韓国ツウたちが愛する、ソウルのおすすめごはん処をご紹介。
ソウルには、ガッツリ食べたい焼き肉系から、鮮度抜群な海鮮料理、最新おしゃれレストランなどなど、多彩な “食” のバリエーションが。一度食べたらヤミツキ間違いナシな、名店ばかりをピックアップ!

【教えてくれた方々】
コギソマナさん(スタイリスト・渡航歴15回)/小田切ヒロさん(ヘア&メイクアップアーティスト・渡航歴15回以上)/堀加奈子さん(美容ライター・渡航歴20回)/森山和子さん(美容ライター・渡航歴10回)

 

+チーズが流行中

画像: +チーズが流行中

伝統的な料理にチーズを加えるのが今、韓国では大人気。
モッツァレラを鉄板でトロトロに熱して肉やトッポギなどに絡めるのが主流で、韓国料理の甘辛い味と相性抜群。
 

 
「ジェームズ・チーズ・ドゥンカルビ」

画像: ジェームズ・チーズ・バッグ・リブ 32000W(2人前)

ジェームズ・チーズ・バッグ・リブ 32000W(2人前)

辛さもチーズの量も調整可能。自分好みにカスタマイズできる
コチュジャンや水飴で味付けされたスペアリブにコーン入りチーズを絡めるガッツリ系メニュー。そのまま食べても、卵焼きやマッシュポテト、カボチャと一緒でも美味。〆は炒めご飯(ポックムパッ)で決まり!

画像: チェ・カンハさん

チェ・カンハさん

ジェームズ・チーズ・ドゥンカルビ
AREA:弘大
麻浦区楊花路16キル26
☎02-6082-330
営業時間:12:00~23:30(22:00 L.O.)
定休日:無

 

 
「タンナルダ」

画像: ニューチョルパン 20000W

ニューチョルパン 20000W

甘辛チキンとチーズの絶妙なハーモニーでビールが進む♥
人気メニューのニューチョルパンは甘辛く味付けした国産チキンとさつまいもにモッツァレラがトロ~リ。辛さは3段階で調節可能。「暖かい季節はテラス席も気持ち良いですよ!」(コギソマナさん)

画像: 軍隊用水筒で飲むビールは最後までキンキン

軍隊用水筒で飲むビールは最後までキンキン

タンナルダ
AREA:弘大
麻浦区 臥牛山路18キル22
☎02-322-4520
営業時間:16:00~翌2:30、金・土~翌3:00
定休日:旧正月、旧盆

 

辛いものに飽きたら優しい味も

画像: 辛いものに飽きたら優しい味も

韓国料理= 辛いってイメージがあるけど、実は辛くない料理だってたくさん。昔から韓国の人々に愛されてきた、ほっこり優しい味わいを堪能して。
 

 
「ケソンマンドゥ クン」

画像: 餃子スープ(マンドゥクッ)10000W / 緑豆チヂミ 15000W

餃子スープ(マンドゥクッ)10000W / 緑豆チヂミ 15000W

お肉と野菜がギュッと詰まった餃子をあっさりスープで
ミシュラン2017 ビブグルマンにも認定された人気店。もやしや白菜、ニラなど野菜がたっぷり入った大ぶりの餃子が牛肉ベースのスープにゴロリ。あっさりとした味わいだから、旅で疲れた胃にも優しい。暑い季節には冷たいスープでいただく、ピョンス(夏餃子)もおすすめ。

画像: 「ケソンマンドゥ クン」

ケソンマンドゥ クン
AREA:仁寺洞
鍾路区仁寺洞10キル11-3
☎02-733-9240
営業時間:11:30~21:30(21:00 L.O.) 日曜~20:00
定休日:旧正月、旧盆、1月1日

 

 
「ソルフヤヨン」

画像: ディナーコース(お酒もセット) 45000W

ディナーコース(お酒もセット) 45000W

韓国各地の美味をちょっとずつお酒と共に味わう
モダンコリアンの旗手、クォン・ウジュンシェフが今年2月にオープン。韓国各地の食材や調理法を駆使した料理を小皿でマッコリなどと共に楽しむコリアンビストロ。ホヤビビンバなど、辛くない料理も多数。

画像: 「ソルフヤヨン」

ソルフヤヨン
AREA:狎鷗亭
江南区宣陵路153キル32,2F
☎02-549-6268
営業時間:17:30~翌1:00(23:30 L.O.)
定休日:日曜、旧正月、旧盆

 

食べてキレイになる

画像: 食べてキレイになる

美容好きがこぞって韓国に通うのは、コスメや美容クリニックだけが目当てではない。コラーゲン豊富な丸鶏、高タンパクで低カロリーな羊肉、そして発酵食品のキムチでプリプリのお肌が叶うから。

 

 
「ヤンパイ潭洞店」

画像: センヤンカルビ 29000W

センヤンカルビ 29000W

旨みたっぷりで柔らかラムカルビの炭火焼き
EXOのベクヒョンなど著名人の常連も多い羊肉専門店。ビタミンBが豊富で低カロリー、まさに美容食材なラムカルビは炭火で焼いてクリームチーズと共にトルティーヤでくるり。「ジューシーなラムは美にも効く!」(小田切ヒロさん)

画像: チョ・ソンヒョンさん

チョ・ソンヒョンさん

ヤンパイ潭洞店
AREA:狎鷗亭
江南区島山大路406
☎02-546-5310
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:旧正月、旧盆

 

 
「ペクブジャンジプ タッカンマリ」

画像: タッカンマリ 20000W(2人前)

タッカンマリ 20000W(2人前)

絶品タッカンマリを門外不出のタレで堪能
国産若鶏のタッカンマリを提供し続けて30年。オーナーだけがレシピを知るという秘伝のタレは酸味と辛さのバランスが絶妙。「スープ自体にしっかり味がついているのでまずはそのまま、その後キムチやタレを加えて “味変” してみて」(森山和子さん)

画像: 「ペクブジャンジプ タッカンマリ」

ペクブジャンジプ タッカンマリ
AREA:鍾路
鍾路区三峰路100-1
☎02-732-2565
営業時間:10:30~22:00(21:00L.O.)
定休日:日曜、旧正月、旧盆、祝日

 

たまにはテイクアウトして、ホテルで。

画像: たまにはテイクアウトして、ホテルで。

ショッピングや街歩きに疲れたなら、絶品グルメをテイクアウトしてホテルでまったりするのもいい。冷麺やユッケなど、「こんなものまでできちゃうの⁉」なメニューが勢ぞろい。
 

 
「ウルミルデカップ冷麺」

画像: カップ冷麺 7000W

カップ冷麺 7000W

行列のできる冷麺を手軽にカップで
牛の旨みが凝縮されたスープと喉越しの良い麺が魅力。行列の絶えない冷麺店が今年3月からテイクアウトをスタート。カップラーメン感覚で食べられる、そのルックスもユニーク。

画像: 「ウルミルデカップ冷麺」

ウルミルデカップ冷麺
AREA:江南
江南区論峴路85キル52,2F
☎02-508-0280
営業時間:11:00~22:00(21:30 L.O.)
定休日:旧正月、旧盆

 

 
「ユッケジャメジプ」

画像: ユッケ 12000W

ユッケ 12000W

日本では食べられない生肉をテイクアウトで!
ユッケ専門店が立ち並ぶ広蔵市場内ではユッケやレバ刺しなどのテイクアウトが可能。「鮮度に自信があるからこそ可能なテイクアウト。もちろん、店内でも食べられますよ」(堀加奈子さん)

画像: 「ユッケジャメジプ」

ユッケジャメジプ
AREA:鍾路
鍾路区鍾路200-4
☎02-2272-3069(2 号店)
営業時間:10:00~22:50、日曜~22:30
定休日:月曜、旧正月、旧盆

 

 
「ミョンランハットグ」

画像: ミョンラン・ハットグ 1500W

ミョンラン・ハットグ 1500W

ジャンクな美味しさ♥ 韓国風アメリカンドッグ
ソーセージにほんのり甘い生地を絡めて油で揚げた韓国風のアメリカンドッグ。これに砂糖をまぶして、チェダーチーズやケチャップなどで味つけして食べるのが流行中!

画像: 「ミョンランハットグ」

ミョンランハットグ
AREA:瑞草洞
瑞草区瑞草大路302
☎02-585-1569
営業時間:10:00~22:30
定休日:旧正月、旧盆

 
●情報は、FRaU2017年7月号発売時点のものです。
Photo:Shin Igarashi Text:Chiharu Nakagawa Coordination:Choi Hyo Jeong(TANO International)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.