「おせんべいは本当に好きで、切っても切れない、ずっとくっついてくるもの。好きすぎておせんべい作りにも一時ハマってたくらい(笑)ベッドでもぱくぱくしちゃうし、完全におせんべい中毒なの。いつかローラプロデュースのおせんべいも作りたいなって思ってるよ。おせんべいは年齢とか関係なく一緒に人生を歩んでいく大事なおやつだからね(笑)」(タレント ローラさん)

スーパーに行ってもいつも見る物はおせんべいばかり。いつも片手におせんべいを持ってバリバリ食べているというローラにおせんべい愛について聞いてみました。
 

そもそもなんで、ローラはそんなに
おせんべいが好きなの?

「小さい頃から食べてる大好きなおやつ。日本独自の文化だよねおせんべい食べるのって。普段、お菓子はあまり食べないんだけど、おせんべいだけは別もの。おやつはなるべく家に置かないようにしてるけど、置いているとしても8割はおせんべいなんだ!」
 

好きなおせんべいの条件は?

「おせんべいって、1つの名前だけど、種類によって味も見た目も焼き方も全然違うから面白いよね! バリエーション豊富だから、毎回食べるとき楽しみで飽きないの。だからおせんべい全般がだ~い好き! 条件になってないね(笑)」
 

どのくらいの頻度で食べてるの?

「あると手に取っちゃうから、週4くらい(笑)。まさにおせんべい中毒なの」
 

画像: ネイビーワンピース¥73000(予定価格)/ビショップ(M.MARTIN)ピアス(葉型)¥169000、ピアス(貝)¥140500(予定価格)/ステディ スタディ(ソフィー ビル ブラーエ)

ネイビーワンピース¥73000(予定価格)/ビショップ(M.MARTIN)ピアス(葉型)¥169000、ピアス(貝)¥140500(予定価格)/ステディ スタディ(ソフィー ビル ブラーエ)
 

ローラが思う究極のおせんべいは?

「砂糖がけのおせんべいかな~。やさしい白いベースに、甘いのがついてるのいいよね~。甘じょっぱい感じで、味がしっかりと付いているのが好み。ざらめのおせんべいも究極だな。スーパー行っても手に取るのはおせんべいばかり(笑)」
 

おせんべいのいいところは?

「おせんべいは、お米がベースだから、体にもいいし安心して食べられるの。最近では、米粉油を使ったグルテンフリーのおせんべいがあって、おやつにとってもヘルシーだな~って思う。だから、おせんべいなら食べても後悔はしない! LAのスーパーにも増えてきたんだよ!」
 

画像: ベッドの上で、ころがりながら、おせんべいを食べるのが好き。カスがいっぱい落ちちゃうんだけどいつもモカが食べちゃうの(笑)

ベッドの上で、ころがりながら、おせんべいを食べるのが好き。カスがいっぱい落ちちゃうんだけどいつもモカが食べちゃうの(笑)
 

ローラは料理が得意だけど
おせんべいも作ったことってある?

「料理教室でおせんべい作りも習ったよ! 家で作りたくなって、練習したの。ココナッツオイル使ってみたり、いろんな味を作ったの。揚げせんべいは、おもちから作るんだよ~」
 

ローラは、どうやって
おせんべいを食べる派?

「割りながら、ちょっとずつ食べる派!ちょっとしか食べてないフリをするんだけど、アッという間にぜ~んぶ食べちゃうの(笑)」
 

画像: シャツ¥24000/アラウンズ(アグリス) ピアス¥300000/ TASAKI(エム/ジー TASAKI)

シャツ¥24000/アラウンズ(アグリス) ピアス¥300000/ TASAKI(エム/ジー TASAKI)
 

ローラが選んだ!
ベストオブおせんべいは?

ローラが大好きだと事前に聞いていた、食べるとふわっとやわらかく溶けるおせんべいから、バリッと音がするくらい硬めのおせんべいまで、実に今回編集部で用意したおせんべいは全部で27種類。すべてを試食してもらいローラのベストオブベストなおせんべいを選んでもらいました。 

画像: ローラが選んだ! ベストオブおせんべいは?

1位 砂糖がけせんべい
甘じょっぱくて、噛みごたえがしっかりあって、ガリゴリと食べれるの。おせんべいそのものを食べているかのような、満足感た~っぷり♡のせんべいらしいせんべい。苦味のあるお茶と一緒に食べたいな~。

2位 豆入りせんべい
豆入りのお煎餅は、10年以上の愛があるくらい大好き。サクッとフワッとした食感の中に、突然、カリッとして、豆の匂いがフワ~ッと広がる。つい、手を差し伸べてしまう魅力があるの!

3位 ぬれせんべい
ベトベターって感じで、すごい癖になるよね。ぬれせんべいには、ずっとそのままでいて欲しい! かわかないで~~~って(笑)。地味なんだけど、根強い良いものを持ってる。ぬれせんべいを好きな気持ちは一生変わらないと思う!

4位 えびせん
ふわっと口の中でとろけて、優しい気持ちになれる。トロッと感がたまらない! 口の中でえびの磯の香りがふわ~っと広がるの。お土産やちょっとした差し入れにも、色味もキレイだしいいね。白いお煎餅ってあまり見ないし。2017年は白エビせんべいの気分だな!

 
▼こちらの記事もチェック!


●情報は、FRaU2017年3月号発売時点のものです。 
Photograph:Masahiro Sanbe Hair:Koichi Nishimura(angle) Make-up:UDA Styling:Kumiko Sannomaru Propstylist:Shizuka Aoki Model:rola Composition:Mayuko Kobayashi  


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.