キャンピングカーでカルフォルニアの大自然をめぐるアウトドアトリップ。2回目のレポートは、いよいよ世界中のヒッピーやナチュラリストたちを惹きつけて止まないスピリチュアルな山、マウントシャスタでトレッキングです。

いよいよマウントシャスタの中腹、シャスタトリニティ国有林の中にある・キャッスルレイクへとやってきました。シャスタ山は標高4322m。シャスタとシャスティーと呼ばれる二つの頂きは、初夏でも美しい雪化粧をしていました。

1万2000年ほど前に氷河でできたこの湖は、かつてネイティブアメリカンが住んでいた聖地、そして地球のハートチャクラとも言われているスポットです。

画像4: カリフォルニアのパワースポット「マウントシャスタ」へGO!

湖に映り込んだマウントシャスタに思わずうっとりしてしまうキャッスルレイク。

キャッスルレイクとマウントシャスタをバックに撮影すると、写真にエンジェルが映るという言い伝えもあるそうです(残念ながら取材班が撮影した写真には映っていませんでした)。10月以降には、氷がウォーッと動く音が峰に跳ね返りエコーが響くことから、魔物が住んでいるとも言われているとか。澄み切った空気と青く晴れわたった空が、より神秘的な雰囲気を醸し出しています。

画像5: カリフォルニアのパワースポット「マウントシャスタ」へGO!

トレッキングの道中を案内してくれたのは、マウントシャスタへの愛のかたまり、マウントシャスタエリアに住んで27年のガイド、ロビンさん。普段は学校の教員をしながら、時間ができれば旅人たちに山を案内しているそう。

「マウントシャスタはカリフォルニアでも数本の指に入るパワースポット。多くの人たちがメディテーション(瞑想)に訪れるんですよ!」とロビンさん。

感じる人はビンビン、エネルギーを感じるのだとか! ちなみに、この日、取材班の中で最も “敏感” なスタッフが最もパワーを感じ鳥肌が立ったと語るのはこの岩の前。

画像6: カリフォルニアのパワースポット「マウントシャスタ」へGO!

それは気のせいではなく、メディテーションに訪れる人の多くが、この石の前で思わず瞑想を始めるのだそう。

キャッスルレイクは、アウトドアの舞台としても大人気です。サイクリングやボート、トレッキングを楽しむローカルの姿が見られました。冬には凍った湖の上でアイススケート、また雪山でバックカントリースキーをエンジョイできます。

旅に出て2日目。日本とアメリカの時差ぼけの上に山歩きなんて、疲れ果ててしまうのではと少し心配していましたが、いざ山歩きをすればするほど体は元気になり、やる気がみなぎってきました。さすがはパワースポット。特に都会のジャングルに疲れはてた女子は、カリフォルニアを代表するスピリチュアルスポットを歩くだけで、エネルギーチャージできるはずです!

画像: およそ2300m、マウントシャスタの5号目に位置するバーニーフラットへも行きました。パウダースノーが美しい!

およそ2300m、マウントシャスタの5号目に位置するバーニーフラットへも行きました。パウダースノーが美しい!

 
to be continued……

取材協力:
カリフォルニア観光局
 
シャスタカスケード観光局
 
クルーズアメリカ
 個人の方のご予約はこちらへ

 
Text&Photo/Riyua Joe(mogShore)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.