じつは、ベトナムはコーヒー豆の生産量がブラジルに次ぐ世界第2位というとてもコーヒーが身近にある国。それゆえ、とにかくカフェの数が多いんです。今まではベトナムコーヒーが主流でしたが、近頃は自家焙煎などこだわりのコーヒー屋も増えて来ている様子。そこで、今行くべきカフェをピックアップ。

※1万VND=約49円(2017年6月21日現在)になります。
 

おしゃれな人が集う憩いの場
「CAFÉ RUNAM」

ドンコイ通り沿いにあるCAFÉ RUNAMは地産地消にこだわり、ベトナム産のコーヒー豆を使ったオリジナルのコーヒーや食器類を使うこだわりのカフェ。店内のタイルや家具などインテリアもセンスがよく、すべてのコーヒーにはクッキーが添えられているなどプレゼンテーションに大満足。

もちろん、コーヒーの味も格別で、コーヒー好きのスタッフが今回の取材で一番美味しいと太鼓判を押すほど。異国にいるのを忘れるほど居心地がよく、つい長居してしまう一軒です。
 

木漏れ日が優しくふり注ぐテラス席が気持ちいい。ケーキセットも充実。ブラックコーヒー(7万5000VND)の他、ベトナムコーヒー(8万5000VND)も。
 

画像1: おしゃれな人が集う憩いの場 「CAFÉ RUNAM」

店頭にはコーヒー豆やカップ、フィルターがセットになったギフトも。豆はすべてオリジナルブレンド。
 

画像2: おしゃれな人が集う憩いの場 「CAFÉ RUNAM」

CAFÉ RUNAM
96 Mac Thi Buoi St, District 1, Ho Chi Minh City
☎028-3825-8883
営業時間:7:00〜23:00
定休日:なし

 

美味しいブラックコーヒーを
飲みたくなったら訪れたい
「SAIGON COFFEE ROASTERY」

ドンコイ通り沿いの古アパートにあるここは最近ベトナムでじわじわと増えている自家焙煎のコーヒーショップ。イタリアンコーヒーをメインとし、味わいの深い一杯を楽しめます。

注文を受けてから一杯ずつ丁寧にハンドドリップするPOUROVERコーヒーは3種の豆とKalita、V60、Chemexの3種のドリッパーから選択。エスプレッソ、アメリカーノは各5万5000VND。丁寧に淹れられたコーヒーでホット一息ついてみて。
 

画像1: 美味しいブラックコーヒーを 飲みたくなったら訪れたい 「SAIGON COFFEE ROASTERY」

水だし珈琲は少し酸味のあるさっぱりとした口当たり。COLD BREW COFFEE6万VND。
 

画像2: 美味しいブラックコーヒーを 飲みたくなったら訪れたい 「SAIGON COFFEE ROASTERY」

SAIGON COFFEE ROASTERY
151/5 Dong Khoi St, Ben Nghe Ward, District 1, Ho Chi Minh City
☎028-6278-3236
営業時間:8:00〜18:00
定休日:なし

 

共産党時代がコンセプトの
人気スポット「CONGCAPHE」

古アパートの2階(ベトナムでは1階と呼びます)にあるCONGCAPHEはハノイ発の人気カフェ。お店のコンセプトは「共産党時代のベトナム北部」。

小さな入り口を通り抜けると、店内にはざるが照明に使われていたりと当時の雰囲気が再現され、2階は屋根裏のような隠れ家的な雰囲気で壁際の本棚には当時の写真や本、資料がずらり。
 

そこで、ぜひオーダーしたいのがここでしか飲めないココナッツミルクシャーベットとコーヒーが組合わさったSINH TO COT DUA CA PHE(ココナッツコーヒースムージー/6万5000VND)。新感覚の美味しさに、これ目当てで訪れる人がいるのも!

他、星マークが目印のベトナムコーヒーに牛乳入りで飲みやすいBAC XIU(3万9000VND)や暑さでさっぱりしたいときはCHANH(ライムジュース/5万VND)がおすすめ。
 

画像: 共産党時代がコンセプトの 人気スポット「CONGCAPHE」

CONGCAPHE
26 Ly Tu Trong, District 1, Ho Chi Minh City
☎09-1181-1165
営業時間:7:00~23:00
定休日:なし

 
 
▼こちらの記事もチェック!

Photo:Masaru Furuya(Ho Chi Minh)、Makoto Muto(Still) Composition:Nirai Ikeshiro

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.