ベトナムに来たならば絶対に食したいのがフォー。けれど、じつはフォー以外の麺も充実しているって知っていますか? せっかくここまで着たのに、フォーだけで終わらせるなんてもったいない! 北部、中部からホーチミンに集まった様々な絶品麺料理を召し上がれ。
 
※1万VND=約49円(2017年6月21日現在)になります。
 

絶対にハズせない!
ローカルが集うフォーの老舗名店

開業から40年変わらない味を提供し続け、ローカルにファンの多い「Pho Hoa Pasteur」。1階と2階からなる家族経営のアットホームなお店には、昔ながらの味を求めて、朝食代わりに食べにくる人や、深夜にさくっと小腹を満たしに来る人で賑わう。フォーはもちろん、飲み物や軽食メニューも充実しているのも嬉しい。

画像1: 絶対にハズせない! ローカルが集うフォーの老舗名店

テーブル上に並ぶ数種類の香草、とうがらしやライムは食べ放題。お茶とおしぼりは有料。
 

画像2: 絶対にハズせない! ローカルが集うフォーの老舗名店

フォーの具は12種類から選べる。具を2〜3種MIXすることも可能。一番人気は、Phó Tái Raw Beef(レア牛肉のフォー/小6万5000VND、大7万5000VND 以下同)。

南部ならではのちょっと甘みのある優しい味のスープに柔らかな麺、そして口のなかでほろほろととろけるお肉のコンビは絶品。
 

しっかり焼いたお肉がお好きなら、Phó Chin Well Done Brisket(牛肉入りのフォー)や焦がしネギがアクセントになったPhó Gá Chicken Noodle(チキンのフォー)がおすすめ。ローカルの人は揚げパンをスープにひたして食べることも。ソースも数種類用意されているので、お好みで。
 

画像3: 絶対にハズせない! ローカルが集うフォーの老舗名店

Pho Hoa Pasteur
260c Pasteur, District 3
☎028-3829-7943
営業時間:5:00〜24:00
定休日:なし

 

ベトナム南部の名物
フーティウをチェック!

フォーを味わったらぜひ、次に食べて欲しいのがフーティウ。フーティウとはフォーよりコシのある米麺のこと。とくにおすすめな、フーティウを使った代表的な料理である、豚骨ベースの甘めのスープに海老やひき肉などの具材がたっぷりとのせられたフーティウナムヴァンが食べられるのがこちらの「QUYNH」

24時間営業で、ちょっと小腹がすいたときにさくっと行けるのが嬉しい。オーダーはシンプルに麺、するめのだしが効いたスープの有無、具材を選ぶ。麺はHU TIEUのほか、やきそばに近い中華麺のMI、うどんのような米とタピオカで作られた麺BANH CANHの3種類。

具材は豚肉(7万0000VND)、えび&イカ(7万0000VND)、全部のせ(8万5000VND)。箸&スプーンが袋に入っているので、衛生面が気になる人も安心。
 

ニンニク入りのソースはお好みで。スープとドライで同じ具材でも味がかなり変わるので、ぜひ食べ比べを楽しんで。
 

画像: ベトナム南部の名物 フーティウをチェック!

QUYNH
A65 Nguyen Trai, P.Nguyen Cu Trinh, District 1
☎028-3836-9145
営業時間:24時間
定休日:なし

 

麺通がハマる、
ブンチャーが食べたい!

米麺で作られた柔らかなブンをたっぷりの野菜と、炭火で焼かれたつくねや豚肉のお肉と一緒にヌクマムベースのタレにつけて食すつけ麺、ブンチャーが、いま麺通の間で大人気! なかでも人気スポットなのが、ブンチャーと蟹の揚げ春巻きのみのお店「quan Nem」

ブンチャー(6万0000VND)の野菜&つけタレは無料でおかわりでき、さっぱりとしながらコクのあるタレで食べるブンについつい箸が進みます。大きめサイズの春巻き(4万6000VND)は蟹が贅沢にたっぷりと入り、皮がぱりぱりで中はジューシー。さらに、春巻きをつけ麺に入れるのがツウの食べ方。

ちなみに、ベトナムではお皿を持ち上げ直接口につけるのはマナーとしてNGなので、タレはスプーンで口に運ぶのがベスト。
 

画像: 麺通がハマる、 ブンチャーが食べたい!

quan Nem
15E Nguyen Thi Minh Khai, P.Ben Nghe, District 1
☎028-6299-1478
営業時間:10:00〜22:00
定休日:なし

 
 
▼こちらの記事もチェック!

 
Photo:Masaru Furuya Composition:Nirai Ikeshiro

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.