老若男女問わず人気のウェブメディア「現代ビジネス」と、30代の働く女性を読者に持つ「フラウ」のコラボが実現。彼女たちが「今、気になっていること」をベースに、鈴木涼美が踏み込んで論じる。

現代ビジネスとは?
http://gendai.ismedia.jp/
 
第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基き記事を届けるWEBメディア。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムを感じさせる媒体。

 

鈴木涼美「炎上の時代の不倫哲学」

画像: Art Work:Iku Kawaguchi

Art Work:Iku Kawaguchi

 夫の留守中に橋の撮影をしていた男と4日間の情事の末別れ、せめて遺灰を同じ場所に撒いてほしいと願う、そんな不倫はよそ事のファンタジーであったとしても、私たちの周りには既婚者の男性というのが溢れていて、その内の誰かと何か特別な関係になることは、それほど驚くべきことではない。少し注意して見渡せば、むしろそんな関係は巷に溢れている。

 
 裾野は広いのだ。先日、24歳の知り合いの女の子から「合コンでバツイチのイケメン見つけた」と報告があった。相手は39歳、超有名広告代理店の営業で、昨年末に離婚したのだという。24歳の人材派遣会社OLちゃんは、合コンの翌週の金曜に蛸のペペロンチーニが有名なイタリアンに誘われ、帰りに案の定、彼の家に行くことになった。なんでも、お互いジャッキー・チェンが好きということで話が盛り上がり、DVDを見ようということになったという。

 彼の家は目黒区のとても広く品のいいマンションで、離婚したてのその家には、まだまだ元奥さんのスリッパやら洗面用品やらが残っていた。まだそれほど深入りしているわけでもなかった24歳ちゃんは特に詮索することなく、「さすがに歯ブラシくらい捨てればいいのに~。未練タラタラじゃないの?」と軽口を叩いてジャッキー・チェン主演の映画の終盤あたりでセックスをした。

 彼については特に文句なしの肩書だが、なんだかいい匂いがしそうだったので、私は彼の後輩の知り合いだという大学の友人から辿り、全貌を把握した。もちろん、39歳営業マンは離婚などしていない。一昨年、盛大な結婚式を挙げた相手の航空会社の女性が里帰り出産中に、久しぶりに参加した合コンで羽を伸ばした、というのが事実。あるある、という感じの話ではあるが、あるある、という感じすぎて実際に身の回りで起こると結構感慨深い。

 
 図らずも不倫デビューした24歳ちゃんに、何の罪の意識もないだろうが、そういったことは日常的に起こりうる。罪の意識がないどころか、自分こそ被害者だと思っているだろうし、それはそれである意味では正しいのだが、それでも彼女は知らぬ間に不倫容疑者になっていたわけで、立場が立場なら週刊誌にすっぱ抜かれてCMやレギュラー番組を降板させられたかもしれない。そこまでいかなくとも誰かに責め立てられたり、SNSアカウントを閉鎖せざるを得ない状況に陥ったりすることはあるかもしれない。

 不倫という言葉の範囲は広いが、少なくとも閑職に追いやられた直後に出会った書道教室の女性講師とものすごく開放的なセックスを重ねる、というようなファンタジーはむしろ稀少なケースで、実際の不倫がもっと身近で日常生活と地続きの場所にあるというのはおそらく間違いない。だからこそ、ファンタジーとしての不倫は広く受け入れられ、事実としての不倫はアレルギー反応のように拒絶される。現在の未婚女性にとってリアルな不倫というのはおそらく大きく二つに分けられる。一方が貧困故の不倫、もう一方が富裕故の不倫である。

 

NEXT≫「罪悪感も被害者意識もほとんどない “貧困不倫” の特徴とは?」

This article is a sponsored article by
''.