昨年放送されて大ブームとなったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で俳優としてミュージシャンとしてさらなる注目を浴びた星野源。文筆家としても活躍する多才な彼が、映画『夜は短し歩けよ乙女』でアニメ声優として単独初主演を飾った。この作品についてのインタビューで語った仕事や恋愛のスタイルとは?

 
▼前ページはコチラ!

 

恋に対して僕自身は
外堀を埋めずに突進していくタイプ

あらゆる心情を豊かに、細やかに伝える声の魅力は、もちろん今回の作品でも生かされている。星野さんが声をつとめたのは、クラブの後輩、“黒髪の乙女” に惹かれながらも告白できずに空回りをする “先輩” 。自信のなさから一歩を踏み出せない先輩が、新たな扉を開けていくまでの妄想と混乱は、思わず応援したくなるような切なさと愛らしさに満ちている。

初主演を飾った映画『箱入り息子の恋』しかり、“逃げ恥” しかり、恋に臆病な人生を送ってきた役柄を演じることも多いが、「僕自身は外堀を埋めずに突進していくタイプ」と自己分析し、ラジオ番組でも「自分から告白したことしかない」と語っている。

「それでうまくいくこともあるし、うまくいかないこともありますね。いかないことのほうが多いです(笑)。

先輩は “女の子なら誰でもいいのに、この人だって自分に言い聞かせているだけじゃないか?” みたいなセリフからもわかるように色々と考えすぎなのですが、それは乙女に対して誠実でありたいからこそだと思うんです。でもやっていることは “なるべくすれ違う” みたいなことなんですけど(笑)。

すごく遠回りなのですが、先輩はちゃんと自分と闘っている感じがしました。言い訳だけで終わって行動せずに自分を責めたり、周りに迷惑をかけたりするのではなく、この人なりのまっすぐさがあるところが好きです。

曇りがある人同士の恋って現実ではわりとよくあって、ともすると傷のなめあいになってしまうことがあるけれど、これは先輩のように曇りしかない人が、乙女のように一点の曇りもない人に恋をして、行動を起こしていく話ですよね。

恋というものを信じている感じがするし、現代にはなかなかいないピュアさを持っている人だという感じがして、いいなと思います」


好奇心旺盛でマイペース、乙女のような女の子は星野さんの目にはどんなふうに映ったのだろうか。

「誰にも媚びずに、我が道を行く女の子ですよね。乙女のようなキャラクターは現実にはなかなかいないと思うのですが、自分が行きたい方向に進んでいくところや、好きなものに従順なところがいいなと思います」

This article is a sponsored article by
''.