これまでトビー・マグワイア、アンドリューガーフィールドが演じてきたスパイダーマン。新たに引き継いだのは、現在21歳のトム・ホランドです。今回のピーター・パーカー/スパイダーマンは15歳の高校生という設定なので、彼の抜擢は大正解! やんちゃで無鉄砲。共感度も最高レベル。愛すべきスパイダーマンが完成されました。

 
過去のスパイダーマン映画は、クモに刺されて超人パワーに葛藤する物語がスタート地点でしたが、今回は、その部分をあっさりスルー。トニー・スターク(=アイアンマン)が開発したスーツを身に着け、ヒーローとして街を守ろうと必死なピーターの日常から始まります。お年寄りを道案内して、自転車泥棒を捕まえるなど、健気なパトロール姿が微笑ましく、一気に感情移入!

画像1: ©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

学校では先輩女子への想いに悶々とし、オタクな親友にスパイダーマンであることがバレるなど、アクションヒーロー作品でありながら、青春ストーリーとしての色合いが濃厚なのが、本作の魅力です。

画像2: ©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

そして多くのスタントを自らこなしたという、トム・ホランドの身体能力も必見です。器械体操やアクロバット、ラグビー(学校の部活!)を経験し、ミュージカル「ビリー・エリオット」の主役も経験した彼が、パーフェクトな細マッチョの肉体で、しなやかにスパイダーマンとして躍動。その姿には誰もが惚れぼれすることでしょう。

宿敵との過酷な戦いを経て、成長をとげるピーター・パーカーですが、クライマックスの決断もとことん清々しく、映画が終わった瞬間、さわやかな後味が残るのは確実。この後の「アベンジャーズ」新作にも登場するスパイダーマンの活躍が、今から楽しみです。

画像3: ©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

2017年8月11日(祝・金)全国ロードショー

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.