[PR] スタイリスト・山脇道子さんが楽しむ「NEW up!」

仕事をしたり、買い物をしたり、好きな場所に出かけたり……。繰り返される当たり前の毎日を、もっと自分らしく、もっとワクワクする特別な日にしてくれる「NEW up!」が登場!

狭い道もスムーズに走り抜けられるコンパクトサイズながら、安全な走行のための最新技術も充実し、豊富なカラーバリエーションも魅力。そんなNEW up!のあるスタイルを、東京のクリエイターたちも楽しんでいます。
 

NEW up! についてはこちら
WEBマガジン “ Pack up! ”

NEW up! と同じく小さくても本質的な価値をもち、ミニマルな生活や考え方を志す方の暮らしが良くなるような「小さいけどしっかりしたモノ」を紹介するWebマガジン

“Pack up! Powered by Volkswagen up! ” は
▼こちらから

画像: NEW up! についてはこちら WEBマガジン “ Pack up! ”

スタイリスト・山脇道子さんの語る
「NEW up!」の魅力とは?


CREATOR.03
山脇道子

画像: CREATOR.03 山脇道子

スタイリスト。シンプルながらもエッジを利かせたスタイリングでモデルやタレントからの支持も厚い。

そんな山脇さんに今回、乗ってもらったのはNEW up!の限定車「up! with beats」。大人気のヘッドフォンブランド・Beatsとコラボレーションした高品質な音響と、よりエッジィなデザインが特徴です。
 

自分のクルマに合わせて
ファッションも楽しみたい

画像1: 自分のクルマに合わせて ファッションも楽しみたい

都会的なホワイトカラーのクルマのデザインにあわせて、モノトーンを基調にした旬のモードコーデにトライしてみました。そしてドライブをするならやっぱり動きやすさは重要。中でも、オシャレさを兼ね備えたファッションを選びたいですね。今日、私はヒールのあるシューズを履いているのですが、普段の運転の時はフラットなシューズが多いです。足元がフラットのコーデでも、ヒラッとしたスカートを合わせれば、女性らしさも活かせるのでオススメですよ。

私はクルマを選ぶ時、長く愛用したいという思いから気分に左右されないホワイトを選びがちですが、NEW up!はカラーバリエーションが豊富なクルマなので、それぞれに合わせてコーディネートを楽しむのもいいなと思いました。

画像2: 自分のクルマに合わせて ファッションも楽しみたい

 

限定車「up! with beats」だけの
おしゃれなデザイン

ホワイトをベースにしたカラーに、目にも鮮やかなレッドのポイントカラーのデザインがとてもクール。サイドに配されたラインのデザインも、スポーティな印象で素敵ですね。
 

アプリをいれたら
スマホがそのままカーナビに

画像: アプリをいれたら スマホがそのままカーナビに

スマホがカーナビ代わりになるっていうのが、とても嬉しいですね! アプリを入れるだけで、いつも新しい地図で走れるなんてとても便利です。なんでもスマホの中に入っているので、行き先も自宅で入力できるし、私たちのリアルにとてもあっているなと思いました。

小回りもきくし、常にお店が新しくなったり、細い路地の多い東京を走るにはぴったりなクルマだと思います!
 

高品質な音楽をとことん楽しめるのも
限定車「up! with beats」の
お気に入りポイント

洗練されたデザインと迫力のある音で、世界中のファッショニスタやミュージックラヴァーから大きな支持を集めているヘッドフォンブランド・Beatsとのコラボレーションも限定車「up! with beats」だけ。
普段、Beatsのヘッドフォンを使っているので、そのBeatsとコラボしたクルマがあるなんて驚きました。Beatsって、重低音が聞きやすいんですよね。だから、大きな音で音楽を楽しみながら海までドライブしたいです。

自分のスマホと簡単に連動もできて、いつも聞いているスマホ内の音楽をそのまま聞けるのも便利だと思いました。こんなにいい音がクルマで楽しめるなら、もっとドライブしたくなりますよね。

画像: up! with beats(ピュアホワイト)/2ドア:172万円~、4ドア:192万円~

up! with beats(ピュアホワイト)/2ドア:172万円~、4ドア:192万円~

 
▼こちらの記事もチェック!

 

【お問い合わせ先】
フォルクスワーゲン カスタマーセンター
☎0120-993-199

Photo&Movie:Tomoyasu Kanazawa Text:Aiko Hayashi Cooperation:Megumi Yamazaki
提供:フォルクスワーゲン

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.