「ものごとにはすべて理由があるのよ」とウーさんはいつも言う。使う食材や組み合わせ、調理順序に加熱時間……。すべての理由が明確だから、ウーさんのレシピは無理がなく、シンプルで覚えやすい。結果、誰が作っても失敗知らず。

そんな料理哲学のひとつである「焼きそばは麺を食べるもの」を試してほしい、ねぎ焼きそばのレシピをご紹介。

 
◆ウーさんの料理哲学
「焼きそばは麺を食べるもの」とは?

 

「ねぎ焼きそば」レシピ

ねぎの香りをうつした油で
麺を蒸し焼きにする

画像1: ねぎの香りをうつした油で 麺を蒸し焼きにする

◆材料(2人分)

焼きそば麺………2玉
長ねぎ……………1本
酒…………………大さじ3
黒酢………………大さじ2
粗挽きこしょう…小さじ1/5
粗塩………………小さじ1/4
太白ごま油………大さじ1


◆作り方

1. 焼きそば麺は常温に30分おく。

2. 長ねぎは斜め薄切りにする。

3. フライパンに太白ごま油とを入れて中火にかけ、香りが出るまでゆっくりと炒める。

4. をほぐしながら加え、酒を振ってふたをし、弱火で2~3分蒸し焼きにする。

5. 黒酢を加えて中火にし、麺とからめる。粗挽きこしょうと粗塩で味を調える。
 

画像2: ねぎの香りをうつした油で 麺を蒸し焼きにする

MEMO
長ねぎは断面の大きな斜め薄切りにすると、麺とからみやすくなる。太麺は伸びにくく、時間がたってもおいしさが変化しにくいので、お弁当や帰宅が遅い家族のために作っておけるのもいい。細麺を使う場合は、コクのある黒酢がより合う。  

 
 
▼こちらの記事もチェック!

  

PROFILE

ウー・ウェンさん
中国、北京で生まれ育つ。料理上手な母から受け継いだ料理が評判となり、料理研究家に。「料理を通じて日本と中国の懸け橋になりたい」との想いから、東京と北京でクッキングサロンを主宰。少ない材料や調味料、道具で作れる、医食同源の知恵にあふれた料理が人気。著書に『ウー・ウェンの北京小麦粉料理』『ウー・ウェンさんちの定番献立』(ともに高橋書店)、『からだを整える お手当て料理』(天然生活ブックス)など多数。http://www.cookingsalon.jp


●情報は、FRaU2017年7月号発売時点のものです。
Photo:Keiichirou Muraguchi Styling:Misa Nishizaki Composition:Shiori Fujii

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.