「ラジオパーソナリティーとしての目線も入れて、これからくる若いバンドを中心にピックアップ。なかでもイチ押しのyahyelは、その音を聴けばこんな日本人がいるのかと驚くはず。音と映像がひとつになったライヴも必見です!」(モデル 菅野結以さん)

 

PROFILE

画像: フジの“Rookie”は毎年かかさずチェック

フジの“Rookie”は毎年かかさずチェック

モデル 
菅野結以さん
モデル、ブランドプロデューサー。“ガチの音楽マニア”として有名で、ラジオやフェスのMCなどでも幅広く活躍。最新スタイルブック『yuitopia』(徳間書店)が発売中。 

 

感覚をじかに表現する一人ひとりが
今の時代と世代のリアルだと思う

菅野さんが「今一番アツいバンド」と
絶賛のyahyelにインタビュー!

画像: 菅野さんが「今一番アツいバンド」と 絶賛のyahyelにインタビュー!

 
——yahyelのみなさんにとって、2016年はどんな年でしたか?

「yahyelはいったいどういうところを目指し、どういう色を帯びているのか。これらをアルバムの制作や、欧州ツアーを含むライヴの一つひとつを通じて確認していった年でした。2017年は昨年摑んだこの輪郭をもとに、さまざまなアーティストとのコラボレーションやライブ活動を充実させていきたい」

 
——yahyelはメンバーにVJがいるのも特徴です。映像にこだわる理由や、この5人で目指す表現とは。

「僕らが匿名性を掲げているのは、見てくれやプロフィールではなくyahyelという表現そのものを見てほしいから。その点でライヴでは、山田(VJ)の作る映像によって、yahyelの“総体としての身体”を提示しているんです」

 
——yahyelが“偏愛”する、FRaU読者におすすめのアーティストは?

「Jan and Naomiと、二人それぞれのプロジェクトは頭抜けていると思います。どこにも迷いがない」

 
——菅野さんはyahyelを「国境やジャンルといったあらゆる“線”を溶かしていくバンド」と評していました。そんなyahyelから見た現在のシーンは?

「僕らが語るべきことは何もないかと。そもそも一つの言葉で表現できるシーンじゃつまらないし、僕らのまわりはそれぞれの感覚をじかに表現している人が多い。その一人ひとりが今の日本の、時代と世代のリアルだと思う。シーンを囲んだら終いです」
 

『Flesh and Blood』
2016年11月発表の1st。菅野さんは『The Flare』を絶賛。
「彼らのやりたいことが全部詰まっている。デビュー曲これできたか!と思わされました」

  

ダーク&ロマンティックな
独特の世界観に酔いしれる

THE NOVEMBERS(ザ ノーベンバーズ)

画像: ©Yusuke Yamatani

©Yusuke Yamatani

キュアーやスミスらを彷彿とさせる退廃的で耽美的な音楽性はもちろん、アートワークやファッションにも確固たる美学が。

「もともと近しいものであるはずの音楽とファッションが、きちんと美しく結びついている貴重な存在。ライヴではお客さんもちゃんとおしゃれしていて、そういう大人の楽しみ方ができるバンドっていいですよね」
 

バンドT
 

ラジオは新曲のたびに遊びに来てくれます
 

『Misstopia』
代表曲『Misstopia』を収録した2010年発表の2nd。
「躍動感のある曲なので初めて聴く人も入りやすいはず。かっこいいアートワークにも注目を!」

  

あの頃の気持ちが蘇る
若くて青い高純度ギターロック

NOT WONK(ノットウォンク)

画像: NOT WONK (ノットウォンク)

北海道苫小牧在住の3人組、メンバーは全員20歳前後と今回紹介する中で最年少。菅野さんは彼らを“2017年の台風の目”と予測!

「ノイジーで甘いギターの音が好きすぎる……(笑)。やっぱりロック最高!って気持ちにさせてくれます。騒がしいのは最近あんまり聴かなくなった、そんな大人たちにこそ聴いてほしいバンドです」
 

『This Ordinary』
2016年発表の2nd。イチ押しのタイトル曲は、2016年の夏のアンセムだったとか。
「初めて聴いた時に打ち抜かれました。意外に玄人好みな音も◎」

  

成長がひとつの到達点に
ライヴを観るなら今しかない!

D.A.N.(ダン)

画像: D.A.N. (ダン)

2015年のフジロック「ROOKIE A GO-GO」で一躍注目の的となり、2016年もレッドマーキーへ異例の出演を果たした。

「ダンスミュージックともアンビエントともとれる音楽性は本当に夜が似合う。主要なライヴはほぼ観ているけど、毎回進化が凄いんです。若さゆえの粗さはすでに消えて、アーティストとして完全に仕上がっていますね」
 

ライヴでは音楽に夢中で毎回写真撮り忘れるからこの一枚は貴重(笑)
 

『D.A.N.』
2016年発表の1st、菅野さんおすすめは『Native Dancer』。
「曖昧さを残した歌詞もいい。この感じはyahyelもしかりで、この世代のリアルだと思う」

 

その純粋さに心が浄化される音
こんな大人になりたい理想形

toe(トー)

画像: toe (トー)

メンバー全員がそれぞれに本職を持つ、異色のポストロックバンド。

「他のバンドは先取り的な感覚もあるけど、toeはもう偏愛でしかない(笑)。みんな仕事があるから食べるための音楽は必要なくて、その純粋さが出ているから音だけで泣けてくる。好きなことを心底楽しんでいる姿が本当にかっこいいです。一生好きなバンドですね」
 

『The Future Is Now EP』
2012年発表の3rdEP。toeを知らない人にすすめるなら
「ボーカル入りで聴きやすい『月、欠けfeat.ACO』を。でも『グッドバイ』もいいんだよなあ(笑)」

  

もっとハマりたい人に結以的オススメ

BAYON PRODUCTION

D.A.N.が所属するレーベルで、ほかにもneveryoung beach、Yogee New Wavesらが。

「アタリな旬のアーティストしかいないのが本当に凄い。主宰の北澤さんの目利きっぷりに、ただただ拍手」

BAYON PRODUCTION
HP:http://bayon-p.com/

 
   
Flake Records

「大阪のレコードショップで店主・ダワさんのセレクトが素晴らしい。好みを伝えるとおすすめを教えてくれます」

Flake Records
大阪府大阪市西区南堀江1-11-9-201
☎06-6534-7411
営業時間:12:00~21:00
定休日:なし

 
   
RADIO DRAGON -NEXT-

画像: RADIO DRAGON -NEXT-

菅野さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組。

「“自分が本当にかっこいいと思った曲しかかけない”をポリシーにやってます(笑)」

RADIO DRAGON -NEXT-
TOKYO FMで毎週木曜、26:00~28:00で放送中。


●情報は、FRaU2017年3月号発売時点のものです。
Text:Megumi Yamazaki

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.