韓国に行くと街中に溢れるコスメショップの数に驚き、その種類の豊富さに圧倒される。多くのトレンドを生み出してきたその理由は、“攻め” のプロダクトの数々を見れば一目瞭然だ。

数々のコスメを試してきたメイクアップアーティスト・吉田佳奈子さんと、美容エディター・森山和子さんが大人に効くラインナップをソウルでチェック。実際に見て触って、次なるヒットの候補生たちを連れて帰ってきた。韓国コスメが初めましての人もそうでない人も、買いまくりの旅へご一緒に。
 

教えてくれたのは……

メイクアップアーティスト
吉田佳奈子さん
ロンドンとパリへ渡り、2012年に帰国。雑誌や広告、映画やショーと幅広いフィールドで活躍中。韓国コスメは普段から仕事の際に使用している。
 

フリー美容エディター/ライター
森山和子さん
子供の頃からメイクとコスメが好きで、気になるものはとにかく試さないと気が済まない性分。韓国コスメの派手色リップに、特に目がない。
 

Kビューティの大御所ブランド
「chosungah BEAUTY」

画像: 1. 潤ったピンクのツヤ肌を作る下地。Peach Glamour (22000W) 2. チークとリップに使えるペン型コスメ。 ティントタイプで落ちにくい。Finger Pen Berry Red (14000W) 3. ラメがふんだんに入ったアイライナー。モーヴがかった茶色で抜け感も。Pencil Liner Sugar Plum (11000W) 4. 眉を描くチップとマスカラが1本に。Brow Maker Black Brown (19000W) 5. ブロンズラメ入りの単色シャドウ。1番人気色。Brickit Shadow Brown (9000W) 6. クッション仕様の液状チーク。ラベンダーピンクのツヤが手軽に。Real Cheek Smoother Lilac Drop (21000W)

1. 潤ったピンクのツヤ肌を作る下地。Peach Glamour (22000W)
2. チークとリップに使えるペン型コスメ。 ティントタイプで落ちにくい。Finger Pen Berry Red (14000W)
3. ラメがふんだんに入ったアイライナー。モーヴがかった茶色で抜け感も。Pencil Liner Sugar Plum (11000W)
4. 眉を描くチップとマスカラが1本に。Brow Maker Black Brown (19000W)
5. ブロンズラメ入りの単色シャドウ。1番人気色。Brickit Shadow Brown (9000W)
6. クッション仕様の液状チーク。ラベンダーピンクのツヤが手軽に。Real Cheek Smoother Lilac Drop (21000W)

吉田(以下):このショップ、正直一番テンション上がったかも!

森山(以下):チョ・ソンアさんっていう韓国の大御所メイクアップアーティストのブランドなんだけど、プロ的視点のプロダクトが多いよね

:パッケージの可愛さはもちろんだけど、キラキラの具合とか素晴らしい

:佳奈子ちゃん、のペンシルライナーを数色自腹買いしてたもんね~

:そうそう! 日本には無いものがいっぱいで、目移りして大変でしたよ
 

チョソンアビューティ 明洞2号店
AREA:明洞
中区明洞4キル40
☎02-318-7400
営業時間:10:30~22:30
定休日:なし

 

超メジャー級・韓国代表コスメショップ
「OLIVE YOUNG」

画像: 1. ポリッシュでメタリックを実現。WAKE MAKE Nail Gun Glitter 09 (4500W) 2. 角度45度の極細ブラシで眉をしっかりキャッチ。I’M MEME I’m Browcara (9000W) 3. パール入りの赤茶マスカラ。Peripera Ink Color Cara 01 (10000W) 4. カチッとノックするとジェル状ティントがチップにじわり。茶色がかった赤がオシャレ。I’M MEME Tic Toc Tint Lip TL004 (14000W) 5. ハニカムメッシュFDが今話題。押すと同時に水分が弾けて即ツヤ肌に。CLIO Nudism Water Grip ushion (30000W)

1. ポリッシュでメタリックを実現。WAKE MAKE Nail Gun Glitter 09 (4500W)
2. 角度45度の極細ブラシで眉をしっかりキャッチ。I’M MEME I’m Browcara (9000W)
3. パール入りの赤茶マスカラ。Peripera Ink Color Cara 01 (10000W)
4. カチッとノックするとジェル状ティントがチップにじわり。茶色がかった赤がオシャレ。I’M MEME Tic Toc Tint Lip TL004 (14000W)
5. ハニカムメッシュFDが今話題。押すと同時に水分が弾けて即ツヤ肌に。CLIO Nudism Water Grip ushion (30000W)

:ここは日本でいうPLAZA的な感じで、薬は売っていなくてヘルスケアとビューティに特化したお店なんだって

:ここにしかない韓国コスメブランドとかもあるし、とりあえずこのお店はチェックしておいたほうがよいかと

:ネイル()とティント()はスタッフ全員買ったね(笑)

:まさかの売り切れに(笑)。1時間半以上お店にいたっけ
 

オリーブヤング 明洞本店
AREA:明洞
中区明洞キル53
☎02-736-5290
営業時間:10:30~22:30
定休日:なし

 

パケ買い必至のお洒落セレクト
「A LAND BEAUTY」

画像: 1. クレヨン型のバームリップ。BEAUTY PEOPLE Lip Tights Silky Color Stick 06(13000W) 2. 眉にのせると粉状から液体に変化し密着。同 Capsule Powder Multi Eyebrow Tint 04(11000W) 3. 色素が薄く見えるオレンジ系ブラウン。同 Stay Waterproof Brush Pen Eyeliner 04(11000W) 4. 上下に塗布しやすいミニブラシタイプ。繊維入り。同 Bubble GGum Long Lash Mascara(11000W)

1. クレヨン型のバームリップ。BEAUTY PEOPLE Lip Tights Silky Color Stick 06(13000W)
2. 眉にのせると粉状から液体に変化し密着。同 Capsule Powder Multi Eyebrow Tint 04(11000W)
3. 色素が薄く見えるオレンジ系ブラウン。同 Stay Waterproof Brush Pen Eyeliner 04(11000W)
4. 上下に塗布しやすいミニブラシタイプ。繊維入り。同 Bubble GGum Long Lash Mascara(11000W)

:“A LAND” っていうアパレルのセレクトショップがあってコスメも取り扱っているんだけど、ここはビューティメインのお店

:色々ブランドがあるけど、この “BEAUTY PEOPLE” がすごくイイ。特にのアイライナーはまさに探していた明るいブラウン‼

:しかもこのSNS映えしそうなパッケージ♡

:スキンケアと雑貨もあったけど、どれも可愛かったよね
 

エーランド ビューティ
AREA:カロスキル
江南区狎鷗亭路10キル13
☎02-3210-5855
営業時間:10:30~22:00
定休日:なし

 

クールな顔してうるツヤ系が大得意
「VDL」

画像: 1. マルチに使えるグロッシーハイライト。Lumilayer All Over Stick(18000W) 2. 数色のラメは混ぜるようにとるとピンクのラメに。Expert Color Pot Eyes 01(20000W) 3. 韓国はコントロールカラーブーム真っ只中。赤みを抑えるならグリーンがおすすめ。ColorCorrecting Primer(21000W) 4. 潤い溢れるスティックチーク。透ける血色感がひと塗りで。Creamy Stick Jelly 102(25000W)

1. マルチに使えるグロッシーハイライト。Lumilayer All Over Stick(18000W)
2. 数色のラメは混ぜるようにとるとピンクのラメに。Expert Color Pot Eyes 01(20000W)
3. 韓国はコントロールカラーブーム真っ只中。赤みを抑えるならグリーンがおすすめ。ColorCorrecting Primer(21000W)
4. 潤い溢れるスティックチーク。透ける血色感がひと塗りで。Creamy Stick Jelly 102(25000W)

:ボトルとかすごくシンプルなんだけど、ツヤを出すアイテムがすんごい優秀だった! 今っぽいウェットな感じ

:確かにすごいツンデレ(笑)。パケの見た目を裏切るくらい、じゅわ~っとした色気が出せるものが多かったね

のモザイク状のキラキラも、見た中で一番光るもん

:でも使い勝手もいいし質感も優秀。ここ好きだったなぁ
 

ブイディーエル カロスキル店
AREA:カロスキル
江南区島山大路13キル34
☎02-540-8092
営業時間:10:00~22:00
定休日:なし

 
 
▼こちらの記事もチェック!


●情報は、FRaU2017年7月号発売時点のものです。
Photo:Natsuki Hamamura(LOVABLE) Illustration:Sayuri Nishikubo Composition:Kazuko Moriyama Coordination:Saori Kaku a.k.a Jayeonmi

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.