飾らない自身の言葉で紡がれていく過去、そして現在。3児の母であると同時に、女優という夢の続きを歩き続けている彼女がその名を浸透させた10代の頃よりも一層、眩しく輝いて見える理由とは――。
広末涼子ロングインタビュー後編。

 
▼前編はコチラ!

 
――さっき、二度と結婚しないと思ったって言っていたけど、それを覆す出会いも、そこと同じだったのかな?

「友達にも言われました。二度と結婚しないって言ったじゃん! って。『すみません。本当にそう思ってたんです』って言った(笑)、でも、息子に兄弟を作ってあげたくて。ホントに結婚しなくても風媒花のように種だけ飛んでこないかなと。真面目にそんなことを考えてたくらい。

でも、一番のきっかけは、20代後半に、人生の中で最悪なことが訪れて――。自分の中では天地がひっくり返るくらいショックなことがあって、何を信じていいのか分からなくなってしまった――。でも、どうにかしようと必死だったんです。

そんなすごくしんどかった時に、今の旦那さんに出会いました。本当に神様からのプレゼントじゃないかなって思った。人生においての救世主のようだったというか――。彼と出会えてなかったら、息子がいなかったら、女優業はもちろんのこと、今こうして自分が存在できてなかったんじゃないかなと思う」

 
――生きていくことは出来ないと?

「もうしんどすぎて、これ以上頑張れないなって――。いつも気が付いたら高いところに行っていて、誰か背中を押してくれないかな――っていう感じだったので。本当にギリギリだったのかもしれない」

画像: ブラジャー¥3280/ピーチ・ジョン カスタマーサービス(PEACH JOHN) シャツ¥18000/ゲストリスト(サンドリー) その他/スタイリスト私物

ブラジャー¥3280/ピーチ・ジョン カスタマーサービス(PEACH JOHN) シャツ¥18000/ゲストリスト(サンドリー) その他/スタイリスト私物

 
――そんなにも?

「だけど、私はひとりじゃない。私には息子がいて。実際、誰しも本当に一人きりの人なんていないし、必ず悲しむ人はいるのに、命を絶ち切るようなことはあってはならない。ましてやこういう仕事をしているのにそんな選択をする存在には絶対になりたくなかった。もちろん、踏みとどまれた一番の理由は息子の存在です。でも、初めて前に進めなくなるところまで追いつめられた時に、『止まりなさい』って、言ってくれたのが今の旦那さんだった。

みんな頑張れっていうし、打開策を見つけようとしても、自分が頑張らなきゃという結論しかなかった時に、穏やかに淡々と、別に優しくとか包み込むとかそんなキレイな感じじゃなくて、本当にシンプルに『止まりなさい』って言われたことがすっと心に入ってきて、一気に涙が溢れだして『そっか、止まっていいんだ』って――」

 

NEXT≫「いないと思いますね。これ以上の人は」

This article is a sponsored article by
''.