メンヘラ気味の彼
(30歳・未婚・自営業)

付き合って1年ほどになる彼は、とても明るくて優しく、ずっと一緒にいたいと思わせてくれるような人です。ところが大きな悩みがある時だけ、彼は豹変してしまうんです。真面目すぎるからなのか、すぐにキャパオーバー。この世の終わりかと思うほど落ち込み、その都度「別れたい」と言いだします。数日後には勢いで言ったことを撤回し、結局別れずに済むのですが、何度も別れたいと言われることは私にとってストレスです。当初は理不尽で失礼だと思い、きっぱり別れることも考えましたが、好きな気持ちもありズルズルと……。何度も繰り返すうちに、だんだん彼が悩んでいる理由や思考回路が読み取れるようになってきて、今では心配すぎて突き放すこともできません。彼の心を安定させ、私も安心できる付き合い方ができるようになればいいのですが……。

 
◆夏木マリさんのアンサー

豹変するって心配! それにあなたも “思考回路が読み取れる” ところまで来ているなんてイタイわ。きっぱり別れることを考えた時点であなた限界だったんじゃない? 突き放せずに許してきたことで、彼はあなたに甘え切ってしまったと思う。二人でドツボにはまっている。もしあなたに彼を受け止めるキャパシティがあるという覚悟が持てるなら、「これはひとつの病気ですから二人で治していけるかな?」と、心療内科の治療を受けるのも、ひとつの選択肢です。

私だったら、ストレスになる相手とは付き合えないわ。何度も別れ話をされるなんて、「こっちの気持ちはどうしてくれる?」って話。いくら好きでもサヨナラです。生きてりゃいろいろあるんだから、そのたびに一喜一憂されちゃ困ります。付き合って1年なら、まだ傷も浅いだろうし、ここでひとつ彼とこの状況をじっくり話してみては? 別れるという選択肢も含めて……。きっぱり告げるのもひとつの方法だと思います。「何か自傷的なことをするかも」なんて心配かもしれないけど、こういう男の人って意外に大胆な行動は起こせないから大丈夫。もしかしたら、逆に彼もクールダウンして自分自身のことを考えられるかもしれないわよ。今は自分を大切に!

 
▼前回の記事はコチラ!

  

PROFILE

©HIRO KIMURA

夏木マリ Mari Natsuki
今春、自身演出・出演「印象派NÉO vol.3」を東京・京都・パリにて公演。国内外で称賛を浴びる。音楽活動では、ライブハウスツアーを完走し、フェスに多数参戦予定。11/19には今年で4回目となる清水寺パフォーマンス奉納を予定。詳しくは、http://www.natsukirock.com をチェック。

 
●情報は、FRaU2017年9月号発売時点のものです。
Text:Junko Wada

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.