スパイダーマン役で有名になったアンドリュー・ガーフィールド。最近の彼は、そのイメージを過去のものにするかのように、高度な演技力を必要とするシリアスな役を意識的にチョイスしているようです。

 
今年の初めに公開された『沈黙―サイレンス―』の神父役に続き、この『ハクソー・リッジ』でも、周囲に抵抗してまでも自分の意思を貫く、過酷な役にチャレンジしました。

彼が演じるのは、第二次世界大戦中の沖縄戦でも闘った、実在のアメリカ軍兵士デズモンドです。「闘った」と言っても、敬虔なクリスチャンのデズモンドは、銃を手にして敵兵を殺すことを断固と拒否。あくまでも衛生兵として、前線で味方を助ける行為を続けます。

画像1: メル・ギブソン監督が実在の米軍兵を描く『ハクソー・リッジ』

映画の前半では、デズモンドが入隊を志願しつつ、銃の訓練を拒むことで、上官や仲間から中傷され、見下されるドラマが描かれます。普通なら除隊すればいいのですが、そんな状況でも「戦場で自分が何かできる」というデズモンドの強い信念と、彼を支える妻や父親との関係に、観ているわれわれの心は激しく揺さぶられます。

そして後半は、沖縄での壮絶な戦闘も展開していきます。監督はメル・ギブソン。彼の作風は激しいバイオレンスも持ち味なので、本作でも目を覆うようなシーンが何度も登場します。しかし、そんな激闘以上に、必死に仲間を、時には敵兵をも救おうと無謀な行動に出るデズモンドの姿に衝撃を受けることでしょう。

画像2: メル・ギブソン監督が実在の米軍兵を描く『ハクソー・リッジ』

この映画、ジャンルは戦争アクションかもしれませんが、強烈に印象に残るのは主人公の勇気と決断、そして自己犠牲です。もし戦闘シーンが恐ろしければ、スクリーンから目を背けてもかまいません。その部分をスキップしても、「誰かを助ける」人間のドラマとして、想像以上の感動を味わえることでしょう。今年のアカデミー賞では、作品賞など6部門でノミネートされました。

画像3: メル・ギブソン監督が実在の米軍兵を描く『ハクソー・リッジ』

 
TOHOシネマズ スカラ座ほか全国公開中

© Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.