どこまでも広がる青い空に青い海! ジリジリ照りつける太陽の光もまた良し。この夏イチバン美味しいカンパイ!は島にある。大人の夏休みの始まりだ。

今回、PRの藤田敦子さん、幸せ料理研究家の寺井幸也さん、会社員の池田武司さん、モデルの高山都さんの4人が旅したのは伊豆諸島の新島。

アイランドホッピングの拠点には、竹芝から2時間半のこの楽園がおすすめ。世界中のサーファーに愛され、移住者も多い。訪れる人を温かく迎え入れてくれる島だ。
 

伊豆諸島 新島
東京都新島村
浜松町駅直通の東京・竹芝客船ターミナルから、東海汽船の高速ジェット船に乗り込んで約2時半で新島港に到着。島への行き方は他に夜発朝着の大型客船や、調布飛行場からの飛行機(約35分のフライトで到着!)。タクシーの本数や営業時間が限られているため、島内の移動はレンタカーかレンタサイクル(おすすめは電動)が便利だ。新島⇆式根島は、連絡船を利用して約10分。

 

太陽の光にキラキラと輝く
真っ白い砂浜と断崖、天色の海

白ママ断崖

画像: 白ママ断崖

7kmも続く真っ白い砂浜で砂を手にしてみると、ガラスのように輝く細かな粒子がサラサラと指の間からこぼれ落ちる。この砂の元となっている流紋岩の雄大な姿を眺められるのが「白ママ断崖」。あまりの絶景に、思わずここが東京だということを忘れてしまう。
 

画像: 断崖は今も少しずつ崩れて、砂浜に白い砂を運んでいるため、あまり近づくのは危険。崖には近寄らず手前から眺める程度にしておこう。

断崖は今も少しずつ崩れて、砂浜に白い砂を運んでいるため、あまり近づくのは危険。崖には近寄らず手前から眺める程度にしておこう。

 

ほっこり優しいパンは
毎朝食べたくなる島の味

かじやベーカリー

画像: かじやベーカリー

島での朝食は、「かじやベーカリー」に決まりだ。作りたての惣菜パンを頰張って、高山さんも満面の笑み。
 

各種惣菜パン(¥190~)をはじめ、種類豊富なパンは時間帯によって店頭に並ぶものが異なるので、店の人に確認しよう。
 

かじやベーカリー
東京都新島村本村1-8-6
☎04992-5-0179
営業時間:7:00~19:00 ※なくなり次第終了
定休日:火 ※8月中は無休

 

オリーブグリーンが美しい
新島ガラスを手に入れよう

新島ガラスアートセンター

画像: 新島ガラスアートセンター

コーガ石からできた新島ガラスのグラス(¥1500~)を購入。ショップやギャラリーの他に、グラス作りの体験教室も開催(要予約)。
 

画像: 国内外のアーティストの作品が展示されたミュージアムも併設。

国内外のアーティストの作品が展示されたミュージアムも併設。
 

新島ガラスアートセンター
東京都新島村アザセトヤマ122
☎04992-5-1540
営業時間:10:00~16:30

 

島グルメの代表選手・島寿司に舌鼓

栄寿司

画像: 栄寿司

新島のメイン通りにある「栄寿司」は、地元の人から必ず勧められる人気店。昼は寿司のみ。夜は、島の食材を使った肴でお酒も楽しめる。 
 

地物の魚を使った島寿司(¥1900)は、辛子が効いている。岩のりのお味噌汁もおいしい!
 

栄寿司
東京都新島村本村5-2-9
☎04992-5-1539
営業時間:11:30~14:00、18:00~22:00
定休日:不定

 

カラッとした島の空気は
体を動かすのにもぴったり

湿度が低く、海風もどこかサラッとしている新島では、青い空の下で思いっきり体を動かしたくなる。都会で縮まった体を思いっきり伸ばして、夏の空気をいっぱいに吸い込もう。

 
RUNNING

画像: RUNNING

思わず走りたくなる道がたくさん! 旅先でのランニングが好きだという高山さんも、「走りやすくなる夕方は、海に沈む夕日がとびきりきれい!」と興奮気味。仲間と走りながら見る景色はまた格別だ。この日は、新島港へと続く和田浜沿いをランニング。

 
BODYBOARD

画像1: BODYBOARD

サーフアイランドとして有名な新島では、ぜひマリンアクティビティに挑戦を! 未経験者でも、新島の波を知り尽くしたインストラクターにレッスンをお願いすれば安心だ。4人はボディボードに初体験。「波に乗れると気持ち良い!」と、一本目から成功した武司さん。
 

画像2: BODYBOARD

『プロボディボーダー佐藤晃子のボディボードスクール』
☎04992-5-0001(新島観光協会)
所要時間:約2時間半
道具一式レンタル+スクール ¥6000(保険料込み)
※要問い合わせ

 

大人の島旅は暮らすように

スーパーで買い出しして、島の食材で自炊するのも大人な楽しみ方。

 
#幸也飯 と #みやれゴハン の
コラボレーション @新島

画像: この日は、地物の食材を探しに生鮮食品の品揃えの良い「マルマン」でお買い物。

この日は、地物の食材を探しに生鮮食品の品揃えの良い「マルマン」でお買い物。

料理研究家の幸也さんと公私にわたりコラボレーションしている都さん。ビタミンカラーの色合わせが、どこか通じる部分のある「# 幸也飯」と「# みやれゴハン」、インスタグラムのフォロワーはふたり合わせて10万5000人(!)。

マルマン
東京都新島村本村5-5-10
☎04992-5-0222
営業時間:9:00~19:00
定休日:日 ※8月中は無休

 

画像: 料理中は真剣! でもビールは欠かさない♪

料理中は真剣! でもビールは欠かさない♪

「旅先では凝ったことはせず素材の味を生かす料理が一番!」と幸也さん。
 

画像: #幸也飯 と #みやれゴハン の コラボレーション @新島
画像: カンパーイ!

カンパーイ!

 
▼レシピはこちら!

 
 
泊まったところは……

画像1: 泊まったところは……

キッチンやリビングスペースも自由に使えるこの旅の宿泊先は、「Hostel NABLA」。コーガ石を使ったドミトリーで、今年4月にオープンしたばかり。
 

画像2: 泊まったところは……

Hostel NABLA
東京都新島村本村6-3-1
☎04992-5-0376
1泊¥5500。全室ドミトリー形式。キッチン用品完備のキッチンや、屋外のバーベキューテーブルは自由に使える。

 
●情報は、FRaU2017年9月号発売時点のものです。
Photo:Takehiro Goto Composition:Rio Hirai

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.