無音の環境が好きだという彼女の、その内側で、常に音楽的なリズムが躍動しているように感じられた。女優として一時代を築きながら、主婦業に勤しむことにした理由。結婚について。仕事について。子供について。最近再開したフラメンコについて。年をとることについて――。

あらゆる質問の答えに、彼女らしいスタイルがある。100年先に残るものを生み出していくために、今日を精一杯生きる。彼女の体内からしか生まれない彼女の言葉は、聞き手の心に風を起こす。無意識的に、人生を音で形作っていくようなその言葉は、100年先に生きる人たちの心にも響く、〝風の歌〞なのかもしれない。

 

今、私たち大人の志や心意気が
試されている気がします

画像: 今、私たち大人の志や心意気が 試されている気がします

歌うように話す人だ。

彼女が、約2時間にわたるインタビューの中で、一番多く口にした言葉が〝人間〞。それは山口さんが俳優でも妻でも日本人でもなく、一切の肩書を排除した上で、男も女も関係なく、人間を見つめ、自分の足で立っていることの表れなのかもしれない。

たとえば、昨年春に放送された連続ドラマ『心がポキッとね』で共演した水原希子さんのことを、「希子ちゃんは、本当にいい〝人間〞ですね」と評した後、「すごく純粋で頼り甲斐のあるヤツです」と続けた。その〝ヤツ〞という言葉のチョイスが、愛を感じさせる。

「顔をぐちゃぐちゃにして体当たりで演じてた。あの若さで、人からよく見られたいという意識を捨てて、かっこ悪い自分もさらけだせるなんて、骨太だなぁって思いました。今の時代って、〝突出してはいけない〞〝失敗してはいけない〞って考え方に縛られて、無難にすまそうとする人が多い。私はそういう、平均的に単一になっていく世界って寂しいと思う。世界はもっと色とりどり、様々な個性で輝いていてほしい。人と同じではつまらないでしょ? 平均点ばかり狙ってたら、面白いものなんか世の中に生まれてこない。

こんなふうに失敗を極端に恐れる時代から、どう抜け出すか。今、私たち大人の志や心意気が試されている気がします。希子ちゃんは、若いのにそういう世の中の風潮に迎合しない。男気を感じますね(笑)」

かくいう山口さんも、男気の人だ。そして意外なことに、様々なコンプレックスを、自分が前に進むための燃料にしている人でもある。

 

NEXT≫「仕事を始めた理由は、極々シンプル。ほんと、不純な動機です(笑)」

This article is a sponsored article by
''.