「レコードの周りにあるアパレルやzineなどのカルチャーも楽しいんですよ。好奇心の赴くままに掘り続けて、早15年。DJするために買っているのはもちろん、単純に好きだからコレクションしているだけなんです」(DJ MAYURASHKAさん)

 

PROFILE

DJ
MAYURASHKAさん
広島出身。80kidzのメンバーとして2009年まで活動。その後はDJとしてアナログレコードにこだわりインディ、ハウス、ディスコを繫ぐ。

 

集め出したら止まらない! 
アナログで“今”を聴く

クラブイベントだけでなく、ファッションブランドのパーティにも出演するDJのMayurashkaさん。USBやPCでの選曲も可能な時代に、レコードを偏愛する理由とは? きっかけから尋ねてみた。

「20歳の頃付き合っていた彼の影響でした。最初のうちは、クラブで好きなDJがかけている曲が気になったら、話しかけてタイトルをおしえてもらうことも。後日ネットで調べるんですけど、ビッグラブはそうやっていくうちに辿り着いたお店です。レコード=旧譜のイメージが強いけど、私が集めているのは新譜の盤。現行のインディを見つけるにはここですね。自分の好奇心を大切にして掘るスタンスはずっと変わらない」

結婚し一児の母になってもその愛は深まるばかり。コレクター歴15年となった現在、買い方に変化はあるのだろうか?

「入荷が多い火曜日にまとめてレコード屋さんのwebサイトを見ています。都内だったら目星をつけたものを実店舗で購入。スタッフの方と情報交換するのも楽しいので、なるべくショップを訪れるようにしています。5〜6年前からさらにお金をかけるようになって海外通販でも買うようになりました。自分で針を落として聴くので手癖がつくのも醍醐味だし、レコードのリリースしかないものも多くて、気になって追いかけているうちに魅力に取り付かれてしまいました! それくらい中毒性があるんです。ブランドのランウェイミュージックを調べて買うのもワクワクするし、使いやすいプレイヤーもあるから、女性でも気軽に楽しめると思います」

 

FAVORITE RECORDS

画像: FAVORITE RECORDS

(左から順に)

The Avalanches『Wildflower』
「“Subways”をぜひ聴いてハッピーなムードに包まれて」

Tiger And Woods『On The Green Again』
「軽快なリズムが気分を上げてくれます」

Keita Sano『s. t.』
「今いる場所をクラブに脳内変換できるアップリフティングな一枚」

Inc. No World『As Light As Light』
「緩やかな曲の運びや重すぎないビート、心地よい声が◎」

 

RECORD SHOP

インディミュージックを中心に
バンドからダンスまでが揃う

画像: 入り口のダンスコーナーが充実♡

入り口のダンスコーナーが充実♡

record shop BIG LOVE
東京都渋谷区神宮前2-31-3 宝栄ビル3FA
☎03-5775-1315
営業時間:13:00~22:00

 
  
ダンスの新作を探すなら、ここへ
迷ったら視聴も可能

画像: ダンスの新作を探すなら、ここへ 迷ったら視聴も可能

「大手レコードショップのバイヤーを務めていたオーナーのお店で、ハウスを中心にセレクト。勇気を出して自分の好みを伝えると、おすすめをおしえてくれますよ」
 

Lighthouse Records
東京都渋谷区道玄坂2-9-2 正実ビル4F
☎03-3461-7315
営業時間:14:00~22:00

  

CAFÉ&RECORD SHOP

昼も夜も音楽漬け!アナログフリークが
足しげく通うスポット

「CCCはサニーデイ・サービスの曽我部恵一さんのカフェで、パスタが美味。中古レコードの販売もしています。Contactは分煙で気持ちよく楽しめるハコ。新進気鋭のDJをいち早く呼ぶアンテナの高さもピカイチです」
 

画像1: 昼も夜も音楽漬け!アナログフリークが 足しげく通うスポット

CITY COUNTRY CITY
東京都世田谷区北沢2-12-13 細沢ビル4F
☎03-3410-6080
営業時間:12:00~翌1:00、土・日・祝11:00~
定休日:水

 

画像2: 昼も夜も音楽漬け!アナログフリークが 足しげく通うスポット

Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館B2F
☎03-6427-8107
営業時間:22:00~ ※イベントにより 終了時間が変動

  

RECORD PLAYER

スピーカーも、アンプもいらない
オールインワン・プレイヤー

画像: 白木を使用したスタイリッシュなデザインも評判のION AUDIO Archive LP オープンプライス(編集部調べ¥7980)

白木を使用したスタイリッシュなデザインも評判のION AUDIO Archive LP オープンプライス(編集部調べ¥7980)

「スピーカーとアンプを内蔵していて、複雑な配線を繫ぐ必要もなし! これ一台で聴けちゃいます。音源をiPhoneにファイルとして取り込むことも可能。1万円以内で手に入るのも魅力的ですよね」

 

for RECORD SHELF

木の温もりを感じる、手づくりの
棚にはコレクションがぎっしり

「レーベルやジャンルごとにしたり、そのときの気分のものをまとめて収納しています。DJであまりかけないものは段 ボールに入れて押し入れへ。スペースも限られているので、売りに出すこともありますね」
 

「7インチは、取り出しやすい木の箱へ。専用ではないけど、ちょうど良いサイズなんです」
  

画像: 「カラーボックスだと無機質でインテリアに馴染まなかったので、年始に旦那さんが作ってくれました」

「カラーボックスだと無機質でインテリアに馴染まなかったので、年始に旦那さんが作ってくれました」

  

COORDINATE

“音を感じる”
私服のTシャツコレクション

「お気に入りのレーベルやアーティストのTシャツを着るのが一番自分らしいから、レコードを探しがてらマーチャンダイズも欠かさずチェックしています。最近はそれに大きめのアウターとハイウェストのデニムを合わせるのが気分ですね」

 
The Flaming Lips

「古着でゲットした、アメリカのオルタナティヴバンドの一枚です」

 
T.K.DISCO

「マイアミの名門ディスコレーベルのTシャツも古着屋さんで購入」

 
Shall Not Fade

「今一番夢中なMall GrabやLKを輩出するイギリスのレーベルT」

 
tr.4 suspension

「一緒にDJイベントをやっていた、俳優兼モデルの村上淳さんのブランド」

 
●情報は、FRaU2017年3月号発売時点のものです。
Photo:Shimpei Suzuki Composition:Rio Hirai Text:Ayana Takeuchi

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.