ヘアケアを選ぶとき、“ノンシリコン” “ノンケミカル” に惹かれがちだけれど、あらためてケミカルに触れると確かに調子がいい。シリコンの扱いやすさとオーガニックの気持ちよさ、そのいいとこ取りで、髪質は上がりスタイリングも思いのまま。

今回は、「どちらかに偏るより、意味があってのハイブリッド」と語るbroocHディレクター・柳 亜矢子さんに、生まれつきの髪質も想像以上に簡単に克服できるケミカル系ヘアケアアイテムを紹介してもらいました。
 

教えてくれたのは……

broocH ディレクター
柳 亜矢子さん
きちんと女らしくてエッジィ、しかも自分で再現しやすいヘアスタイルの提案に定評あり。扱いやすい健やかな髪を育むケア法にも精通。
 

メラニンが濃く直毛が多い傾向がある
日本女性の髪を変化させるなら……

01. 寝癖のつかない髪にする

「ちゃんと髪質に合うもの、ニーズにマッチするものを使った方がスタイリングの時間を短縮でき、忙しい私たちのライフスタイルに合っている」

寝癖回避系ヘアケアは、まさにそれ。枕と頭の間で発生する湿気が髪の中に入り込んで寝癖をつくることに着目し、湿気の侵入を防いで寝る前とイコールの状態をキープ。

 

画像: 髪に瞬間浸透して有用成分を密封。寝癖フリーに。パンテーン インテンシブ ヴィタミルク 毛先まで傷んだ髪用 100㎖ ¥838(編集部調べ)/P&G

髪に瞬間浸透して有用成分を密封。寝癖フリーに。パンテーン インテンシブ ヴィタミルク 毛先まで傷んだ髪用 100㎖ ¥838(編集部調べ)/P&G


02. 髪質そのものを変える

硬い髪は一生、硬いまま、そう思っていない?
「安心を求めるならオーガニックはありだけど、効果や変化を求めるならケミカル系が◎。髪をなめらかにして摩擦を防ぎ、補修成分をなじみやすくするため、オーガニックだとケアしきれないパーマやカラーなどのケミカルダメージにも対応し、髪質悩みまでクリアに」

 

 


03. 髪そのものを若返らせる

「今は重めスタイルが気分だから、そこまでトップが高くなくてもいいけど、自然な立ち上がりが欲しい」と柳さん。

ほどよく立ち上げた根元を持続させるのが意外と難しいのは、髪のハリが衰えたり、頭皮がたるんで髪を自立させる力不足なのかも。独自のバイオプログラミング技術を搭載したレプロナイザー 3D Plusはそんな髪の構造を強化して、頭皮までも若々しく。

画像: ドライヤーの域を超える“美髪器”の進化版。髪をうるおし、使うほどつややかに。レプロナイザー 3D Plus ¥38000/バイオプログラミング

ドライヤーの域を超える“美髪器”の進化版。髪をうるおし、使うほどつややかに。レプロナイザー 3D Plus ¥38000/バイオプログラミング

 
▼こちらの記事もチェック!

 
●情報は、FRaU2017年6月号発売時点のものです。
Photo:Tamaki Yoshida(No.2) Hair:Tomo Tamura(perle) Model:Jennifer Text:Hiromi Narasaki

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.