今や生活に欠かせない “第二の脳” となったスマホやタブレット。多種多様な使い道があり愛用アプリも十人十色。そこで、センス溢れる様々なジャンルの達人に活用術を取材! 今回は、モデル・宮本彩菜さんの気になるアプリ事情をお届けします。

宮本彩菜さんのインスタやYouTubeには、一体どうやって作ったの!? という完成度の高いオシャレ動画がズラリ。どれも本人が撮影・編集していて、しかも無料アプリで制作している作品ばかりなんだとか。センス抜群の宮本さん愛用アプリを調査してきました!
 

教えてくれたのは……

画像: 教えてくれたのは……

宮本彩菜さん
モデル・クリエイター。自ら撮影&編集した動画・Gif・イラストなどが、国内外で注目を集める。インスタ@catserval、YouTubeの『Ayana Channel』は要チェック!
 

ピクセルアートと動画を
合成して一つの作品に!

画像: ピクセルアートと動画を 合成して一つの作品に!

「ピクセルアートが描けるサイトやアプリがあるので、それを使って絵を描きました。そして絵のテレビ画面をグリーンで潰して、そこに動画をはめ込むクロマキー動画に(ブルーバックを透過できる合成技法)。アプリだと『Video Star』でこういう動画が作れます。私はPCサイトも使って制作したけれど、どれも無料なので気軽に使えるものばかりです」

画像: Bit Face Free ファミコン風のピクセルアートが作れるアプリ。人型の枠に合わせて人物画が簡単に描ける。

Bit Face Free
ファミコン風のピクセルアートが作れるアプリ。人型の枠に合わせて人物画が簡単に描ける。

画像: Video Star クロマキー動画が作成できるアプリ。音楽に合わせて選べるエフェクトが数百種類ある。

Video Star
クロマキー動画が作成できるアプリ。音楽に合わせて選べるエフェクトが数百種類ある。

 

絵を繫げてGif動画に! 

画像: ひとつひとつが動くよ!

ひとつひとつが動くよ!

『You Doodle Plus』っていう落書きアプリで、口が開いている状態と閉じている状態の女性の絵を2枚描いて、パラパラ漫画のように繫げたGif動画です。私はこのGif加工をフリーソフトでやったんですが、アプリも沢山あるから誰でも簡単にGifが作れます! 最後にiMovieで音に合わせて速度を調整しました」

画像: You Doodle Plus 写真上に手書き文字やイラスト、テキスト、スタンプ、フレームなどを付けられる落書きアプリ。

You Doodle Plus
写真上に手書き文字やイラスト、テキスト、スタンプ、フレームなどを付けられる落書きアプリ。

画像: iMovie 動画の長さの調整や分割、統合、音楽をつけられる編集アプリ。ドラッグとタップで簡単操作!

iMovie
動画の長さの調整や分割、統合、音楽をつけられる編集アプリ。ドラッグとタップで簡単操作!

 

iMovieで逆再生しただけの
超簡単動画!

画像: iMovieで逆再生しただけの 超簡単動画!

「これはiMovieで動画をつなげる時に、逆再生を混ぜているだけの超簡単なエフェクトで作った動画。画質がキレイだし、広角で撮れるから動画を撮る時はよくGoProを使ってます」

得意なダンスの動画を逆再生にして編集! 動きがある分、逆再生だけでインパクトのある動画に。彩菜カラーが利いている基本の作品です。

画像1: iMovie

iMovie

 

曲に合わせて色や画面を切り替え!

「動画をiMovieに取り込んで、音に合わせて色を変えたり反転させたりしているだけなんです。元々ダンスや音楽が好きだから、ダンスしている感覚でカウントをとって編集作業をしています。iMovieは基本的な編集が簡単にできるので、動画制作になくてはならないアプリ。PC版だとスマホ以上にエフェクトがあるのでそれもオススメ」

画像2: iMovie

iMovie

 

フレームに動画をはめて
iMovieで合体!

「『Frame Magic Lite』はフレームレイアウトが沢山あって、枠のサイズも変えられるので、昔から愛用してます。この動画は、使いたいフレームの中に動画を入れて保存し、色んな位置に置いた動画をいくつか作って、最後にiMovieで繫げました。一つ一つ素材を保存するのは手間だけど、繫げると完成度がぐんとUP!」

画像: Frame Magic Lite 自由なサイズで複数の写真や動画を1画面にまとめられる編集アプリ。枠サイズは調整可能。

Frame Magic Lite
自由なサイズで複数の写真や動画を1画面にまとめられる編集アプリ。枠サイズは調整可能。

 

サイケデリックな加工や
Gif動画ができる!

画像: サイケデリックな加工や Gif動画ができる!

「これは写真にノイズをつけたり、Gifを作れる『Glitché』というアプリだけで作ったGif 動画。指で写真をなぞったり、画面を傾けたりするとエフェクトの掛かり方が変わるので面白いんです。Gifを作る時は最大10枚まで写真を繫げます。他にも歪みをつけたりデジタルっぽく不思議な感じに引き伸ばせたり、デジタルな加工が豊富」

画像: Glitché 写真をGlitch=故障、欠陥させる人気の画像編集アプリ。簡単操作でサイケデリックな仕上がりに!

Glitché
写真をGlitch=故障、欠陥させる人気の画像編集アプリ。簡単操作でサイケデリックな仕上がりに!

 
▼こちらの記事もチェック!


●情報は、FRaU2017年6月号発売時点のものです。
Photo:Tammy Volpe Composition:Yumiko Ito

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.