漫画家・安野モヨコの作品『オチビサン』と、日本の伝統技術を活かした生活雑貨を数多く生み出す奈良の老舗「中川政七商店」がタッグを組んで進めている、“漫画の世界観×日本の伝統工芸”の新商品開発プロジェクト。その第四弾として、東京・下町の老舗工房「中村銅器製作所」とコラボした「オチビサンの卵焼き器」(完全受注生産/受注期間:~2017年7/31(日))が限定販売中です!

 

日常をちょっぴり特別に変える
銅でできた「オチビサンの卵焼き器」

一流の料理人にも愛されている
銅鍋を手がける「中村銅器製作所」

画像: 一流の料理人にも愛されている 銅鍋を手がける「中村銅器製作所」

今回コラボした中村銅器製作所は、東京の下町で、親子4代に渡り銅鍋を作る工房。昔ながらの手法で一つ一つ丁寧に作り上げられた鍋は、全国の一流の料亭の料理人や寿司職人など、プロも認める名品。

 
オチビサンのシルエットや家紋入りの
ここでしか買えない限定仕様

画像: オチビサンのシルエットや家紋入りの ここでしか買えない限定仕様

純度の高い銅板に一つ一つ手作業で錫(すず)を焼き付けた、卵焼き専用の四角いフライパン。側面にはオチビサンのシルエットが刻印されていたり、柄の部分にオチビの家紋が入っていたりと、ほかにはない特別バージョン。この柄は築地の寿司職人と共同開発したもので、絶妙な角度により卵を巻きやすくなっています! コツをつかんできちんとお手入れをして、長く愛用したいですね。

 
いつもの食卓を特別にしてくれる
ふわふわのおいしい卵焼き

画像1: いつもの食卓を特別にしてくれる ふわふわのおいしい卵焼き

銅製のオチビサンの卵焼き器は、鉄やステンレス製のものと比べると、熱伝導性や保温性に優れていて、おいしい卵焼きを焼くのに最適! まんべんなく火が通るため、焼きムラや焦げ付きができにくく、ふんわりとしたまろやかな味わいの卵焼きを作ることができるんです。
 

画像2: いつもの食卓を特別にしてくれる ふわふわのおいしい卵焼き

 
何気ない日常の中のちょっとした喜びや楽しみを見つける『オチビサン』の世界観と同様に、オチビサンの卵焼き器で作った美しくておいしい卵焼きが小さな幸せを感じさせてくれるはず。

バタバタしがちな朝でも手間暇かけて美味しい卵焼きを作る――。そんなささやかだけど丁寧で豊かな生活をはじめてみませんか?
 

オチビサンの卵焼き器
完全受注生産 ¥8200(税込・送料無料)
受注期間:~2017年7/31(日)
お届け:9月以降予定
 
『オチビサン』
『働きマン』『さくらん』などで知られる漫画家・安野モヨコの作品。現在、『AERA』で連載中。

Composition:Aiko Hayashi

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.