大自然が広がる山の中で、岩や木の根などの障害物をクリアしながら走るトレイル・ランニング。ロードランとは異なり、アスレチックのような感覚で全身と頭を使って走るので、飽きない! 始めよう「トレラン」!

 

今回トレランするのは……

画像1: 今回トレランするのは……

ニュートラルワークス. プレス 
浅川夏帆さん
アスレチックウェアやグッズのプレス業全般をこなす浅川さん。プライベートでは毎週末ラウンドするほどゴルフにハマったり、最近はジムトレーニングにも通ったりと生粋のスポーツ好き。ちなみにトレランは今回、初挑戦。
 

画像2: 今回トレランするのは……

トレーニングアドバイザー 
宮﨑喜美乃さん
THE NORTH FACE 契約アスリートとして、国内のトレイルレースで活躍中。50mile(約80㎞)種目を得意とし、2015年『STY』、2016年『SPATRAIL』ともに優勝。今年は100mileレースや国外のレースにも挑戦していく。

 

初心者が最低限揃えたい
バックパックの中身を拝見

トレランを安全に楽しむためには様々なギアが不可欠! 理想的な持ち物は、こちら。

画像: 初心者が最低限揃えたい バックパックの中身を拝見

1. 頻繁に取り出すものは前面のベスト部分に収納できる。バックパック ¥15000

2. トレランは軽量化が必須なので水筒を持っていかず、パックを用意するのが利口。ハイドレーション ¥5760

3. 登山ルートが記されたマップも準備/私物

4. 万が一ケガをしてしまった時にも持っていると役立つ。テーピング ¥950(ともにゴンテックス)/ニュートラルワークス. トーキョー 

5. ウォッチは衝撃に強く、防水のものがマスト。累積標高データが表示できるなど様々な機能を搭載したモデルなら心強い。AMBIT3 VERTICALウォッチ ¥59000/スント カスタマーサービス(スント) 

6. ケガにはもちろん靴擦れなどにも対応できるばんそうこうなどのファーストエイドキット

7. 夏のランには欠かせない。ウォータープルーフサンスクリーン ¥2000/ニュートラルワークス. トーキョー 

8. 速乾性の伸縮素材で出来ており、頭や手首に巻いて汗止め用のバンドやリストバンドにするなど、マルチな使い方ができる。ジプシー ¥2600

9. 岩や木、ロープなどをつかむトレランでは、グローブをしていると安心。グローブ ¥4900 (ともにザ・ノース・フェイス)

10. 携帯や着替えなどの防水対策にジップロック/私物 

11. 速攻でパワーチャージ。アミノバイタル(オープン価格)/味の素

12. 体力を激しく消耗するので疲労回復に。エナジージェル ¥250/すべてニュートラルワークス. トーキョー 

13. お菓子やドライフルーツはとっておきのものを。ドライフルーツ ¥680、ヤサイビスケット ¥330、ビスコッティ ¥420

 

おしゃれトレイルランナーに聞いた
トレランウェアの選び方

とにかく超軽量のレインウェア
「Salomon」

¥12000/アメアスポーツ ジャパン(サロモン)

「雨風を避けるのに必須。モーションフィットを採用した超軽量モデルで、小さく畳めて収納性に優れています」(サロモンPR 野村浩美さん)

 
 
テーピングいらずのサポートタイツ
「C3fit」

¥13500/ニュートラルワークス. トーキョー

「テーピング構造でひざ、腰、太ももをサポート。怪我の不安をケアしながら、足の運びも軽快になります」(C3fitプレス 栗田淳さん)

 
 
ベストタイプの機能的バックパック
「Patagonia」

¥10000/パタゴニア 日本支社 カスタマーサービス

「バックパックの中へのアクセスもスムーズな縦のジッパーが、使い勝手もよくておすすめ」(パタゴニアスタッフ 永山陽子さん)

 
 
グリップ力が最強のトレランシューズ
「Montrail」 

「トレイルを走る上で不可欠な要素を、バランスよく搭載しています」(コロンビア フットウェアMD 乙部はるかさん)

 

ロードランとの違いを知ろう

01.
上半身の力を抜き
バランスをとって進む

飛んで下る際は上半身を脱力し、腕をふわっとさせてバランスをとろう。障害物や道の凹凸に合わせられるようペースを不規則にし、リズム的にならないように走る。

 
02.
サイドステップを入れて
スピードを調節

ただ直進するだけだとスピードが出てしまうので危険が避けられない。そこで急な障害物を避けられるように、サイドステップを入れてスピードを調節しよう。体を左右に動かすことを意識して。

 

挑戦する山は…… 
都心から電車で約2時間の「御岳山」

御岳山駅からロックガーデンへのルート
東京都青梅市にある標高929mの山で、麓の滝本駅からはケーブルカーが出ており、山頂の「武蔵御嶽神社」まで舗装された道を走ることができる。トレラン初心者が走った充実感を味わえる、適度なアップダウンがある。下山後には近くの温泉に行けるのも魅力的。
 

【トレランの心得】
1. 登山者に道を譲る
トレイルを歩く登山者には道を譲り、脇を通り抜ける際には声をかけるのがマナー。

2. トレイルをきちんと走る
自然の草花などを傷つけてしまわないよう、きちんとトレイルの上を走るのが鉄則。

3. ゴミは必ず持ち帰る
食べ終わったものなどのゴミは必ず持ち帰ること。付近のゴミを拾うことも心がけたい。

 
 
AM 8:00 START 
レトロなケーブルカーに
乗り込み、いざ出発!

画像1: AM 8:00 START レトロなケーブルカーに 乗り込み、いざ出発!
画像2: AM 8:00 START レトロなケーブルカーに 乗り込み、いざ出発!

約6分間の杉の木が生い茂る絶景を楽しんで。滝本駅には御岳山のイラストマップが置いてあるので、もらっておこう。

 
AM 8:45 
「武蔵御嶽神社」を通過

画像1: AM 8:45 「武蔵御嶽神社」を通過

参道の入り口を過ぎ、鳥居をくぐって道なりに進む。集落の中の道や町場通りを過ぎて長い階段を登ると山頂の「武蔵御嶽神社」がある。
 

画像2: AM 8:45 「武蔵御嶽神社」を通過

ちなみにこの日は雨天のため、レインウェアを着用。山の天候は変わりやすいので、雨具は必ず持っていこう。

 
しばらく険しい下り……

画像1: しばらく険しい下り……
画像2: しばらく険しい下り……

 
AM 9:15
「七代の滝」で一休み

画像: AM 9:15 「七代の滝」で一休み

長尾平・ロックガーデン方面へ進み、展望台を過ぎた先の分岐点では「七代の滝」方面をチョイス。マイナスイオンを感じながらここで水分補給を。

 
今度は急な登り坂……

画像: 今度は急な登り坂……

 
AM 9:30
「天狗岩」で休憩

画像1: AM 9:30 「天狗岩」で休憩
画像2: AM 9:30 「天狗岩」で休憩

急坂のはしごゾーンを抜けると現れる「天狗岩」で一息。
 

ここで宮﨑さんオススメの無添加ジェルで疲労回復。雨天時は危険なので天狗岩に登るのは控えて。

 
ロックガーデンへ突入!

画像: ロックガーデンへ突入!


AM 10:30
青々とした苔が広がる
川辺で軽食タイム

画像: AM 10:30 青々とした苔が広がる 川辺で軽食タイム
画像: 自然の中で食べるご飯は別格!

自然の中で食べるご飯は別格!

緑に囲まれた渓流沿いの道が続く「ロックガーデン」。この辺りで腰を下ろし、絶景を楽しみながらおにぎりやエネルギーバーなどの軽食をとろう。

 
ゴールまでもう一息!

画像: ゴールまでもう一息!

 
AM 11:00 GOAL
目的地「綾広の滝」に到着!

画像: 目標を達成!!

目標を達成!!

岩の上を軽快に進んで行くのが楽しい道が続き、ついに終着地「綾広の滝」に到着! ここから「御岳山駅」方面へは平坦な道を30分ほど。途中の「天狗の腰掛け杉」など、最後まで見所満載なコースだ。

 
●情報は、FRaU2016年8月号発売時点のものです。
Photo:Tohru Daimon(model), Makoto Muto(still) Text:Ako Tsunematsu Composition:Yoko Tadano

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.