不毛な恋にしか夢中になれない
(37歳・未婚・会社員)

自分に好意を持ってくれている相手のことを好きになれないのが悩みです。10代の頃から、ちゃんとした彼女にはしてくれない男性とばかり関係を持ってしまい、常にセカンド状態です。でも、そんな暴君的な彼がたまに優しくしてくれると嬉しくなったり、可愛いなと思ってしまったりしてやめられないのです。人は変われど、そういう同じような恋愛を繰り返しています。今は不倫です。周りの女友達はそれじゃ幸せになれないから早く断ち切るようにいつも言ってくれますが、頭ではわかっていてもどうしようもないのです。このままでは友達にも愛想を尽かされてしまいそうで心配です。

 
◆夏木マリさんのアンサー

鏡を見て。今のあなた、自分の顔を美しいと思える? 不幸顔になってるんじゃない? 大事なのは、自分がハッピーになること。自分自身に改めて問いかけてみましょうよ、「幸せになりたいの?」って。みんな幸せになるために生まれてきたのよ。幸せになる権利がある。それに逆行するような選択をしないこと。そう考えたら、自分がどうすべきか、答えは出るはずよ。

あと、「不毛な恋しかできないタイプ」って、そんな自分に酔ってるんじゃない? こういう発言って嫌。「常にセカンド状態です」なんて、もうちょっとプライドを持ったら? だいたい不倫するような男性は、ろくな男じゃない! 不倫は絶対に駄目。人のものに手を出したら、必ずしっぺ返しがあるもの。人生はうまくできているもので、同じことが繰り返されるのよ。こんな恋愛ばかりしているのは、一種の病気みたいなもの。病気は早く治さなくちゃね。

今、37歳でしょ。不毛な関係は、きっぱり断ち切ってください。10代からさんざんそうしてきたんだから、もう終わりにしなさい。会わないこと。自分からサヨナラしなくちゃ前に進めない。そしてしばらく男がいない状態を作ること。常に誰かといなくちゃいられない性格なのかもしれないけど、ひとりの時間を過ごすことも覚えてください。有休を取って、海外旅行に出かけるのもいいかもしれない。そして、自分を見つめ直すことね。

あなたの趣味は何? 好きな音楽は? どんな本を読むの? 夢中になれるものはある? それをとことん追求して、意識が向かう方向を移行していければいいわね。そして、きっとモテるんだろうから、徐々に自分に好意を持ってくれる人との時間を増やしていくのもひとつの方法かもしれない。女は愛されたほうが幸せよ。

「友達にも愛想を尽かされてしまいそうで心配です」って、今の状態だと、もう愛想尽かされているでしょうね。私だって友達が不倫をしていたら、絶対やめなさいって反対する。とにかく今のあなたに言いたいのは、自分に自信を持てるようになってほしいということ。そのために今すぐに行動をスタートして。鏡を見たときに、美しいと思える顔になりなさい。そして、その経過を知らせてちょうだい。要報告!

 
▼前回の記事はコチラ!

 

PROFILE

画像: ©HIRO KIMURA

©HIRO KIMURA

夏木マリ Mari Natsuki
今春、自身演出・出演「印象派NÉO vol.3」を東京・京都・パリにて公演。音楽活動では、ライブハウスツアーを完走し、7/22 MOONSTRUCK JAMBOREE、8/12 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZOなど、フェスに多数参戦予定。来春には主演映画『生きる街』の公開を控えている。詳しくは、http://www.natsukirock.com をチェック!

 
●情報は、FRaU2017年8月号発売時点のものです。
Text:Junko Wada

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.