約10年前、圧巻のサウンドとパフォーマンス、そして前衛的なビジュアルで日本のエンタメ界にも大きなインパクトを与えたBIGBANG 。その進化は留まることなく、今や世界中を揺るがすアーティストとなった。今年はさらなる最強の5人を目指し、それぞれの活動に力を注ぐ。

その初陣を飾ったD-LITEに会うべく、本誌カバー班も韓国・ソウルへ! 彼が語る母国の魅力、スピードを緩めることなく向かう次なるステージ……、韓国の底知れぬパワーを改めて知ることとなった。

 
▼前編はコチラから!

 

BIGBANGのこと。ソロ活動のこと。

絢香、秦基博、いきものがかりの水野良樹……と、日本を代表する豪華アーティストが楽曲を提供し、発売前から話題になっていたミニアルバム『DDAY』。4月にリリースされるやいなや好セールスを記録し、オリコンCDアルバムランキングでは初登場1位を獲得。その後のドームツアーでは4公演で15万人を動員させ、ソロ活動の再スタートを華々しく飾った。
 

画像1: BIGBANGのこと。ソロ活動のこと。


——日本で行なった初めての単独ドーム公演を終えた感想は?

「そうですね、1人だったのでステージを広々と使うことができました(笑)。おかげさまで、いつも以上の体力勝負になりましたね(笑)。5人での活動はいったんお休みとなり、4人それぞれのスタートを切った今年、ボク自身も『0.TO.10』のツアーを終えた直後からソロアルバムの制作準備に入り今回のライブツアーに向けて走って来たので、終わった時は『無事にここまで来れた』という安堵感と、何よりステージを楽しんだ高揚感、そして応援してくださった皆さんへの感謝の気持ちと……、色んな感情が沸き起こり、ライブが終わってもボクの心は忙しかったです(笑)。

約2カ月に及ぶレコーディング期間には大好きなワインも断ち、途中ナーバスになったりイライラしたり、大変さがあったぶん大きな達成感・充実感が得られて『できればまたやりたいな〜』と早くも次への意欲が高まってます!」


——今後また新たな展開があると、期待していいんでしょうか!?(笑)

「うーん、ボクはもともと “目の前にあること” “その時やるべきこと” だけに集中したいタイプで、未来の予定はあまり立てないようにしてるんです。そんなに忙しくもしたくないし(笑)。でも、今回のソロ活動を通してまた色んなことが見えてきて『2017年はまだまだ忙しくしてもいいかな!?』なんて思い始めてます」


——なかなか休まらないですね。

「ツアーが終わって韓国に戻ってきてからは体も頭の中も休ませて、今はゆっくり過ごしてますよ。でも確かに、本当は旅行に行きたい気もしてるんですけど、貧乏性なのか、小心者なのか、完全には休むことができない性格。結局はレッスンをして、自分で自分を苦しめてます(笑)。でも夜は家で好きなアーティストの映像をYouTubeで観ながら、ゴロゴロしてますよ」
 

画像2: BIGBANGのこと。ソロ活動のこと。

 
——それぞれの活動に入っても、5人で連絡を取り合ってますか?

「もちろん、フツーに! 別に仲が悪くなって、ソロ活動をしてるワケじゃないですから(笑)。最近はそれぞれが本当に忙しくてチャットルームの動きも停滞気味ですが、たまに誰かが飲んでセンシティブになったりすると『会いたいよ〜♡』みたいなメッセージが入ることも! もう10年以上も一緒に過ごしてきているので『今、何してるんだろう?』とか、メンバーのことはいつも考えてます」

  
——悩みをメンバーに相談することは?

「相談はしないですね〜。メンバーからは “秘密のオトコ” 呼ばわりされてます(笑)。いや、結局のところ答えはいつも自分の中にあるんですよ。静かに自分自身と向き合い、心の中を探っていけば『どうすればいいか』は自然と見えてくるはず。でも真の問題に直面したくなかったり、都合の悪いことは受け入れたくなかったりするから、他人に言って何となく気を紛らわせるんじゃないかな。

あ、でも今知りたいことがひとつだけあって、皆さんに聞いてもいいですか? 夏が始まっちゃったんですが、この夏をどうやって乗り越えていったらいいですかね〜? ボクもともと体温が高いみたいで、冬でもだいたい薄着。暑いと何もできなくなるくらいヤル気がダウン、夏は本当にダメダメ人間になっちゃいます。これがボクの切実な悩みです(笑)」

 

オトコは40代から!結婚は…… ?

画像1: オトコは40代から!結婚は…… ?

 
——4月で28歳に! 30代を目前に思うこと、理想の男性像はありますか?

「ボクは常々『オトコは40代から!』と思っていて、素敵な40代を迎えることが目標というか、40代にロマンを抱いてるんです。女性は30代から、男性は40代から “その人の色” がようやく出てくるものだと思っていて。だから、『どんな30代にしたいか?』という具体的なプランは特にないんですけど、とにかく20代30代で怠けず色んな経験を積んでしっかりとしたベースを作らなきゃ、カッコいい40代にはなれない。だから今は毎日毎日が大切です。

どんなツラいこと、大変なこともひとつひとつ乗り越えていけば、心が鍛えられるし、それが自信に繫がるはず。そういう意味でもやっぱり兵役には大きな意味があって、そこでの約2年間が心の強さを育て、肉体的にも精神的にもオトコを成熟させるんだと思います。ボクはまだまだ大人じゃない。心に余裕のあるオトコ、もっと周りを見られる人を目指して頑張りたいと思います」

 
——とてもしっかりとした考えをお持ちで、十分に自立されているような。

「デビューしてから10年。それはきっと仕事を通して培われた責任感によるところが大きいと思います。5人の時も、ソロの時も、本当に多くのスタッフさんたちがボクたちのために、ボクのために、一生懸命頑張ってくれるじゃないですか? 感謝の気持ちはもちろん、そこに対する責任感もしっかり持たなきゃいけないなって思います。

マネージャーさん、スタイリストさん、ヘアメイクさん、フォトグラファーさん、セキュリティの方々……、今日の現場だって実に多くの人の力で成り立っている。ボクの現場に関わってくれた全ての皆さんに『ディライトと一緒に仕事したんだ』と誇りに思ってもらえるような仕事を、ボクはしたいです」
 

画像2: オトコは40代から!結婚は…… ?

 
——当面はやっぱり仕事モード!? 結婚観についてはいかがですか?

「結婚も『いつかは絶対に!』と思ってますが、理想の奥さん像みたいな具体的なイメージはまだありません。時期的には37歳ぐらいでしたいので、それまでに心から信頼できる人との運命的な出会いがありますように!(笑)」

 
——未来の家族と居住する場所も、やっぱり韓国がいいですか?

「そうですね〜、でも他の国に住んでみたい願望もあります。ハワイ、東京、ロス、シドニーなどなど。特に東京は数えきれないくらい行ってますが、行くたびにいいところだなって思います。東京を拠点に札幌と行き来するのもいいかな(笑)。海産物、メロン、チーズ……、大好きなものばかりある札幌は、まさに夢の場所」

 
——それならますます日本での活動が増えるよう、期待してます(笑)。

「もちろん、また皆さんを喜ばせられるような企画も考えてます。ボクを含めた4人にとっても今年は大事な1年ですし、それぞれに頑張って、熱い想い出を一緒に作っていきたいですね」


さらなる最強の5人となるべく、個個が進化を遂げるとき。ディライトはファンのことを第一に考え、ソウルからも溢れんばかりの愛を届けてくれた。彼のハートのように熱くエネルギーに満ちた韓国。次の目的地に決めた!

 

PROFILE

画像: 衣装/シャツ共にHaider Ackermann その他スタイリスト私物

衣装/シャツ共にHaider Ackermann その他スタイリスト私物

1989年4月26日生まれ。BIGBANGのボーカル。重厚で時に切なく甘い歌声からセクシー担当と呼ばれる事も。8月より、“トーク&ライブ” 全国ソロホールツアー「DなSHOW」(ディーナショウ)が開催決定!! また初のソロドームツアー DVD & Blu-rayが早くも9月6日に発売決定!『 D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017~D-Day~』。


●情報は、FRaU2017年7月号発売時点のものです。
Photo:Masami Sano Styling:Eun Gee Hair:Tae Hyun Kim@MIZANGWON by TAEHYUN Make-up:Yun Kyoung Kim Model:D-LITE from BIGBANG Composition:Yuri Sugiyama Coordination:Jo-Kyung Jung
 

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.