腸の菌活が“美肌にいい”ということは常識になりつつあるけれど、実は肌そのものにも善玉菌と悪玉菌がいるという。そして、ひとりひとり肌質が異なるように、常在菌群(スキンフローラ)を構成する菌の種類や数も人それぞれ。ストレスまみれ、かつ抗菌化が進む中、肌菌バランスが乱れがちな現代の私たち。大人ニキビや肌荒れが誘発され、放置すればエイジングも加速するというだけに、今こそ、肌にも菌活を。

まず手始めに“洗う”ステップの見直し、次に流出から守った大切な菌の育成ケア。そして、今回紹介するSTEP.3。繰り返す大人ニキビ、季節や寝不足に由来する揺らぎ、シワ、シミ、くすみなど目に見えるエイジングサイン。これらの悩みを抱えるなら、肌菌活のアドバンス編を。
 

お話を伺ったのは……
ホリスティック美容家 
林田七恵さん
科学的なエビデンスや肌理論にも精通し、オーガニックコスメに肌の常在菌バランスケアを盛り込んだ「HANAオーガニック」を開発。
 
エステティックサロンPMK 
杉田麻由美さん
フェイシャル、ボディ、ブライダルなどメニューが充実するエステの化粧品部門に所属し、「My美肌菌」などの製品開発や販売を担当。肌の常在菌ケアにも詳しい。

   
◆肌菌活 STEP.2は
 コチラからチェック!

 

肌菌活 STEP.3
善玉菌は増やし、悪玉菌は減らす!

「もし明らかな肌トラブルがある場合は、悪玉菌が優位になりすぎている可能性が高いです。悪玉に傾いたアクネ菌によるニキビのほか、あごまわりにできる湿疹のような大人ニキビは悪玉のマラセチア菌が原因とも。また、悪玉菌が起こす炎症によって、赤みやかゆみが発生し、さらにコラーゲンが破壊されて、シワができてたるんだり。メラニンもどんどんつくられて、シミやくすみが増えてしまいます。この場合、悪玉菌はこれ以上増やしたくないので、善玉菌のみを選択的に増やすか、悪玉菌と闘う抗菌ペプチドをサポートするアプローチが正解!」(林田さん)

HANAオーガニックに配合されているのは、善玉菌だけが食べるサイズにすることで選択的に善玉菌を増やすという特別なオリゴ糖。また、ヘレナルビンスタインは、抗菌ペプチドを増やして悪玉菌に対抗するディフェンスシステムを強化。余計な炎症をセーブして、エイジングに負けない肌へと導いてくれるというから、試す価値、十分。

 
LIOVERITE

バランスコントロール エッセンス 32ml ¥4500/リオヴェリテ

善玉菌だけを活性化するオリゴ糖を配合。もっちりとした肌に。

 
 
HANA ORGANIC

HANAオーガニック ムーンナイトミルク 30ml ¥4286/えそらフォレスト

悪玉菌を抑える効果も。心癒やされるローズの香り。

 
 
HELENA RUBINSTEIN

P.C. スキンミュニティ セラム 30ml ¥15300/ヘレナ ルビンスタイン

使うほどに肌がイキイキとしてハリと輝きがアップ。

 

悪に転んだアクネ菌と闘う

生理前に繰り返しできるニキビ。実はここにも関わるのが、肌の常在菌&抗菌ペプチド。オルビスの研究では、生理前にはアクネ菌と闘う抗菌ペプチドが減ることが明らかに。つまり生理前の抗菌ペプチドの活性を高めれば、繰り返しニキビは防げる!

抗菌ペプチドに着目した紫根エキスを配合。荒れを防いで健やかに。薬用クリアモイスチャー M<医薬部外品> 50g ¥1700/オルビス

 
●情報は、FRaU2017年8月号発売時点のものです。
Photo:Kenichi Yoshida Text:Hiromi Narasaki

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.