老若男女問わず人気のウェブメディア「現代ビジネス」と、30代の働く女性を読者に持つ「フラウ」のコラボが実現。彼女たちが「今、気になっていること」をベースに、壇蜜が踏み込んで論じる。

現代ビジネスとは?
http://gendai.ismedia.jp/

第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基き記事を届けるWEBメディア。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムを感じさせる媒体。

 

壇蜜「自由と責任」

画像: Art Work:Momoko Nakamura

Art Work:Momoko Nakamura

 私はこれまでさまざまな仕事を経験してきましたが、人生の最初の転機は? と聞かれれば、中学生の頃に読んだ『自由と責任』という本を思い出します。とても難しくて、書いてあることを全て理解することはできませんでしたが、それでも、ものごとには必ず表と裏があること、その両極を俯瞰して捉える感覚をこの本から学びました。

 私は中学高校を女子校で過ごしました。とても厳しい学校であれはダメ、これもダメという環境でしたが、あの頃の経験がなければ今の自分はなかった気がします。なぜなら、「自由」の定義や解釈は本当に難しいことだから。自由を感じる前にある程度の不自由や理不尽にぶつかって、じゃあ不自由ってなんだろう、窮屈ってなんだろうと考えてみる。自由を感じる前にこうした経緯を辿るのはとても大事なことだと思います。

 しかも大人になると選択肢も増えるので、誰もがついラクな方、自由な方にいきがち。そんな時、違う方向にも目を向けるよう私たちを引き止めてくれるのは何か。考えてみると、それって “面倒くさいもの” なんですよね。作法やしきたりとか、普段は面倒と思うものに目を向けることが、今の30代の女性には求められているのではないかと。

なぜか周囲は何かにつけ “大人でなきゃいけない” “でも女でなきゃいけない” “でも強すぎちゃダメ、弱すぎてもダメ” と言う。今の女性は自由だというわりに、世間から「こうあってほしい」と思われる内容はまだまだ窮屈ですから。肩肘張らず、意地を張らずに受け流すことも、自分の自由を守るために必要な不自由だと思うのです。

 

NEXT≫「私は、いうなれば “職業的ド変態” なのでしょうね」

This article is a sponsored article by
''.