日本を訪れる外国人が増え、ますます注目されている日本の伝統文化。普段の生活ではなかなか触れる機会がないからこそ、わたしたちだって伝統文化を新鮮な気持ちで楽しみたい! 日常の中で忘れかけていた「和の心」を刺激するような、そんな心豊かな体験ができる教室やおすすめの場所をご紹介。

 

四季を感じながら「文化としての
日本料理」を学べる

一二三庵 日本料理教室

画像1: 一二三庵 日本料理教室

江戸情緒溢れる街、神楽坂にある「一二三庵」。ここでは単なる料理のレッスンではなく、日本料理には欠かせない季節感を大切にした、“文化としての日本料理”を学べる料理教室を行っています。

厳選された旬の食材を使い、毎日の献立に役立つ日本料理からおもてなしに使える一品までを楽しく学べる「日本料理専科Ⅰ」や、テーブルセッティングを含めて和食の家庭料理を基礎から学べる「和食専科」など、さまざまな講座を設けているため、自分のレベルや目的に合った講座を見つかるはず。
 

画像2: 一二三庵 日本料理教室

料理教室のすべての講座を担当するのは、ミシュランガイドで二つ星を獲得した一二三庵店主の粟飯原崇光さん。献立は、講座「日本料理専科Ⅰ」で使った過去のもの。粟飯原さんが先付から甘味までの5~6品のレシピを季節ごとに考案しているそう。
 

四季折々の旬の食材を活かした料理は、目でも楽しめる一品揃い。室礼(しつらい)は「一二三庵」で数多の財政界の方々をおもてなししてきた女将の近藤陽子さんが担当。「日本料理とともに四季の美しさをはじめとする雅な日本文化の奥深さにふれていただければ、と思う次第でございます」と近藤さん。

一二三庵 日本料理教室
東京都新宿区矢来町102 1F
定休日:不定休
※各講座の詳細は公式サイトをチェック。

 

書を楽しく学びながら自分とも
しっかり向き合える

中澤希水 書道教室

画像1: 中澤希水 書道教室

デジタル時代の今だからこそ、改めて見直したい手描きのよさ。そこで、おすすめしたいのが思いきって書を学んでみる、ということ。深く集中して筆を持つことで新たな自分を発見することができるかも。

「書の最大の魅力は、その人らしさが表出した手描き文字。上手い下手ではありません」。そう語るのは、東京と京都で書道教室を主宰している中澤希水さん。中澤さんは2014年に第9回手島右卿賞を受賞、今注目されている新進気鋭の書道家のひとりです。
 

画像2: 中澤希水 書道教室

基本を大切にしながらも、その人に特性に合った書の方向性を楽しく学べるのが中澤さんの教室。「書道を通して自己と向き合い、呼吸や姿勢にも意識を配ることで、忙しい毎日に追われてつい忘れがちになっていた大切なことに気付けるなど、日常生活によい作用をもたらすことをぜひ実感していただきたいです」と中澤さん。
 

画像3: 中澤希水 書道教室


教室では基本筆法にはじまり、さまざまな書体に挑戦しながらその人の目的に合わせて中澤さんが提案した課題に取り組んでいく。少人数制なのでしっかりと指導してもらえるのも魅力。気軽に書に触れられるワークショップも行っているそう。「手描きの魅力が多くの方に伝播することで書道という素晴らしい文化がこれから先にも受け継がれていってほしいと願っています」と中澤さん。

中澤希水 書道教室
東京教室(恵比寿)と京都教室(御所南)の2教室あり。
書道教室の詳細は公式サイトをチェック。
※申込み、質問などは公式サイト内の「お問い合わせフォーム」(CONTACT)から。

 

老舗ホテルの茶室で
心豊かな時間を過ごす

茶室「東光庵」

画像1: 茶室「東光庵」

1890年に海外からのゲストをもてなす日本の迎賓館として開業して以来、日本を代表する一流ホテルのひとつとして知られている「帝国ホテル 東京」。その本館4階にある茶室「東光庵」で点茶を楽しめるのはご存じですか? 都会のど真ん中とは思えない静寂な空間の中でお茶をいただきながらゆったりとした時間を過ごせるのはかなり贅沢。
 

画像2: 茶室「東光庵」

石畳を歩き、庭園を眺めながらたどり着いたのは、和の風情溢れる茶室。この茶室は数寄屋造りで名高い建築家の村野藤吾氏が設計したもの。細部にまでこだわった本格的なつくりはそれだけでも一見の価値あり。日常を忘れて思いっきり和の空間を満喫してみてはいかが。

**茶室「東光庵」
東京都千代田区内幸町1-1-1(帝国ホテル 東京本館4F)
☎03-3504-1111(代表)
営業時間:10:00~16:00
定休日:日・祝
点茶¥2000(一服薄茶・お茶菓子付)
※点茶は完全予約制です。
※貸切の場合もありますので、事前にお問い合わせください。
※8月5日(土)~8月20日(日)の間は夏季休業。

 
Composition&text:miho satoh

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.