真新しいだけが価値ではないよと、移り気な時代にそっと句読点を打つ、そんな食卓のおいしくて愛おしかったこと。
 

ビールと、チキンと、夕暮れと。

ソウルの人はフライドチキン大好き民で、まだ明るいうちから揚げたてをテイクアウトして公園でビールと一杯やったりするそうです。なにそれ最高すぎないか。このアクティビティのためだけにソウルに行きたくならないか。
 

チキンは基本2種類で、ベーシックタイプは唐揚げというより素揚げに近く、味付けは塩胡椒のみ。シンプルな分、肉質力、揚げ力、油力などが試される。キョンリダンのフレンドチキンはその点満点で、国産鶏のみを使い油も毎日チェンジ、油きりもよく中身はジューシーという完璧さ。ケンタッキーを食べた後特有の口の周り油まみれということが皆無だった。
 

夫婦で切り盛り18年。街のみんなに愛されるチキン屋さん。隣では主婦五人組が集ってとにかく楽しそうだった。飲んで食べておしゃべりすれば大抵のことはどうでもよくなるよね。

そんなエリートチキンにヤンニョムだれをコテコテにまとわせるヤンニョムチキンはまた狂おしいおいしさで、ヤンニョム、ビール、プレーン、ビール、ヤンニョム……と魔の三角食べが止まらない。冷静になると恐るべきカロリーヤンキーだけど、今日くらいはいいじゃないかと開き直ればあらゆる憂さもすっきり晴れるポジティブフードでありました。
 

最終日の夕方4時、漢江の河原でチキンとビールを広げてみた。自由な空に風が気持ちよくて、今私は幸福を食べていますと世界に宣言したくなる。チキンを空にかざせばヤンニョムのオレンジが夕陽に焼けてキラキラ輝いた。ありがとソウル、こんな夕暮れがあるのなら明日もまた生きていけます。君に幸あれフライドチキン。
 

フレンドチキン
AREA:キョンリダン
龍山区フェナム路13キル10
☎02-796-4642 
営業時間:17:00~翌日3:00
定休日:第1・3週目の月
 
フライド12000W
ヤンニョム(甘辛タレ)13000W
フライド&ヤンニョム半身ずつ13000W

 
 
▼こちらの記事もチェック!


●情報は、FRaU2017年7月号発売時点のものです。
文・平野紗季子 Photo:Koichi Tanoue Coordination:Jung Ja-Kyung

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.