そんな毎日です。給料や待遇はいいし、独身で収入は大事なのでずっと続けてきましたが、もうすぐ35歳。転職するには最後のチャンスの年齢だと気づきました。が、これといってやりたいことがあるわけでもなし。でも、今の仕事を定年まで続けるのだけはゾッとする。どうしたら自分のやりたいことを見つけられるのですか? 結婚して家庭に入りたいと思ってきていたので、やりたいことを探してきた経験がないのです……。


◆夏木マリさんのアンサー

やりたいことを見つけたいとか、天職じゃないかもしれないとか、そういった思いは誰しもあると思うの。私だっていまだに思いますから。歌ったり演技したりではなく初めから演出を目指すべきだったのか、お洋服が好きだからスタイリングもしてみたかった、とか……。

でもそういうことはとりあえず置いておいて有給休暇をとって、何も考えずに旅に出てごらんなさい。狭い世界で、ルーティーンの毎日を送っているから感謝の気持ちがなくなるのよ。そういう時に旅をすると、いつもとちがう感覚に出会えますから。旅先は、自分の価値観だと「え、こんなことってありなの!?」と思うような、全然知らないところがおすすめよ。そこで見て感じた何かが、きっとどこかで自分の琴線に触れると思うの。で、私やっぱり銀行員が向いているかもしれない、結構毎日楽しいかもしれない、と感じるの。

そもそも、仕事をやめる必要なんてまったくないですよ。私の知り合いのフランス人は、やりたいことのために仕事しているって言うんです。生活を守るために働いて、仕事以外で自分らしくいるための術を考える。プライオリティが全く違うのね。そういう人たちと接すると、仕事がつまらないから転職しようっていうのは、何か違うかもって思いますよ。だってお給料もいいんでしょ? 土日も休みなんでしょう? いろいろやりたいことできるじゃないですか。それをすぐ転職と結びつけるというのは、幸せすぎて目先が狂っていると思います。


▼前回の記事はコチラ!

 

PROFILE

画像: ©HIRO KIMURA

©HIRO KIMURA

夏木マリ Mari Natsuki
’73年歌手デビュー。’80年代から演劇にも活動の場を広げる。今春「印象派NÉO vol.3 不思議の国の白雪姫」東京・京都公演を成功させ、4/25パリ公演を予定。また、5月からはライブハウスツアー「MAGICAL MEETING TOUR Live & Talk 2017」を決行する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.